On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-17 09:49:14
Comments (16)

岡山に向かっています

 自由民主党の参議院初の男性・女性局長代理としての出張です。
 正論の原稿も、月刊Hanadaの連載エッセイ「澄哲録片片」(ちょうてつろく・へんぺん)の原稿も無事に終わっています。
 正論は「我ら何を護るか」、月刊Hanadaは「ぼくらの選択」というタイトルを付けました。

 ま、いろいろあって、そういうわけで、最終的にはすべてぼくのせいで、強烈に眠いです。

▼まずJR岡山駅西口で街頭演説会です。
 地元代表の方々や、三原じゅん子・女性局長らと一緒に、お話しします。
 ぼくの出番は、13時22分から、5分間です。

▼そのあと女性局中国ブロック会議が、岡山プラザホテルで開かれますが、いま確認したら、これは一般参加は無いそうです。

 朝に出て、帰宅は夜10時頃になります。
 岡山って、そう遠く感じないけど、やっぱり一日仕事です。
 女性局は、ぼくの秘書さんたちが「うーん、うーん」と唸るほど、実は仕事が多いのです。
 しかし大丈夫です。
 ふだん、がんばれ日本女子って、まるまる本音で言っているのですからね、これからも懸命に貢献します。

 あなたとは令和元年の年の瀬に、神戸で逢いましょう。ここです。
 クリスマスから大晦日、お正月にかけての神戸は、とても綺麗です。
 震災から立ち直っていく、ふるさと神戸。
 父母、姉と兄で過ごしたクリスマスの記憶も甦ります。母と姉は、日本キリスト改革派教会のクリスチャンですから、曹洞宗の父も一緒に、真剣に主イエスの生誕、そして家族と共にあることを祝いました。



 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

日米貿易協定は第11条で付属書IIは英文のみを正文とすると書かれた不平等協定【関西在住主婦】
2019-11-18 09:15:18
青山さん、いつも日本のために、ありがとうございます。

日本を心配される皆さんは、日米貿易協定の衆議院本会議採決が11月19日に迫っていることを知り、まず日米FTAや日米貿易協定でお調べください。テレビ、新聞もほとんど報道がありません。心配する国民が懸命にテレビ局にも報道するように電話などしたようですが、全く無視され、ツイッターデモでもトレンドにあがって数時間で消されています。すでにネット上でも、ある情報は消される動きが始まっています。

11月13日の衆議院外務委員会の審議、そして11月15日の外務委員会採決の様子をネット動画で視聴をお願いしたいです。また青山さんもご出演のチャンネル桜のFront Japan 桜11月15日にて日米貿易協定について佐藤健志さんが指摘されていますが、この日米貿易協定は第7条で付属文書は不可分とすると書き、さらに第11条で付属書IIは英語のみを正文とすると書かれ、日本は正式な和文も作成できない協定です。

さらには日本の牛肉などの畜産品の関税をTPP水準まで引き下げることに同意したのに、自動車・自動車部品の関税引き下げは、交渉継続のままで、WTOの理念に反するのではないかと海外からも疑念の目で見られているようです。

二国間協定は憲法の上位に位置づけられます。このような重要な協定を野党が要求する議事録も出さず、農水産業に対する生産量の減少も試算を出さず、数の力により多数決で押し切る与党自民党の政治の進め方は、とても民主主義とは言えません。

アメリカは日本との通商協議について追加項目を発表しています。その中に医薬品分野が含まれ、医薬品の値段が高くなり、日本の国民皆健康保険制度は崩壊するのではないかと、新聞テレビは通商協議の内容を報道しないので、ネットで情報を入手できる若者世代、子育て世代は不安になり、日本に希望を失ってきているようです。

日米貿易協定の内容についての審議では野党の指摘事項が的を得ているように考えます。野党だからと頭から否定していると、日本は歴史に残る不平等協定を国会が承認し、発効することになり、日本の農業、畜産業が衰退し、食料安全保障も守られません。

食料の値段が上がると、もっと庶民の生活は困窮します、今でも消費増税によるコスト削減圧力により商品の容量が減り、国産野菜の陳列が減り、ほしい商品が買えなくなってきました。それでも容器の大きさは余り変えないのですから、それこそ資源の無駄遣い。関東を中心に災害に苦しむ中、グリーンイノベーション・サミットという国際会議を東京で開催し、外資を含む参加者の前で安倍総理が日本として今後10年間で30兆円の支援を約束したことは理解できません。財源がないというのは増税のための嘘です。日本には通貨発行権があり、通貨発行権を勉強すると分かります。iPS細胞の研究支援を打ち切るのは利権がらみの外資を支援するためですか。

正社員が増えたというニュースも間違いです。実際は派遣会社が正社員として雇い、仕事は派遣会社とは違う会社に行き、結局、派遣会社取り分を上乗せした時給払いです。この人材派遣会社の正社員は非課税処理が都合悪いのか、交通費分も所得として扱われ、所得税をかけられます。他人のせいにしたくないですが、労働法を規制緩和する法改正が進められ、労働者を苦しめる労働法が多すぎます。訪問介護、訪問理容でも、なんと仕事で移動しているのに労災上の労働時間として扱われないらしいです。一生懸命運転して移動できない利用者さんのご自宅を訪問する大事な仕事です。自宅介護、地域で支援なんて綺麗事ですね。

19日に日米貿易協定を衆議院で可決するなら、歴史に残る大事件です。報道されませんが、私たちは抗い続けます。
本日の特権剥奪法案【焼肉マン】
2019-11-18 08:56:09
米国議会で本日法案通過する特権剥奪法案は、香港の人権侵害に関与した人間に制裁と入国禁止措置ですよね。習近平一家の香港での投資はいざ知らず、本人の米国入国は出来なくなるんで無いですか?ネットで色んな映像がアップされています。世界中から見られてあらゆる意味で詰んで来ました。我が国は国賓待遇を今こそ取り消すべきでは無いでしょうか。

ルビオさん頑張ってくれてます。靖国参拝する米大統領は彼が相応しいのかもしれません。
第2の天安門事件がついに始まった【渡月橋】
2019-11-17 23:52:22
1時間前に香港理工大学に人民解放軍の装甲車が突入しました。

学生たちが火炎瓶で応戦しているようです。香港のTwitterで拡散されています。
学生たちは遺書を書いているといいます。

これで絶対に習近平の国賓訪日は無くなりました。
陛下に虐殺の血がついた手を差し出されても 
私たち国民がそんな握手は認めるわけにはいきません。

どうか安倍さんを説得してください。
今怒りにふるえています。まさか!本当に装甲車で突入するなんて!
クリスマス会【周回遅れの匿名ちゃん】
2019-11-17 22:37:30
青山さん、いつもありがとうございます。


私は子供に関わる仕事をしております。
クリスマス会で劇をしようと子供達に提案してみたら、皆んな、やりたいやりたいと盛り上がっております。
「泣いた赤鬼」をやりますよ。
いつも喧嘩ばかりの子供達が、この物語を通じて、友情、自己犠牲、、を学んでくれたらと願っております。
韓国の当てが外れるかアメリカがアメリカ市場から韓国製品を追い出す圧力で【ま】
2019-11-17 22:09:09
GSOMIAの破棄で今までの防衛費の支払いを要求していて、払い方の問題かも知れません。
分割払いの約束事ではないですか?  日本も朝鮮半島の防衛で恩恵を得ているから、日本にも要求しろと揉めているかも?
青山さんの 韓国のGソミァ破棄とホワイト国除外について【岡】
2019-11-17 22:08:31
恢復したら、より以上に多忙ですね、寝られますか。 この一週間は、大きく変化する時と思いますが、文政権のG軍事協定破棄・日本のホワイト国除外・米国の韓国日本対応について、明日虎ノ門ニュース有れば、聞けるのに残念です
青山さんご幼少時のクリスマス。。【林よしえ】
2019-11-17 21:53:12
青山さんのご幼少時の思い出を、
少しだけでも、
お書き下さること、
楽しく嬉しく、読みました。。。
直接、目を見て考える事ができる場こそ大切、そして嬉しい【にしちゃん】
2019-11-17 20:34:46
青山さん、いつも考えるキッカケの提供、本当にありがとうございます。
そして今日も東奔西走、お疲れ様です。

11月16日のニッポン放送TheLive2イベントへも行きました。
飯田アナの最初のメディア反省の言には、本当に飯田さんの真面目で真摯な姿を
目の当たりにしました。

政権側は習近平主席を国賓招待する件で、特にネット上で反対意見が多い事を
政権側はあまり認識していないという趣旨の話が青山さんからあり、愕然としました。
「日本の尊厳と国益を護る会」が発した内容と同じ趣旨の事を、他の議員の方々は
ほとんど言わないとの事、驚き以外の何者でもありません。
会社でも時々中国の話題になりますが、国賓招待に賛成と言う人を見たことがありません。
私の地元小選挙区では自民候補者が落選中なので、自由民主党へ働きかける議員すらいません。
今回のイベントで、我々有権者が直接、自由民主党、内閣府や外務省へ直接メールで意見を
出す必要がある事を再認識しました。

また、潮匡人さんや長谷川幸洋さんの話も興味深い内容でした。
ちょっと長谷川さんの言い過ぎ的な事もありましたが・・・まあ、ネットでは当たり前に
言われている話ではありますね。

今回のイベントでつくづく感じたのは、テレビ、ラジオ、新聞も雑誌メディアもいまだに
「閉ざされた言語空間」なんだという事です。
また、今回のイベントであってもオフレコでは無いですね。
やはり、完全オフレコでかつ真実に裏付けされた情報を得られる独立講演会の貴重さは
我々にとって本当に有り難い存在ですね。東京開催の独立講演会には、落選しない限り必ず
行きますので、青山さんも壇上から飛び降りられる様、腰を治しておいて下さいね。
言うべきこと【夢テラス】
2019-11-17 19:15:13
青山さま
「護る会」の記者発表やアピールを支持する者です。
17日の新聞に「北方領土と言わないで」という記事があり愕然としました。
政府は中国にしてもロシアにしても言うべきことを言っていません。
政府は「思わぬ問題を引き起こしかねない」との心配だけで、言うべきことを言っていません。
君民共治はDevide and Conquerに勝てるのか【焼肉マン】
2019-11-17 18:24:03
ユダヤ人社会科学者の方が1979年に記した「日本人に謝りたい」という本を読んでいます。ページを捲る度に色々なことに気付かされます。

迫害を受け続けたユダヤ人は、やがて国家を疎み君主制を憎むようになった。金融支配を完成させた後、フランス革命からワイマール共和国の乗っ取りに至る一連の君主制の破壊を成就します。支配階級を悪、非支配階級を善と看做す共産主義の二元論的フィクションを使ってロマノフ王朝を倒し、残された君主国日本に目を向けます。天皇による統治は、実はユダヤ民族が理想としていた君民共治であった。しかし憎悪に火をつけられた勢いを止めることはできず、原爆を投下。敗戦と東京裁判による天皇制支配層の悪玉説の固定化、並びに日本国憲法の制定を経て、彼我の理想でもあった戦前の良きものは凡そ全てが葬られる。辛うじて天皇を憲法に残せたが、残置亜流勢力の日本共産党は彼らの本来の目的から外れても独自の判断で天皇制を亡きものにすることを止めない。

著者は一日も早く、日本がその良きを復元することを願っており、それが本の題名に繋がっている様です。

しかし執筆から40年を経ても、天皇家の支配階級的で抑圧的と決めつける左翼とメディアの攻撃が終わりません。それどころか自由と平等の御旗の元でヘイト判定権まで取られて、川崎市を始め地方議会を拠点に分断工作が勢いと広がりを増すばかりです。

戦後GHQのニューディラーの元で男女同権が標榜され、女性が嫁ぐ前と嫁いだ後の双方の家から遺産相続を受けられる様、親族法が改正されました。市井で長兄相続が不平等で悪と看做されていれば、女性女系天皇への賛同者が多数になるのも致し方有りません。しかし一度でも「犬神家の一族」を見た人なら、長子相続が何を齎すか知ることに気付く筈です。三姉妹の跡目争いに乗じて、スケキヨに成り済ました青沼静馬が殺しまくります。

長兄が家督を継ぐ制度は日本の安定に寄与したことは疑いありません。旧宮家を復活し天皇の長兄相続を維持すること、それは青山先生が標榜される、女性が何でもできる何をしても良い国の実現に必要不可欠な、安定した国家基盤そのものではないでしょうか。
ミサイル無力化装備開発【アタラシコウジ】
2019-11-17 16:33:46
 いつも青山さんのご精誠に感謝しております。
さて、今朝の産経新聞大阪版一面に、高出力マイクロ波(HPM)の研究と試験を2年度に終え 3年度以降に順次陸上、艦艇、戦闘機に配備する。とありました。

いよいよ日本に光が差してきたのかと希望を持ちましたが、青山さんの詳しい解説を聞きたいです。
レールガンとかもですね。
よみうりホールでのラジオのイベントの感想【東京 主婦 スズキ】
2019-11-17 14:09:04
私はたまに劇とか歌舞伎とか新しくできたデパートなどにいくのですが
とにかく女性が多いです。
でも青山さんのイベントは男性がたくさんいらしていて
「こんなに天気がいいのに固い話を聞きにくるなんて」と
よく青山さんがおっしゃるように
「あれ?男性でも休日の人ごみの中、出かけるんだ」
と感心いたしました。
男性を外に引っ張り出すためにも
室内で見るだけのテレビとかネット番組とかラジオではなく
公開イベントっていいですね!

司会者の飯田さんも私たちが聞きたいことを汲んでくれていました。

特に冒頭の「護る会の提言のすぐ後に
中国から北大の教授が戻ってきた件」については
大きくニュースで取り上げたいようなことではないですか?

そして中国側も日本政府も「習近平国家主席の国賓に反対の議員がそんなに
いると思わなかった」という反応が驚きでした。

よく考えると中国だけではなく外国人にとっては
日本人がはっきりわかりやすく反対をいうことは新鮮かもしれませんね。
反対すると関係がまずくなる、と日本人は考えがちですが。

それから自民党にある「タブー」についても興味深かったです。
日本には自民党に限らず家庭にも会社にも学校においてもタブーがあります。
言うべきことを言わないで延々と会議が続きます。
それで疲れてしまって「家庭」も「学校」も「会社」も行きたくなくなります。
あらゆる内容の言うべきことを言えない結果
その矛先が青山さんになってしまっているかもしれません。
その解決として公開イベントはとてもいいですね。
テレビ、ネット、ラジオなどは一方通行ですけど
会ってお話を聞くことは交流を感じます。

ではまたお仕事頑張って睡眠取ってくださいね。
もしかして政治家の先生方は、ご自分で算盤を弾いたことが無いのでは?【神戸市在住 松永】
2019-11-17 14:07:51
お疲れ様です。

 そろそろ消費税2%増税の実感を感じられておられると思います。
 請求書を発行し、月末には入金を待つ事業者の方も多いと思います。
 ご商売によっては、支払いが手形で決済されてそれを割引(支払期日を待たずに現金化)に回されていることでしょう。
 2%増税は、所詮税金の預かりなのだから影響が低いと思われがちですが、お客様の月々使えるご予算(客単価)が増えずに売上が確実に2%押し下げられます。
 金利やファクタリング手数料を0.1%でも安くと交渉しても、全ての苦心は吹き飛びます。

 その上、パート・アルバイトの方々に社会保険の強制加入が検討されているそうですね。
健康保険・介護保険・厚生年金保険・雇用保険ですよね。
たとえば時給1,000円のパートさんなら、100円年金として徴収しますよって感じですよね。
そして雇用側も同額を負担となります。
 だとすると1人パートさんを雇うと1000円ではなく1100円の予算を立てます。
これを払えるなら本来1100円貰えるところが900円しか貰えない感じですね。
あとそこから税金も制度によっては健康保険も、ってことになりますよね。

 働き方改革により残業制限、有給消化が厳命され収入が下がり、仕事の持ち帰りもコンプライアンスが厳しく不可です。
労働者も会社も誰も得をしません。当然税収も落ちます。
これでは貧乏人は、いつまでも貧乏人のままです。
 新たな貧乏人しか生まない政策です。

 自らの境遇を政治や他人のせいにしたい訳ではないのです。
 生きる事を諦めるさせるような政策が可笑しい。
 納税はするが個人の生き方に口をはさまない、邪魔しないで頂きたい。
注視【トヤス】
2019-11-17 12:21:18
守谷絢子さんが男児出産したのはめでたいことですが無理やり女性宮家や
女性・女系天皇、女系皇族などもありなどと誘導されないかと懸念しております
独立講演会【鶴岡陽子】
2019-11-17 10:22:33
いつもありがとうございます。
お忙しい中でのブログ、ありがとうございます。楽しみに読んでいます。周りにある情報の「ニュースの尻尾」ってなんだろうといつも考えています。よく分からなかったのですが、少しずつ「尻尾ってこれかな?」と感じるようになってきました。まだまだですが…。
ビッグサイトでの講演会、熱心に娘を誘った母です。娘はどんな気持ちで聞いていたか分かりません。知らない名前がいっぱい出て来てちんぷんかんぷんなことが多かったと思います。ですが、いつか「あの時、あの人が言っていたあれって、これか!」と心に響いて繋がる時が来たらいいなと思っています。私が青山さんの本を読んだり、講演でお話を聞いたりして、世界も視界も広がったように、いつかそのようになればいいなと思い、まずは種を撒けたかなと…。
ホントは自分からまた行きたいって言ってくれたらいいなとも思ってます(笑)
今度は下の子達を連れて参加したいです。
ありがとうございました。
いつも応援しています。
お疲れさまです【すず】
2019-11-17 10:14:42
頑張れ、青山さん

岡山のきびだんごで力をつけてくださいね!広島市出身のわたくしは、女性の応援におかやまに向かわれることがとても嬉しいです。
秘書のおひとりも産休中とのこと。心より母子ともに健やかな日々を過ごされますようにお祈りいたします❢

ぎーんの健闘から眼

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ