On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-24 07:53:16
Comments (6)

憲法行脚の一環です

▼熱心な護る会メンバーの若き国士、三谷英弘衆議院議員が、12月9日に「なぜ今、憲法改正が必要か ? 」憲法フォーラム in 青葉区・緑区 ( 横浜市 )  を開かれます。
 ぼくもそこに参加して、憲法に的を絞って、お話しします。

 場所は「
アートフォーラムあざみの」というところです。
 開催要領の詳しいところは、実はまだぼくも聴いていないので、ご関心のかたは三谷事務所にお聞きください。衆議院の代表番号03-3581-5111にかけて「三谷議員をお願いします」と仰ると、繋いでくれます。
 自由民主党の新しい取り組みの一環です。
 たぶん、どなたでも参加できるのではないかと思います。
 もし間違っていたら、ごめんなさい。
 

 師走は、センセイだけじゃなくみんなが走って忙しいですから、情報がまだ不十分でも取り急ぎ、アップしておきます。

 その師走もいよいよ、押し詰まる12月28日には独立講演会@神戸に来てください。
 〆切がぐんぐん迫ってきます。
 ここです。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

甘利明議員が女系天皇容認発言【モスキート】
2019-11-24 13:24:20
本日、日曜日の朝、フジテレビ「ザ.プライム」で甘利明議員が、女系天皇容認発言をしました。

オールドメディアはまってましたとばかり「異例の発言、皇位継承に影響」と大騒ぎです。

青山先生たちの旧宮家復活の法整備提言に対抗した発言であるのは間違い無いでしょう。

党内の主導権争いなのか、もともとその様な考えの方なのか分かりませんが、安倍総理に近い方の発言は一定の影響力はあるでしょう。

加えて天皇制廃止を目論む魑魅魍魎の勢力がオールドメディアを通して、ここぞとばかり湧き上がる事でしょう。

いよいよ青山先生が心配されていた、茨の道が現実になってきたようです。

安倍総理が、桜を見る会、GSOMIA、憲法改正加えて皇位継承と徐々に孤立無援状態になりつつある様で、お顔にでてきてますよね。

本日は、被災地訪問で私のいる宮城県においでとの事、少しでも息抜きになれば良いのですが。

青山先生はもちろん安倍総理に対しても是々非々のお立場でしょうが、自民党内に安倍総理の味方があまりに少ないのは、それはそれでちょっと異常ですよね。

これじゃ、出来るもんも出来なくなりそうです。

これから、韓国をホワイト国に戻さない、女系天皇を認めない事を首相官邸意見に投稿しますが、その内容は、これまでの様な厳しいものより、少し応援の意を込めたものにしようかと思います。

前の書き込みで、河村日韓議連幹事長の河の字を間違えました。すいません
甘利さんの女系天皇容認発言について【原】
2019-11-24 13:12:50
自民党幹部が、女系天皇容認発言したことによって、護る会最大の危機を迎えてると思います。皇室典範改正の際に、旧宮家の復活だけでなく、100%の確率で最終的な選択肢として、女系天皇に関する条項も入ってくると思います。

安倍総理大臣も盟友の発言を、重視すると思います。
朝からびっくり【トヤス】
2019-11-24 12:12:00
朝の番組で女系天皇などと言っている税制調査会長がいたことについて、非常に残念です
しかし、護る会の頑張りが自民党を少しずつ変えていくと期待しています
憲法もここ数十年ですっかりメディアによって、国民が変えてはいけないものと洗脳されてしまいますが何度も憲法改正する利点や意義、その後の生活について、丁寧な説明と議論をすれば国民が賛成してくれると思います
個人の思いつきの愚策です【しんちゃん】
2019-11-24 11:23:16
青山 様

いつも国益のためにご尽力いただき、臣民の一人として感謝申し上げます。
ブログ内容とリンクしていない内容をお許しください。ふと思いついたことを不躾ながらお伝えしたいと思い書き込みました。
それは福島の処理水、除染土の問題です。

これを沖ノ鳥島へ移送し処分できないだろうかということです。
処理水は国際比較でも低線量ですので問題ないと思います(ただし、自分の意見と矛盾しますが、これがもし実行されれば今後処理水は全て遠方まで移送してからの処分となりますので、コストの問題も含めて将来に問題を残すことになると思います)。
もうひとつ除染土ですが、単純に埋め立て用として使用すると海洋汚染となってしまいますので、フランスがムルロア環礁でやったように地中深くに穴を掘り、そこにコンクリートで固めた汚染土を収めていく方法です。
以前に沖ノ鳥島に中国船が時化を利用して乗り上げ、既存設備の破壊工作も考えられると伺いましたので、それに対しての対抗策にもなると思います。

南シナ海で中国が勝手に埋め立て人工島を造成していることと同じことをやるつもりなのかと、自分でも書いていて嫌になることではあります。
ただ、福島の方々から風評被害を早くなくすためにも、処理に無駄な費用をかけ続けるよりも、ひとつの方法として検討できないだろうかと思いつきました。

お叱りを受けることを覚悟で記しました。
本当に申し訳ございません。
雑感【大阪府民A】
2019-11-24 10:15:12
護る会を見ていると、私の年代は中川一郎さんや石原慎太郎さんの青嵐会がダブッテ見えてきてしまう、当時情報源が新聞とテレビしかなく、気持ちでは応援していたけれどその扱い方で尻切れトンボのように消えていったような印象が強い。
 今ネットの時代で、私のような小さな声なき声が熱心に見ている、そんな人が護る会の後ろに大勢いる、昔のように、テレビや新聞の扱いを過大に意識しないで、後ろにいる声なき民だけをいつも意識していてほしい。
テレビと小選挙区【焼肉マン】
2019-11-24 09:58:59
モルデカイ・モーゼ氏の「あるユダヤ人の懺悔。日本人に謝りたい」は、これから憲法改正を訴えて行く与党を問わず全議員に読んで欲しい本です。正直、ここまでいい様にやられたのかと辛くなる面もあります。なぜ今もって共産党が生命力を維持しているのか、なぜ憲法学者が文言解釈に陥って本質議論ができないのか、ページをめくる度に様々な解が飛び出してきます(従い、立憲や共産党にとっては改憲阻止のヒントが沢山盛り込まれています)。

護る会が宮家復活、憲法改正に向けて発言力を強めて下さるのは頼もしいです。しかし議員に対する小選挙区制、政治家に対するテレビという二つの去勢装置が有る限り、護る会の前にも、旧宮家の前にも、憲法改正の前にも、敷き詰められているのはいばらの道だと思います。

先日稲田朋美さんがツイッターに「最重要なのは自衛隊明記です」と力強く訴えておられていて、いささか頭を抱える思いでした。「自衛の措置を妨げない、は自民党案であるし、当該文言が無いと自衛官は自分を守れず、ひいては国と国民を守れない」との趣旨のことを返信しました。元レンジャー隊長中谷さんの目から見ても「妨げない」は必要最低条件だと思うのですが、大宗の自民党議員は本心でどう考えているのでしょうか。自民党が早く一枚岩にならないと、モーゼさんが40年前に記した国難は益々深まるばかりと思います。

それにしてもマスコミテレビに叩かれつくした後にテレビ出演のオファーを貰って、テレビの言いなりになる政治家が多くないですかね。青山さんが地上波にお出にならないのは残念と思う反面、正しい選択だと思います。番組編成に口出ししていると言われる電通も赤字に転落したそうで、見る人が減ったりスポンサーに対する目が厳しくなったりしています。テレビが目に見えて落ちぶれてくれるのは実にハートウォーミングですが、小選挙区を早く中選挙区以上にしないと政治荒廃は終わらない気がします。

自民党にご在籍の議員の講演会で「小選挙区を中か大に変えないと行けないのではないか?」と質問したことがあります。回答は「中選挙区であれば選挙に7億円掛かる。小選挙区以外ではシンデレラストーリは生まれなかった」との趣旨のことを仰っていて、公認制度と組織票の地盤主義が政党の巨大な立場主義のピラミッドを生む様を思い知らされた次第です。自分は日本を変えるセンターピンがあるとすれば、選挙区の中型大型化ではないかと思います。護る会の提言の遡上に選挙区変更が乗るものか、今後の課題として検討頂けると有りがたいです。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ