On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-19 19:36:10
Comments (4)

きょうの護る会 その4 非公開になってから (すこし推敲しました)

▼きょう11月19日、護る会による「皇位継承の安定への提言」の安倍総理への手交@総理官邸は、公開部分が終わり、記者団とカメラマンが去って、総理とわれわれのあいだで踏み込んだ議論になりました。

 総理は公開部分よりさらに時間をかけて、しっかりした明快な意思を語られました。
 ぼくは代表幹事として、それについては述べません。
 提言が公開分、非公開分とも終わったあと、ぼくらは官邸1階に降りて、記者団のぶら下がり取材に応じました。
 丁寧に、じっくり説明しました。
 そのなかで、ほかの護る会メンバーから、もちろん総理の非公開部分の発言を引用することはありませんが、国民にわかりやすく伝えるための発言が幾つかありました。
 このぶら下がり取材は公開ですから、たとえばテレ東NEWSなどにアップされたらいいとは思いますが、もちろんそんなことに干渉しないし、わかりません。

 それにしても、女性天皇と女系天皇の違いひとつにしても、国民がいままで誰も学校で教わることもなく、天皇陛下のご存在の根源的意義や、皇位継承を続けることの意味も誰も教わっていないなかで、これから国民的議論をしていかねばならないのに、このオールドメディアの「あったことを無かったかのにようにする」という姿勢は、先がほんとうに思いやられます。

 ただし決して負けることはありませぬ。
 落胆も、もちろん、しません。
 こんなことでがっかりしてるようなら、護る会なんて発足できませんでした。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

いつもありがとうございます。【ゆみ】
2019-11-21 01:11:36
青山さん、いつも国益のためにご尽力頂きましてありがとうございます。 テレビ東京の動画を拝見しました。

3年前の7月、投票用紙に青山さんのお名前を記入しました。 その時の自分の一票がどれほど価値のあるものだったかということを強く感じながら今日まで3年4ヶ月を過ごしてきました。

「青山さんが部会で発言されることで自分達も変わりつつあります。」と言われた議員の方のお話を昨年講演会場でお聞きしました。

部会に出席されていない議員の方が青山さんが部会で発言されたことを高く評価して下さいました。

青山さんが自民党議員として国会にいて下さることが日本の国益にとってどれほど大切なことなのかがよくわかります。

もし無所属で出馬されていたら部会に出席されることもなく、本会議場で山田宏議員の隣りの席に座られることもなかったと思います。 「護る会」も今頃存在していなかったのかなと思います。

日本の国を正しい方向へ導いて下さる国会議員の方達を心から応援しています。
「護る会」が存在して下さることが日本にとっての大きな希望です。

青山さん、ありがとうございます。 新作を楽しみにしています。
こんなことなら…【いわいひろまさ】
2019-11-20 10:29:15
テレビ東京のノーカット動画を拝見しました。
こんなことなら、NHKではなく、テレビ東京に受信料(応援料?)を払いたい。
私だけでしょうか?
テレ東の動画拝見しました。【ユニコーン】
2019-11-20 00:10:21
青山さん、いつもありがとうございます。

テレ東のノーカット版の動画拝見しました。
護る会の皆様には、期待しております。
青山さんだけでなく、他の方々も発言されていたのが、とても頼もしいですね。

テレ東はすごいですね。
今、一番視聴者のニーズを把握しているんではないでしょうか?
テレ東は、一次ソースを配信してくれます。
事実を加工するNHKよりテレ東ですね!
NHKのパブリックコメントも、反対意見を提出しました。

青山さん、いつも応援しています。
共同通信【三関禮子】
2019-11-19 20:47:44
共同通信の見出しはダメですよね。
総理が、いかにも女性天皇、女系天皇を重く考えていると誘導する、フェイク見出しです
怒り狂っています
どこまで卑怯ものか
明日全国に拡散される前に、取り消させるべきです

jijiさんは、大丈夫でした

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ