On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-12-01 07:01:29
Comments (7)

寒気と言えば・・・  (ひとつ前のエントリーの関連)

・・・ゆうべに、金沢が本社の有力地方紙、北國新聞(ほっこくしんぶん)に連載しているコラムを書き上げて送稿し、今朝にゲラを確認しました。
 珍しく、ひとつの修正もゲラに入れませんでした。書くときに、ずいぶんと推敲を繰り返したからです。
 今回にぼくが付けたタイトルは「ぼくらの根源をたずねよう」です。
 12月2日の朝刊に掲載されます。

 北國新聞は、郵送なら全国で購読することもできます。ぼくはもちろん、ひとりの寄稿者に過ぎませんが、関連のサイトは一応、ここです。

 そう言えば、令和元年を締めくくる独立講演会@神戸は、もう今週の金曜昼に応募〆切です。
 ここです。
 あるいは、このボタンを押してくだされば、直に、ご希望なら申し込めます。質問も即、書き込めます。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

e-Gov パブリックコメント:日本放送協会(NHK)のインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方について」(締切:12月8日)反対意見提出しました【Yuu59no110】
2019-12-02 00:17:36
 NHKのインターネット放送で受信料徴収をする等の件に関し、パブリックコメントで、反対意見提出致しました。
 理由は、現状のNHKは、自らの経営が国民・視聴者の受信料によって不自由なく支えられていることに慢心し、コスト意識が欠如、業務の合理化・効率化はされずむしろ肥大化、適切な給与水準・人員など全く無視した高額給与・高福利厚生、反日・捏造番組への、国民・視聴者を侮蔑・無視し続け、説明責任を果たそうとしない。無数の捏造番組があるが、例えば超反日の朝日新聞でさえ、吉田清二・植村隆のいわゆる慰安婦捏造記事に対し、謝罪記事を大きく掲載したが、NHKは、過去の番組に対し、何の謝罪も訂正もしていない。これが、我々日本国の公共放送といわれる報道機関なのか。外国に操られた諜報機関の様相であるとしか思えない。
 日本国の放送局という自覚・ガバナンスなど無く、朝鮮や中国の支援放送局であるかの如く、日本国及び日本人の真実の叫びを無視し、朝鮮・中国に寄り添う捏造番組を放送し続ける体質の現状継続と更なる肥大化は許されるべきではない。
 放送受信料という、日本国民から半強制的に税金の様に徴収しているにも関わらず、職員の平均年収が、1700万円以上という民間企業や公務員を遥かに上回り、超優遇された職員の金満協会。その資産も上念司氏の資産分析報告から、金融余剰資産が超一流企業をしのぐ裕福なNHK。しかし乍ら、そのお金は、日本国民からの血と汗の上に胡坐をかいて、身勝手な過去と現在と未来の日本国民を愚弄する放送内容に使われ、捏造のオンパレード。一体NHKは何処の国の放送局か、内容からして朝鮮・中国に寄り添う放送内容ばかりで、占領軍GHQの「プレスコード」(日本の真実を真逆にした、報道統制)を未だに忠実に守り、日本国及び日本人への歴史捏造番組(国際放送が国内放送を遥かに超える反日宣伝番組、国内報道・ドラマ・教育テレビ・バラエティー、等々)が、ますます醜く巧妙になって放送されている。
 又、資金で苦しんでいる、拉致被害者救出放送「しおかぜ」を、受信料を徴収しているNHKが何故放送しないのか、日本人として決して許される放送組織ではない。
 この様なNHKに、インターネットでの放送利権を更に与えたならば、日本国民から収奪した強制インターネット受診料を元に、インターネットで世界に更なる、朝鮮・中国が喜ぶ反日捏造番組が蔓延・加速してしまう。真実の日本歴史に背を向ける、反日体質顕著なNHKが、インターネット資金で更に潤い、ますます朝鮮・中国に従属する「犬NK」化が更に巨大化し、現状以上に日本国及び日本の将来に取替えしがつかない状況となる事、必定であり、今回のインターネット放送利権は、大変危険で危機的な状況が起こり、日本が日本で無くなってしまう。
 故に、新たな利権を与えず、NHKは災害放送のみ社団法人化し、それ以外は民営化して、日本国及び日本人為の放送局に生まれ変わる様、放送法も改正するべきで、戦後最大の既得権益を無くすべきで、外国人及び帰化一世は役員になれない様にすべきです。朝鮮から日本に来て数年でNHK幹部になれる現状は異常であり、かつて国会議員が国籍別の職員数の質問を拒否するNHKの組織体質は、日本国及び日本人のための放送局では全く無い現実である。正しい選択は、既得権益の反日の牙城であるNHKを、解体して日本国及び日本人の為の組織として更生し出直しさせるべきであると願うものです。
朝鮮戦争に国連軍の医師として参加した父【坂口ゆり】
2019-12-01 22:20:29
青山さんに、こういう人がいたことを知ってもらいたくコメントさせていただきます。もう、ご存知かもしれません。
父は大阪大学の医学部を卒業しアルバイトしながら、整形外科のインターンをしていました。ある日掲示板を見ると、朝鮮戦争の国連軍の軍医を募集していたそうです。満州から無一文で引き揚げてきた両親を養わねばならなかった父は、これに応募しました。
 火傷の治療が多かったそうです。何度もこの時の話を聴かされました。
先生におかれましては、くれぐれも無理をなさらないでください。大阪にて。   
「ぼくらの根源をたずねよう」・・・悪用、教育の不作為【鈴木 五郎(J-NSC会員)】
2019-12-01 22:15:29
北海道を乗っ取る”大義名分”=アイヌ新法
6.6 億円の予算確保

北海道”支那”自治区
着々と”土地”買い、港湾を整備
支那の要人が、必ず”来日”の際に立ち寄る!

沖縄は、SNSで取り上げられたので”変化”している。
その陰に隠れている”北海道”

自分が生きている間だけの”安定・平和”が、実績の
役人、、、
当選して”只の人”から逃れたい、議員、、、

青山さんは、数少ない”拡散”すべき情報発信者です!
幾ら”民度”の高い日本人でも、正しい情報がなければ、
正しい判断、行動ができません!
今後とも、宜しくお願いします。
日本の味方が敵になるか減るか【トヤス】
2019-12-01 20:59:05
官邸だけではなく宮内庁や経団連などは習近平が国賓でやってくるリスクとその後の世界が日本へ対して、どの様な対応してくるのか
どういう影響があるのか分析してないのではないか
日本が企業も含めて世界各国から制裁される対象になりかねないのも考えてはいないのではないでしょうか
自民党にあるそれぞれの部会からも習近平国賓リスクをよくよく考えて
反対の声明をだしてほしいものです
日本人は何を失ったのか?何を守るべきなのか?【akkiyy(ひとつの家族)】
2019-12-01 17:44:40
青山議員の命がけの戦い、国会での歩みを日本人として心から感謝します。
議員の良心、その活動は大きく広がり、すべての人にその志しが伝わるように願う一人です。

「シュレッダーを見る会」に象徴されるように日本人の劣化が起きています。
特に政財界、行政、教育、見事に組織疲労で壊れつつあると見えます。

日本人の良心で判断できる事、法律など必要がなかった事が必要になってきたと感じます。
 誰が見ていなくても「お天道様が見ている」と悪事をする人が少なかった。

しかし今やバレないからと利己的な考えが蔓延しつつある。これは教育の問題も大きい、日本人の心が劣化してきています。
 女系天皇とか女性宮家など理解できない、関心がないから見た目で判断してしまう、そんな日本人から透けて見える。
 日本の国体を失う危機ではないでしょうか?

 日本を囲む国が、日本を侵略してきているとかは外的な事、この精神性を失うことが問題の本質だと思います。
侵略されつつある現在の日本ですが、日本と日本人とは何かを失わなければ必ず取り戻すことができると思います。

 しかし、日本人が本来持つアイデンティティーを失えば自ら崩壊していく。中国が崩壊するとかしないとかは外的な事です。
 現在の日本が抱える問題を解決する為にどうするべきか、その本質は日本人の志しを取り戻す事だと感じます。

護る会、その志しを受け継ぐ議員が増え、国民運動として広がるよう願っています。
人権問題に国境なし。【dpal451】
2019-12-01 12:56:42
連投御免。
今チャイナではウイグルでは100万人以上が強制収容所に入れられ、香港では正当な権利である自由や民主を求める市民が共産党に弾圧されている。
人権弾圧の事案には内政干渉は適用されない。もしかつてのナチスのようなユダヤ人虐殺が行われていることを知れば国際社会は断固として救い出さねばならない。
今起こっているウイグル人の弾圧、虐殺はある意味ナチスに匹敵する行為である。
日本の政治家がこれらに対し、知っていても声を上げないことは、一種の犯罪加担行為ではないだろうか。また正義を愛する日本国民を裏切るものである。
青山さんの発信がかろうじて聞こえますが、もっと議員有志が声を合わせて弾圧される人々の側に立って応援をしてほしい。それこそが日本の名誉である。
おはようございます【@hiroko】
2019-12-01 08:13:49
おはようございます。今日は札幌に来られるのですね。女性局へ参加してみたかったです。

北海道にも多くの問題や未来への課題が沢山ありますが、地元の方々と活発な意見交換を通して実りある素晴らしい会となります様心から願っております。

個人的には、道議の先生方に青山さんの熱い心をビシビシ注入してもらいたいと心から思っておりますが、道民一人一人が立ち上がらないと変わらないのが現実‥‥。
その末端で私も頑張ります。

お仕事とは言え、北海道で束の間であったとしても楽しい時期過ごして欲しいな〜。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ