On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-13 17:26:10
Comments (12)

岡田直樹官房副長官から素晴らしい回答がありました

▼午後4時50分ごろまでに、総理官邸の官房副長官室の控え室へ、護る会44人の中から不肖ぼくと山田宏幹事長を含め6人の衆参両院議員が集まりました、
 そして予定通り午後5時から、岡田直樹官房副長官にお会いして、「現状のままでは習近平国家主席を国賓として迎えることに反対する」という緊急アピール文を手交しました。
 前のエントリーにその全文を掲げています。

▼アピール文には尖閣諸島の領海などへの船による侵犯、空軍機の侵犯、十数人に及ぶ邦人拘束、そして香港の弾圧、チベット、ウイグル、南モンゴルでの人権侵害、さらに臓器の不当な取引を列挙し、「これらの諸懸案に改善がない場合は、習近平国家主席の国賓としての来日に反対する」と記しています。
 岡田副長官は、この「諸懸案」を指さされて「これらが改善するように、総理官邸一体となって力を尽くします」と明言されました。
 岡田さんはとてもとても温厚な紳士ですが、そのとき、両目が強い力を帯びて光りました。
 秘めたる意志を感じました。
 また「安倍総理と菅官房長官に確実に伝えます」と仰いました。

▼副長官室を辞して、全員で、官邸一階でのぶら下がり取材に応じました。
 岡田副長官には、上掲の部分を記者に公開してよいですかとお尋ねし、了解を得たので、それを紹介しました。
 そして、「これまで自由民主党の部会などで、このままでは国賓として迎えることに反対ですと何人もが繰り返し発言し、護る会幹事長の山田宏議員は国会質問もしましたが、外務省からは明確な答弁がありませんでした。それだけに岡田官房副長官の回答の意義は深いと考えます」とお話ししました。
 さらに「言いっ放しにならないよう、今後も、護る会の努力、働きかけを続けます」と護る会代表幹事として、述べました。

▼とりあえずの報告です。
 いま東大のゼミに向かっています。
 ゼミが終わると、与野党を超えた、今や珍しい超党派の会合に参加します。


★この1年もどっさり溜まった裏舞台の話も、12月28日に独立講演会@神戸でみんなに伝えます。
 ここです。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

岡田官房副長官は頼りない。【アビス】
2019-11-14 02:26:04
10月10日の台湾双十節に、安倍総理と麻生副総理が、蔡英文総統に祝辞を寄せたが、
祝辞では蔡英文”総統”と書き、”中華民国”の台湾と書いてあった。

その事について、岡田官房副長官の記者会見に現れた中国の新華社通信の女性記者が、
「安倍総理は台湾を国として認めるのか? 台湾への日本の立場は変わったのか?」
と言う質問を、岡田官房副長官に対して行った。

それに対して岡田官房副長官は、「安倍総理が祝辞を送った事実はない、日本の台湾
への立場は72年の日中共同声明と変わらない」と嘘をついてしまった。

青山さんは、岡田官房副長官を高く評価している様だが、この男、ただのビビリだよ。
中国の記者から突っ込まれて、怖くなってビビリまくって嘘をつく、ダメな野郎だよ。

おかげで、貰ってもいない祝辞をでっち上げたと、台湾政府が嘘をついた事にされ、
台湾国民から吊し上げをくらい、中国政府からも嘘ついてんじゃねえとバカにされた。

それもこれも、岡田官房副長官が嘘をついたからですよ。
おはようございます!教えて!【おっさんです。】
2019-11-14 00:40:00
なんで?
何のために?
我が国のお坊ちゃま・・・
何をしたいのですか?
分かりません。
ありがとうございます!【千葉県在住】
2019-11-13 23:12:19
習近平国賓にどうしても納得がいかず悶々としていましたが、青山先生の行動力に頭が下がる思いと嬉しさが込み上げてきました。緊急アピールは当然ですが、米国が対中政策で副大統領、国務長官と立て続けに反中を表明しました。同盟国である日本にも協力を求めてくるのは間違いない中で、親中媚中とも受け止められかねない政府の姿勢を米国はどう見るのか。現憲法では安全保障は日米同盟に依存せざるを得ないが、米国と天秤にかけてうまくやっていけると思っているのか。最近の政府に対して不信感が募ってきています。青山先生どうか頑張ってください!
緊急アピール提案の実現をお望みます【知久平】
2019-11-13 20:30:35
護る会の「緊急アピール」提案の実現を心から願っております。
中国共産党支配下の中国は大嫌いです。
ヒトラー時代のドイツを思い起こさせます。
香港の人々がとても気がかりです。香港に本来の中国の人々の姿があるような気がします。現場では、混沌、混乱は増すばかりです。もし、第二の天安門のようなことにれば、日本は今度こそ黙認をしてはいけません。人権国家の優となるべきです。
話は飛んでしまいますが、安倍総理は大丈夫なのですか。「桜の会」の件で足をすくわれるようなことはないのでしょうか。これまた、気がかりです。青山さんはどのようにお考えなのでしょうか。
ありがとうございます!【田野たにし】
2019-11-13 20:25:32
緊急アピール、拝見しました。

私たち日本国民が感じ、考えていることが、コンパクトに余すことなく述べられています。私たちの代表者として、私たちになりかわり、政権にもの申して頂き、ありがとうございます。

安倍総理には、この緊急アピールの背後にいる多数の主権者の声に耳を傾け、習近平主席を国賓待遇で招くことを取止めて頂きたいと思います。Ar
やっぱり経済が気になる【あきま】
2019-11-13 20:16:23
習近平主席の国賓としての来日について、私も反対です。
護る会での活動を含めた公務の数々、本当にお疲れさまです。

さて、11月13日公表の10月度企業物価指数(速報)ですが、前年同月比-0.4%、消費税を除くと-1.9%となり、いずれも6月度から5ヶ月連続の前年同月比マイナスとなりました。

消費者物価では、プラスで推移しているので「デフレでない状況」というのは間違いではありませんが、「物価安定の目標」を達成するどころか、物価上昇率のプラス圏維持すら危うい状況なのではないかと考えます。
余談:消費者物価には上方バイアス(数値が高めに出る現象)があり、実際はデフレなのではという意見もあります
緊急アピール文全文を何度も読みました。【きよちゃん】
2019-11-13 20:06:19
私自身は国賓扱いについて、特に関心は有りませんでした。

ここで強硬に出ても最善とも思えず、メンツを保ちながら、
交渉すれば良いのに‥と

横浜市で商売をして参りまして、多くの中国人、
華僑の皆様が住む町、中には親日派の方々もいて、親しい友人もいます。
子供達は日本で生まれ日本人と公立の小中学校に通い、そんな環境にいますと
「わざわざ揉めなくても・・」等の思いもありました。

そんな中で、護る会の緊急アピールを拝見致し、
特に
「香港市民の民主的政治行動に対し、強権によって弾圧する姿勢は、自由・民主主義・法の支配という現代社会の普遍的価値に照らして、断じて許されない。」

と言う一文に、
とても感激致しました。

護る会の緊急アピール文、広く国民に御伝えして頂きたいです。
私のような「何となく友好で良い」と言うような考えの方々、多いと思います。

そう言った者にも、現在の香港の現状は、
政治的に国内だけでは解決しない、と言う現実は理解されている。

日本政府の毅然とした姿勢を示さねばなりませんね‼

護る会の先生方、
そして青山さんの志、姿勢はきっと多くの国民に伝わると信じます。
御礼【一市民】
2019-11-13 19:42:49
青山さん、過密なスケジュールお疲れ様です。

日本国民としてありがとうございます。
行動こそ力【ともたん】
2019-11-13 18:55:24
青山さん
ありがとうございます。

護る会の行動力に目を見張るばかりです。
日本の外交は未だに相手との友好的な関係を築くことに
重点を置きすぎと思います。
特に中国相手では、青山さんがよくおっしゃる
右手で握手して左手で殴るというような外交が必要と思います。
日本の国会議員からこのような提言が出れば
習近平が国賓扱いで来日できるかどうか危うくなり
中国に対する大きな圧力になると思います。

安部総理としては内心やった!と
歓迎しているのではないかと思います。

やはり口ばかりで外野から評論するのではなく
中から国会議員という立場で行動する事が
国を動かす大きな力だと改めて思いました。

我々も全力で護る会を応援していきます!!
「桜を見る会」について【shin-Z】
2019-11-13 18:21:30
日々国益の為にご活躍頂きありがとうございます。
「桜を見る会」について、安部総理のご判断により、来年は中止となったようです。
総理の、国政運営・改革に対する情熱の低下を感じました。
野党による不毛な質問、マスコミによるフェイクニュースの乱発。国民の大多数はそれを疑うこともなく信じている。
「もーお前らで好きなよーにせーや。」と聞こえてきそうです。
遂に安倍さんが「ブチ切れモード」に突入か?!【fuukou】
2019-11-13 18:16:33
先ほど、夕方のニュースで菅さんが「来年の桜を見る会は中止です」と会見してました。
これで一つ、貴重な「季節の風物詩ネタ」を、テレビは失った訳で〜
いやいや、そんなんで済みませんよ〜
こんな事してまで、改憲や重要事案の妨害をする野党に、伝家の宝刀を抜く時が!
そう、解散の突風は突如やって来る?
こころの底から「ありがとうございます」【大阪府 在住】
2019-11-13 17:59:21
力強い発信、
勇気づけられるとともに、身が引き締まる思いです。

油断は全くできないけど、
一つひとつよく考えて、自分に出来ることを
コツコツやっていきます。

努力は決して裏切らない!と信じて、
日本の国益を護る為に頑張ります。

青山さんの発信のお陰で、
全身に力がみなぎってきました。
本当にいつもありがとうございます。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ