On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-12-03 15:52:01
Comments (24)

この地味ブログが見られなくなっていたとき・・・

 ・・・ぼく自身も「最後には、とにかくぼくが生きて、みんなとじかに会うことだけが頼みだ」と考えました。
 だからやっぱり、神戸で逢おう!
 押してください。 そして、ぼくが生きているあいだに聞いてみたいことを書いて送ってください。

 ぼくとまだ一度も会っていないひとも、生で話を聴いていないかたも、だからやっぱり、神戸でお会いしましょう。
 ここを訪ねてください。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

12/13(金) のcozy up【よす】
2019-12-05 12:20:47
いつも貴重な情報 ありがとうございます。

その日は出張先のアメリカから
途中or一部参加と案内ありました。

楽しみです。
オンデマンド臓器【田野たにし】
2019-12-05 11:15:14
知らずして 移植を受けた 政財官
告白懺悔 国民許す


近年の不可解な日本の動き、日本社会の動き、その背後に窺われる緑色工作=メディカル・トラップとその対処法を五七五七七で表してみました。
ダブル ショック【リッキー】
2019-12-05 01:10:35
青山先生お疲れ様です。八田与一さんの生まれ変わりみたいな方が、アフガニスタンで活躍されてたんですね、全く知りませんでした。
中村哲様  心よりご冥福をお祈り申し上げます。

何気なくニュース23を見ていたんですが、オープニング映像で中村さんの活躍されていた映像が流れ、画面が切り替わり 何故か安倍総理が桜を見る会ではしゃいでいる映像が流れ、また中村さんの映像に切り替わりました。 よくもまぁ こんな姑息でいやらしい事できますね、ほんま 腹立つわ。  I N神戸かならず参加致します。
もっともっと話を聞きたい【夢テラス】
2019-12-05 00:52:52
青山さま
子供の頃から過去に幾度となく絶望感が自分の中にありました。
何故だろう?
日本の未来は本当にあるのだろうかと考えた時もありました。
この先日本は周辺の諸国から責められ続けなければならないのか?
日本の国はもうダメかもしれない。
その時、揺るがない態度で確かな資料に基づき冷静に発言するひとりの人物がテレビの画面に映っていました。
青山繁晴さんでした。
暗闇の中でかすかに一点の光がさしました。
もっともっと話を聞きたいと思いました。
今でもその時の気持ちは変わりません。

富士山の見えるところでも開催してください。
48万何某の一人の責任としてこれからもしっかりと支えていきます。
いっしょに考えました。【晴希のパパ、ナオキ】
2019-12-05 00:38:42
火曜日のふかざわよういちさんの講演会に参加させていただきました。

1番前の席でご著書を持っていた赤い服の者です。

虎刈りのいじりをしていただき、ありがとうございました。

息子の名前に青山さんのお名前をいただくほど憧れの人が目の前で話されいて終始、緊張していました。

日本、政治に興味がほとんどない同僚、友人を誘い、5人で参加しました。

帰りにみんなで普段の生活における抑止力、日本は負け方を知らなかったんだなと講演での話をしながら、とても良い講演だったと喜んで帰りました。

今後、いっしょに日本の未来について語れそうな予感がしております。

今回、青山さんをきっかけに私自身、初めて議員の講演会に参加して疑問に思ったことが5つあります。

1
なぜ、日本国旗がステージにないのでしょうか?

青山さんの独立講演会のステージにはいつも日本国旗があり、国旗が側にあるのが祖国のために働く者として、当たり前だと思っていたので、少し残念でした。

開会に先立って、国歌斉唱もあると思っていました。

同僚たちの横で声高らかに歌おうと決めて、少し練習していましたが、その機会はありませんでした。

2
青山さん以外、深澤さんやステージ上に初め座っていた議員の秘書の方々も全員ブルーリボンを身につけていませんでした。

青山さんが応援に駆けつけてくれる人だということで、深澤さんもつけていて、静岡県で拉致の疑いのある人のために、ブルーリボンをつけて拉致被害者救出の意思表示を常にしてくれている人だと思っていました。

終了後、深澤さんと立ち話で話せたので、なぜブルーリボンをつけないんですか?と聞いたら、あちこちにやってしまって忘れっぽいんで、つけていないとのことでした。

40年以上も離れ離れに暮らす家族を一日も早く再会させてあげたいと本気で思っている私にとってショックな言葉でした。

ブルーリボンってそんな粗末に扱う物なんだ。

なんでつけないのか、本当の気持ちはわかりませんが、忘れっぽいからつけてないという言葉を拉致被害者家族が聞いたら、私の家族は忘れられているんだと思い、深く悲しむだろうと思いました。

日本の尊厳と国益を護る会の皆様はブルーリボンをつけています。

私はその姿を見て、この議員たちなら拉致被害者を救出のために働いてくれると心強く思いました。

自由民主党の議員でもつけていない人が多くいるのはおかしいと思います。

国会議員、地方議員、秘書に至るまで、きちんと目で見える形で拉致被害者の全員救出の意思表示をして世論に問題提起をして欲しいです。

私は人が集まるところに行く際には、ブルーリボンをつけて私なりに問題提起をしています。


3
深澤さんのインターネットやSNSがなにも更新されていなく、今回の講演はたまたま事務所の前を通ったからわかりましたが、せめてご自身のホームページで発信して欲しいとお願いしましたら、アナログな人間なんで発信していないと言われました。

深澤さんがどんな仕事をしているのか今後も正直わかりませんが、青山さんが応援しているということで、選挙の時には応援しようと思います。


4
現場を歩くことを大切にしている青山さんのように、安全保障の専門家が原子力発電所に行くのは理解できます。
しかし、深澤さんはリニア新幹線の影響による水源確保するためにアルプスに行こうとしていたと言っていましたが、地質学者でもない政治家がアルプスに行って地下水源をどうやって調べて何がわかるのか正直、意味がわかりませんでした。


5
青山さんは神武天皇は大男で100歳以上生きたとなっているから本当はいないと思うと仰いましたが、私の意見は違います。

もちろん身長3メートルで100歳以上生きた人はいないと思います。

私は竹田恒泰さんの話を聞き、こちらが正しいと思いました。

わかりやすく解説されていて、会社の3代目社長がいて、初代社長がいない3代目社長はあり得ないということでした。

今上陛下は126代目。

126代続いているのに、初代がいない126代はあり得ないということです。

青山さんの仰った意味と私の受け取り方が違っていたら申し訳ありません。


今回の講演で私もいっしょに考え、疑問に思うことができました。

東京から名古屋へと飛び、なにかと飛ばされがちな静岡ですが、また静岡に来て講演してください。

その時はまた仲間を連れて参加します。

私自身も青山さんの生き方を目標に、我が子、晴希も青山さんのように立派な日本男児にさせます。

お身体を大切にしてください。

今後も応援しています。
日本はまだ「日本」でしょうか【たわわ】
2019-12-04 23:49:40
一度頭に浮かんでから、消せない日本の近未来があります。

専門知識があるわけもなく、何もかもズブの素人で、だからこそ世界を読み解く鍵が少なすぎて、妄想と一蹴されてもしかたのないことですが、自分の頭で考えた嫌な予感を書きます。

「今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄」と言われたりしていますが、私は
「一昨年の日本」の方が今のアジアを表しているように思います。
一昨年という時間に意味はなく、とっくの昔にということです。

なぜそう思うのかというと、アイヌや琉球という民族を利用して、日本の分断を着々と進められていることで、北海道に関してはあちこちの土地が買い占められ、開発されつつあります。

日本が法的になにも手を出せず、むしろ補助金などを引き出すシステムを構築して、日本のお金で国益を損ねると言いますか、相手をそれこそ補助している実態を止められずにいます。

北海道の大学教授など、日本人の逮捕などは韓国の「竹島方式」の焼き直しに思えます。いざ領土を侵略した際、手出しできないよう人質にする。

先に、人も法も緩すぎる日本への侵略を進めておいて、大陸と挟むと台湾や香港は、オセロのようにペロっと捲れる。そんな風に戦略を立てられているのではないかと思うのです。そうなった時、香港、台湾、日本だけで被害が済むのかとも思います。

さらに、すでに後ろにはロシアと北朝鮮が絡んでいて、もう自分達の取り分の話は出来ているんではないかとさえ思います。

占領した領土の取り分、予想してみます。中国6か7、ロシア3か4、北朝鮮1。
中国は南の方で、ロシアは北を欲しがるのではないかと思います。
北朝鮮は、竹島や対馬かな?
ズブの素人と打ち明けてますので、好きに、でも自分なりに考えて言っています。

TV、特に地上波は観なくなって久しいですが、こういうふうに考えていくと、保守と言われる方達でさえ、戦後、先読みが出来なくなってしまったのか、過激すぎて言えないのか、甘く温く感じます。

そして、皇室のことです。

NHKのアンケートで、女性、女系容認が多数との結果で、違いが周知されていないとよく言われていますが、知り合いの方の話を聞いていると、どうも一筋縄ではいかないぐらい、感情にもつれてしまっているように見受けられました。

まず、知り合いたった2人のサンプルですが、一人がワイドショーなどTVがすごく好きで、時事ネタで会話を楽しまれる方で、もう一人の方は相手に結構合わせる方です。
そこでの私の立ち位置は、話を聞きつつ、時折り参加して、ネット放送にも興味を持ってもらうことです。

皇室に関しては、とにかく聞くに堪えなくて。
最近ではパレードの話をし始めて、秋篠宮家をここで書くのを躊躇うような言葉で悪く言い出します。
それなのに、天皇陛下にはほとんど言及することなく、雅子様をやたら誉めそやすのです。
政治や宗教などの思想的なものではなく、新聞も購読されている方のようで、ワイドショーや週刊誌などでしっかり下地を作られてしまったんだろうという印象です。

秋篠宮家に話が移ると、特に個人的な思いになって、そう思う理由は、「血統」だというのです。

さすがに「ご兄弟だから同じでは?」と口を挟むと、紀子様を貶めて、そのお子様である悠仁様にまで悪口は及びます。

そして、愛子様は可哀想。もっと活躍の場をと。
それでも、さすがに天皇になって欲しいとは口にされませんし、民間でも雅子様の経歴と同じように海外でご活躍をとか、その辺りはご自身でもよく理解されていないように見えました。

本当は、ゆっくり慎重に女性、女系の違いなどを説明すれば良かったのですが、今までこういう話になった時に幾度か説明したことがあり、やっぱり受け入れられてなくて、今回ばかりはつい勝気になり、「このままいけば、世襲になりますよ?」「次期天皇に悠仁様がいらっしゃるのに、愛子様を天皇にしていけば、北朝鮮としていること変わらなくなりますよ?!」と言ってしまいました。ただし、平常心は失わず。
でもダメ押しに「あの国は世襲ですから。これじゃ、日本って近代化した北朝鮮ですよね。」と。

驚いた顔されたのは、少しでも私の言ったことと自分達が言ってる意味が繋がったと思いたいです。

先日、久しぶりに地下鉄に乗り、中吊り広告を見て、なるほどと思いました。
週刊新潮でした。
オールドメディアでこんな囲い込みをされていれば、知り合いのような考えになっても仕方ないと思えるような煽りでした。

上記に書いたことだけではなく、官邸に意見したり、沖縄や災害や、署名、個人的に続けている不買いろいろ…自分に出来ることをしているんですが、諦めるつもりもありませんが、もっと良い戦い方ってないものでしょうか。
黒子となりたい【タカヒロ】
2019-12-04 23:39:51
青山さま。虎ノ門ニュースも隔週になり、青山さんが苦しんでいるとき何もできずにすみません。私はずっと目立たないことを何より大切にしたいと考えています。仕事でも大きな何かを達成することよりも、後輩の悩みを聞いたり職場の雰囲気づくりをして目の前の人が幸せになれるようにしたいと思っています。そんな自分がこうして青山さんを応援するのは、まさに必要だと思い投稿しました。人は永遠に生きられませんが、それでも命を大切にしてください。
鳩山元首相の「香港人権法」批判が信じられない。【個人投資家のたかちゃん】
2019-12-04 23:15:50
香港以外でも日本人が不当に拘束されている今、こんな批判がよくできるものだ。ウイグル問題でもアメリカが動いているがやはり批判するのだろうか。習主席の国賓待遇は無く、招待も慎重にしてもらいたい。中国の経済が揺らげば他の事例が示す通り政権が崩壊するだろう。その時に恥ずかしい思いをしないですむようにしてもらいたい。
青山さんを護りたい「非公開にして下さい」【真木 陽子】
2019-12-04 22:51:53
 青山さんの身に大変な事が起こっているのでしょうか。いえ、起こっているのですよね。とても心配です。
 だけど、もう長く生きられないかもしれないかのような事を言わないで下さい。泣きたくなります。日本を救えるのは青山さんしかいないから。
 青山さんにはずっと元気でいて欲しい。そして私たち日本国民が知らなければならない事をこれからもたくさん教えてほしいのです。
 大学入試を控えた娘がいるので来年の4月までは動けませんが、それが終わったら必ず会いに行きます!青山さんと一緒に日本を護るために私たちにできる事を考えて行動します。
 青山さんの毎日に少しでも心体を休める時間ができますように。そして青山さんを護って下さいと、神様に毎日お祈りします。どうか、どうか、お身体を大切になさって下さい。
香港 ウイグル【トヤス】
2019-12-04 20:59:40
アメリカは確実に中国共産党へ色んな方法で圧力などかけているが
それを台無しにしたいのが日本という構図に見えますが与党は大丈夫ですか
動乱予兆・・中村哲医師、銃撃で死亡【鈴木 五郎(J-NSC会員)】
2019-12-04 19:53:32
アフガニスタンで銃撃された中村哲医師が亡くなりました。

アフガニスタンで長年、農業用水路の建設など復興に
携わってきた医師の中村哲さんが4日、
東部ナンガルハル州を車で移動中に何者かに銃撃され、
病院で手当てを受けていましたが、死亡しました。

地味、、、しかし 確実に砂漠を”緑化”に成功した努力
検索すれば分る”恐れべき”実績、、、
この事件を知って頂きたい、、、
中村さんの成した事を、知ってください、、、
そして 忘れないでください、、、合掌
グレタも共産党議員も「映える」から矢面に立たされる?!【fuukou】
2019-12-04 18:29:35
本日のよみうりテレビの夕方のニュースで「国連環境少女グレタ」がスペインにもヨットで上陸!と大阪が高潮被害の検証、を一緒くたに報道。
ホンマに自然災害イコール地球温暖化って乱暴な話やなァ〜
先日、書店で「グレタの本」を見かけました。書いたのは大人でしょうけど・・・
当然、彼女の写真が表紙を飾ってる訳ですが、やっぱり目を引くんですよね〜
あの、特徴的な目元、と言うか眼差し?がモノ言いたげな感じが。
彼女を担ぎ上げた、あの界隈の大人達は、その辺を見込んでたのかも〜
で、幼稚園化が著しい国会の花見紛争、最初は「これ誰や?」だった共産党議員。
今やマスコミとの共闘で、すっかり桜を見る会の「顔役」です。
使い古された感の元民主党議員連中よりも、特徴的な個性?のあの議員の方がインパクト大(笑)
民衆はそう言う「シンボル」を欲しがるものだよ〜ってか?
全く、こんな「子供騙し」が罷り通るとは・・・
!【一市民】
2019-12-04 17:57:39
青山さん!こんばんは!

青山さんの問題提起のおかげで日々暮らせています。

昼間闊歩をしておりましたら、中学生の団体とすれ違いました。元気よく皆「こんにちは!」と言ってくれました。日差しが眩しくて渋い顔をしていたわたしは残念な大人です。もちろん「こんにちは!」と言いました!
皆に、青山さんのことを知って欲しい!と強く思いました。

ぎーんになってより多忙な青山さん、ぎーん後には小説執筆が待っていますよ!

そしてこれからも国士を育ててください。

生きてください^_^

日々心より応援致しております!

一市民☺︎
ぼやき【井坂 敏之】
2019-12-04 17:42:17
日本はフルブライト奨学金などと言ってなぜ反日歴史学者にお金を渡すのだろうか?

これは一例で
他にも同様の間違った資金の使い方をしている

国民から消費税だけ取り上げて自民はどういうつもりだろう
もちろんさくらの会の話をする野党はまさしく野盗同然。

すでに消費税を下げる話はなく(情けないことに某野盗1党のみ)
明らかに庶民のデフレは進行しています。

日本政府は必要なものにお金をかけず、
企業(経団連)は終身雇用を
機微が切りやすいように廃止したい?(ように見える)

崩れる経済。本当に先が暗くなります。

ぐち御免、深謝。
訂正【匿名希望】
2019-12-04 14:33:54
エキストラ→脇役
       です。訂正します。
平成【匿名希望】
2019-12-04 14:02:22
中曽根元総理が亡くなられたとき、ちょうど『平成紀』を読み終えたところだったので、中曽根さんがお土産店でぬいぐるみを手にとったシーンが思い浮かび、なんとも言えない気持ちになりました。
チラッとみかける人がいなくなってしまった、悲しいまではいかないけど、少し寂しい気持ちです。

「ひとつ、昭和が終わった」
と思いました。

中曽根さんがご活躍されていた時分は、小学生だったので、ご功績をよくは分かっていません。


青山さんの『平成紀』を読んで、筆者がいちばん描きたかったのは、昭和から平成への御代替わりの瞬間と舞台裏、じゃないのかなぁと感じました。
元号を重要なキーとして、日本国の長い歴史のひと瞬間を純文学として記しておきたかったのでなないでしょうか。
まさに、題名『平成紀』です。

天田原と楠は結ばれなかったのですね。
楠は青山さんの姿が見え隠れしましたが、この物語ではどこか登場人物の息遣いを感じませんでした。
あくまでも「御代替わり」が主人公で、他はみなエキストラのようでした。


こんな人物を描きたかったんだ、という人が主役の青山さんの本をぜひ読んでみたいなぁ、と思いました。


PS、先日はご迷惑をおかけして、本当にすみませんでした。
女系天皇は偽天皇【広島 63歳中小経営 岡本英樹】
2019-12-04 09:35:39
残念です!年末ですが、土曜日も仕事があり、終わって神戸に行くとなると、神戸駅前には大幅に遅刻して5時前に到着となります。従業員の給料確保のため働きます。次回、日曜日開催を待ちます。
虎の門ニュースで上念司さんがおっしゃって居る「2000年の伝統を守る、だめなら男系、それでだめなら直系」「女系天皇は偽天皇」がシンプルで素人にも憶えやすいです。
さらに、女系なる物は存在しません。簡単です、ある人男性Aの配偶者の義理の母親のX染色体は、Aさんの娘さんに行く確率は50%女性X染色体系列が保たれているか否か外見ではわかりません。100%母系をたどる事が出来ないのです、よって女系は存在しません。
みっともなく【なつ】
2019-12-04 03:46:43
青山さん。
今、年甲斐もなく受験勉強してるんです。所謂学び直しのため。
それが一段落したら、絶対に絶対に独立講演会に行くんだと心に決めています。
iPS細胞について【日本大好き主婦です】
2019-12-03 21:01:52
山中伸弥教授のiPS細胞の研究、なんとかなりませんか。この研究は日本にとって、大切な宝物じゃないですか。なぜ、支援を打ち切るのでしょうか。
今年もお会いできません。。【YUMZ】
2019-12-03 20:22:11
青山さん。私は普段はイギリス一年に一度神戸へ里帰りをしています。毎回、今回は青山さんに会えるかなぁと期待して帰国していますが、後5日で向こうへ戻るので今年も残念ながらタイミングが合いませんでした。
講演会に行ける方がとても羨ましい。。
青山さんの発信されているネットや書籍など、できる限り追っかけています。いつかお互いの体温が伝わるくらい近い距離でお会いして(できれば一緒にビールを飲みたい)、ハグしてもらう事を夢見てまた少し向こうで頑張ります。
だって〜「側室制度」が無いから〜が、女系天皇推進派(皇室破壊活動家?)の殺し文句だ!【fuukou】
2019-12-03 19:10:46
いや〜お陰様で、リアルタイムで書き込み出来ます(笑)
本日のよみうりテレビの夕方のニュースで、女系天皇と女性天皇の違いを徹底解説?してました。
と、言っても〜最初から「ストーリー」有りきの様で・・・
世界から畏敬されてる男系皇室も、ここまで続いたのは「側室」があったからで、昭和天皇が戦前に「側室(大正天皇も側室は居なかった)」を廃止して、即位の礼の令和と平成の男子皇族の人数がこんなに減少した。イギリスは女系王室。そもそもヨーロッパは女系が多い。日本が女系天皇になるのは自然の流れで必然だ・・・
スタジオで各々がコメントしてても、そんなストーリーが自然と浮き彫りになってました。
そう、最後まで「旧宮家にこれだけ男子が〜」や「宮家復活の可能性は〜」と、宮家の「みの字」も出ません!
皇位継承には過去に「側室制度」よりも色々と方法が使われてますよね?
とにかく、側室なんかに負けてられませんよ!
そうでしたか‥【大阪府 在住】
2019-12-03 18:26:57
ブログを見ることができなかった間、
いろんなことが頭の中を巡りましたが‥
とにかくブログは見れなくても
青山さんが無事で居て下さればとだけ願っておりました。

自分に何ができるか‥
今、こころがざわついています。

青山さん、ありがとうございます。
青山さんに逢いたい【惠夫】
2019-12-03 17:06:07
青山さん
何が何でも会いに行きます
神戸 大好きなところです
とっくに…【くるるん】
2019-12-03 16:54:11
押しました!
早くお話をお聞きしたいです。

気をつけて行ってらしてください!

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ