On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-11-29 21:03:54
Comments (5)

この胸に去来するもの  (推敲しました)

 中曽根康弘元総理の百と一歳にてのご逝去を、こゝろの奥からお悼み申しあげます。

 中曽根総理の総理番記者だったとき、海外の首脳が亡くなりました。
 それがどなただったかは忘れているのに、軽井沢のゴルフ場で中曽根総理にコメントを求めると恬淡(てんたん)と、あるいは達観した様子で「哀悼の意を表します」と短く仰ったことを、いま、思い出しました。

 それから日を経て、総理を辞される日が近づいたとき、中曽根さんを乗せた総理車が突如、予定外の方向へ走り出したのです。
 ぼくと時事通信の総理番はいささか驚きつつ、番車と呼ばれる自動車電話付きの専用車で前後をパトカーやSP車に挟まれた車列にて後を追いました。
 自動車電話で、総理の行き先をあれこれ取材するのですが、まったく分かりません。現職の内閣総理大臣の行動としては異例中の異例です。これは警備陣もたいへんだろうと想像しました。
 総理ご自身が急に、行き先を指定されたのだろうと考えるほかありません。
 車列は長駆、走り続け、やがて東京の遙か郊外の墓苑正門に着きました。
 何とも意外な、想像外の到着地です。
 すると中曽根康弘総理はSPすら制して、なぜか不肖ぼくと共に墓苑の奥へ歩かれ、やがてひとつの墓の前に立たれました。
 みると、中曽根康弘の名が彫られた墓なのです。
 総理は、墓室の蓋を開けて、「青山くん、私はいずれ、ここに入るんだよ」と仰いました。
 そして「青山くんはいろいろ私を追及するがね、私はこの覚悟を持って、政治をやっておるんだよ」と続けられました。

 今夜、国会から戻り、瞑目しつつ、中曽根康弘総理の憲法改正の志こそを偲びます。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

ご冥福を心からお祈りいたします。【ゆみ】
2019-12-01 20:20:54
青山さん、こんばんは。

昨日の朝刊にはたくさんの国会議員の方達から中曽根元総理の功績をたたえるメッセージが掲載されていました。

中曽根弘文議員は「亡くなる直前まで国家の行く末を考え続け、政治家として生涯を全うした。 まさに自作の句そのものの人生だった。」というコメントを出されていて中曽根元総理が詠まれた俳句を紹介して下さっていました。

「暮れてなお命の限り蝉しぐれ」 

ご家族の方からのメッセージは読んでいて胸にこみあげるものがありました。

ご冥福を心からお祈りいたします。
年末、クリスマスですね。【Servo関西】
2019-11-30 22:14:03
中曽根総理がいらっしゃらなかったら、国鉄は民営化されていなくて、山下達郎さんの歌に乗せた新幹線CMの超名作「クリスマス・エクスプレス」もなかったんですよね。
メイド・イン・ジャパンが世界を席巻し、戦後日本が経済的にも文化的にも一つの頂点を極めようとしていた、輝かしい時代の総理。
かつての大日本帝国の栄光と敗戦を目の当たりにされ、焼け跡のどん底からまた世界第2位の経済大国に引っ張り上げるために尽力された50年だったのだろうと思います。
ご存命中の憲法改正はかないませんでしたが、安倍総理の在職日数が歴代1位になったのを見届けたタイミングで、一世紀にわたる人生の旅を終えられたのも印象深いです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
生きている意味が分からない。【川口雅夫】
2019-11-29 23:17:17
青山様のエッセイに接していただきまして、いつも心洗われる気持ちになります。中曽根元総理についてのエッセイもしみるものがあります。いつもありがとうございます。
国会の惨状を【おばちゃんです】
2019-11-29 23:07:14
青山ぎーん

総理番の頃のお話を
すぐにとは申しませんが
またお聞かせくださいませ

国会も、マスコミも
本当に酷い

隣の国からミサイルが次々と飛ばされても
隣の国から国民が次々と誘拐されても
「桜の会」より扱いが小さいって・・

中曽根元総理はどのようにご覧になっていらしたのだろうと思います

ご冥福をお祈り申し上げます
哀悼【Takashi Tanaka】
2019-11-29 22:08:36
中曽根元総理に哀悼

この先達でも悲願の憲法改正が出来なかった、いやしなかった。
何故か。
解るけど、理解しない、出来ない。

安倍現総理も同じ轍を踏むのか。
踏むと思いたくないけど、踏むかもしれない、でも踏ませない。



中曽根様
合掌

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ