On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-12-05 23:17:31
Comments (16)

護る会は今、何を問いかけ、投げかけているのか

▼護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) は昨日、12月4日水曜に、定例の執行部会を開きました。
 行政経験がありアイデアマンの山田宏幹事長の発案で、どれほど忙しくても、毎週水曜に執行部会は開くように決めているのです。
 モチベーションを保つためであり、強固な連帯を維持するためです。
 今回も、山田幹事長 ( 参 ) 、長尾敬・副代表幹事 ( 衆 ) 、鬼木誠・副代表幹事 ( 衆 ) 、高木啓・事務局長 ( 衆 ) 、それに代表幹事である不肖ぼく( 参 )の執行部会5人が全員、出席しました。

▼いつも冷静な司会をなさる高木事務局長の仕切りで、議論を進め、ぼくから報告事項や問題提起も申しました。
 たとえば・・・
▽新規入会を希望される議員をめぐって、そして50人に迫っていく護る会の陣容について。
▽地方議員、国民の参加をめぐって、その具体案をそろそろ決めていきたいこと。
▽皇位継承をめぐる大切な基本を国民に広く知っていただくためのマンガが、ぼくのあまりの多忙のためにやや遅れていて、1月の出版予定が2月にずれ込むかも知れないこと。
▽「皇位継承の安定への提言」の英語版をつくったので、それを「案」として、まずは執行部の全員に配って意見を聴くこと。(これはいずれ行部会で決めたあと、総会に諮って最終決定し、何らかの手段で海外メディアに伝える予定です)
 ・・・などなど。

 ほかの執行部メンバーからは以下のような提起がありました。
▽街頭演説を実施してはどうか。
▽いや、街頭演説より護る会のネットテレビを開設すべきだ。
▽護る会の「皇位継承の安定への提言」を題材に、自由民主党の全議員に呼びかけての勉強会の開催を急ぐべき。
 ・・・などなど。
 
▼しかし、きょう一番の議題は、中国の習近平国家主席を国賓として日本に迎えることは現状では到底、容認できないことです。
 護る会は先に、「国賓に反対する」と明言した緊急アピールを総会で採択し、岡田直樹官房副長官を通じて安倍晋三総理に渡し、二階俊博幹事長をはじめとする自由民主党首脳陣にも渡し、記者会見も行いました。
 しかしアピールすればいいということではなく、現状を打破するのが目的です。
 そのために何をすべきかを、5人全員で侃侃諤諤 ( かんかんがくがく ) 、護る会らしく自由に、しかし前を向いて議論しました。
 まずは近々に、次の段階のアピールを出すことになるでしょう。
 だけども今夜は、執行部のぼくらも驚いている動きをちらり、お伝えしておきます。
 
▼それは、閣僚経験者ら長老クラスの議員が何人も、護る会の緊急アピールに深い共感を表明されていることです。
 なかには、自由民主党の最高意思決定機関にて、国賓の来日にはっきり反対する意思表示をなさった議員も居ます。
 まず、護る会メンバーの原田義昭・前環境大臣が、すでに総務会で反対を明言されました。
 そして護る会メンバーではない武見敬三・前参議院自由民主党政審会長が、不肖ぼくに直接、「あのアピールを支持します。既に支持する声が党内に多いけど、もっと広がるように協力していきます」という趣旨を仰いました。
 さらに、まさしく大長老のひとりで、護る会メンバーではない閣僚経験者も支持なさり、こうした方々が近く、共同で、そして護る会とも連携して行動を起こすのではないかという話も聴いています。

 護る会は、オールドメディアから勝手に「若手議員のグループ」とも言われました。
 この場合の若手とは、年齢のことではなく、当選回数が少ないということです。
 この決めつけの底意は、「どうせ何も影響力を持つはずがない」という決めつけなのです。
 実際は、6月20日に発足した護る会は、常に謙虚な物言いの高木事務局長が今日の執行部会で「護る会がやらずにどうする。護る会にしかできないことがあります」と断言なさるようなことになっています。

▼不肖ぼくは今夜、まだ仕事のさなかにあって、ふと思うのです。
 護る会のゆく道は、茨の道そのものです。国賓の見直しひとつにしても、まったく楽観できることはない。
 二国間の外交で既に決まった接遇を見直すなんてことは、外交プロトコル ( 儀礼、取り決め ) からして本来は全くあり得ません。
 それを覆そうとする、ふつうなら考えられない試みが護る会の行動なのです。
 そしてこのエントリーは、以下をいちばん、みなさんに語りかけたい。
 もしもぼくが国会に出ないでおのれの人生を守っていたら、あるいは、意見の合わないところが多々ある自由民主党ではなく、楽に議員生活を送れる無所属の議員でいたら、こういう試みは決してできなかった。
 そこです。
 困難のさなかへこそ、入っていく。
 それが、生きることだ。

★オフ・ザ・レコードの独立講演会@神戸では、さらに遠慮なく赤裸々に話します。
 来てください。逢いましょう。
 明日12月6日金曜の正午に、応募〆切が来ます。
 ここです。またはこのボタンです。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

中国の習近平総書記の国賓としての扱いに反対します【峰村芳春】
2019-12-17 11:39:16
現在、南米のチリに、家内と2人で住む、1944年生まれの者です。日本にいた時以上に、日本ならびに世界のニュースを見ています。最近の日本のニュースを見ていると、何か違和感を感じます。特に、来春に迫っているタイトルの件は、どう考えても納得がいきません。正気の沙汰とは思えません。これを決めた人たちは、今、中国が何をしているのかを知っていないはずがありません。それでも、どうして?また、日本国民の間で、何でもっとこの件に関して、議論が盛り上がらないのか不思議です。
これで良いのだろうか【Joey】
2019-12-07 01:27:05
僕みたいな最下層の人間でも上手くいかないことだらけですが、
国政に関わる方は想像できないくらいのプレッシャー、妨害、抵抗などあるのでしょう。

フォーリンポリシー誌によると、在日米軍の経費負担額要求が80億ドル(今の4倍)だそうですね。
日米FTAでも殆ど日本にはメリットが無いのに受け入れるのを不思議に思っているようです。

国民に表沙汰にできないことがあるにせよ、どんどん生活や健康維持がキツくなるのが容易に想像できます。


歴史を勉強するようになって世界のことが少しだけ分かるようになると、
日本人は昔からお人好しと言うか、交渉が下手ですね。
戦争で命を賭して下さった方のことを考えると、これで良いのだろうかと思います。


↓の言葉は、手帳に書き写します。

>困難のさなかへこそ、入っていく。
 それが、生きることだ。
一緒にがんばります【春李】
2019-12-06 16:06:24
『困難のさなかへこそ、入っていく。それが、生きることだ。』

青山さんのお言葉、『護る会』のご活動に感銘を受け続けております。

『護る会』に参加出来ます日を、待っています。
公文書破棄の政権と世界に報道された【関西在住】
2019-12-06 14:48:36
日米貿易協定が国会で自民党、公明党、日本維新の会により強行可決されました。

国会招致の参考人と野党議員が指摘した懸念、つまり農業の減産について政府が試算をだしていない、国内畜産業が安いアメリカ産牛肉の流入により打撃をうけ、日本の食料自給率は、さらに下がり、食料安全保障が守られないこと、WTO違反の貿易協定の指摘にも関わらず、承認されてしまいました。アメリカは追加交渉項目に、医薬品・医療機器分野もあげており、必ず国民の負担する医療費は上がるでしょう。報道管制があるのか、国会承認前に内容について新聞テレビで、ほとんど報道されませんでした。ネットでは専門家の記事も読めますので、ネットで情報を入手する世代を中心に絶望の声が広がっています。

桜を見る会の参加者名簿の破棄は、公文書を破棄する安倍政権という内容でワシントン・ポストが広く世界に報道しました。軽い問題とする意見もあるようですが、世界の論調は公文書破棄を批判しています。野党議員は正式な手続きをとって予算委員会の開催を申し入れしていますが、拒否しているのは自民党です。

他国との貿易協定は、日本では憲法より上位に位置づけられますので、もっと広く報道され、国民が議論できるようにするべきでしょう。日中韓FTAの協議も始まりました。自由貿易協定を締結して3カ国が一つの経済圏になる試みです。政治的に対立するのは表面的なものですか?二重基準が多くて混乱します。
安部首相の「習近平国家主席を国賓として招き入れる」に断固反対【ks19561005】
2019-12-06 13:02:49
アメリカでは、「香港人権法」が可決され、トランプ大統領もこれに署名し成立した。また、「ウイグル人権法」も間もなく成立される方向にある。

一方では、香港において、反政府デモに参加する若者だけではなく、記者なども無差別に暴力を受け逮捕されている。これに関わる死者の数は、計数不能(50名とも100名とも)な程に多数に至っている。また、逮捕された方々の殆どは拘束されたままであり、おそらくは中国本土に移送され、「再びデモに参加しない」様に「中国共産党の洗脳教育」が施されていると推測される。その収容施設は、もしかしたら、「ウイグル人収容所」かもしれない。ウイグルの人権侵害と同様であり、「天安門事件」が、再び香港で起こっていると言い切れる。彼らが「臓器狩り」の対象にならないと、誰が言い切れるのか。

イギリスでは、「中国の臓器狩りは有罪」の最終判決が下った。その他にも、ファイブアイズを中心に、中国の人権批判が活発化している。オーストラリアでは、中国共産党スパイを自称する方が、亡命申請している。中国人自らが、「中国共産党は醜い」と言っている。

なのに、日本では、その最大の首謀者ともいえる習近平国家主席を、国賓待遇で招き入れる予定なのだ。その汚れた手を、天皇の手に触れさせようとしている。

過去にあった「天安門事件」のその後の日本の対応が、世界的非難を浴びた事を、安部総理が知らぬ訳がない。加えて、天皇の御権威を利用するとしているならば、もっての他である。靖国神社には参拝しないのに、天皇を政治利用としている・・・と言われても仕方がない。

ならば、知った上での判断とするならば、もやは今の日本に「安部政権」要らない。憲法改正ができなくとも、北朝鮮による拉致被害者が戻らぬとも、アメリカや中国との経済摩擦が起きようとも、日本の経済がどん底に落ちようとも、

今の安部政権は要らぬ。

日本人の心には、貧しくとも助け合う優しさと忍耐強さを持っている。縄文時代から続く「原始共産主義」と言っても良いし、「令和の心」とも言える。今の安倍政権は、この「令和(Beautiful Harmony)の心」を失ってしまっている。あるいは、何かの交渉カードに用いようと考えているなら、尚更問題は大きい。人の命を交渉カードに使うべきではない。それでは、北朝鮮と全く同じ。

最後になります。青山議員が代表を務める「国を護る会」を本気で進める心構えなら、本件の取り止めこそが、最優先事項なのではないですか。本件が取り止められるならば、日本が中国に支配されようとも、アメリカの属国になろうとも、どんなに貧乏な国になろうとも、甘んじてそれを受け入れます。

本件は、日本国内の問題ではなく、地球に存在する全ての人類の人権問題である事を、ご自覚下さい。
中国/国家主席の国賓招待拒否について【山嵜邦弘】
2019-12-06 10:04:02
 護る会が、中国・国家主席を国賓として呼ぶことに、反対表明を、安倍首相にしていただいていることは、重々承知しており、感謝しております。
 しかし、やはり、中国の国家主席を国賓として招くことは、日本の世論を二分してしまうかも知れないと、大いなる危惧を感じています。
 どういうことかと申しますと、中国の臓器移植は、常軌を逸しているどころの騒ぎではありません。ヒットラー以上の残虐さではないのでしょうか?
 アメリカが、世界がこの不法な臓器移植に対して非難の声を上げ始めているこの時期に、このことが、天皇陛下の耳に入らないはずがありません。
 ヒョッとすると、天皇陛下は、その専門家を呼ばれて学修なさっておられるかも知れません。
 恐らく、外交官であった皇后陛下とも相談なさることでしょう。
 そして恐らく、『国賓として招くのは間違いではないのか? 私は、日本国と国民統合の象徴として、面会して良いのだろうか?』と、悩まれるのではないかと思っております。
 そうでなければ、申し訳ない言い方ですが、天皇陛下はロボットと同じです。国から指示されたことは実施しなければならないとしても、もし悩まれないならば、国民の象徴ではあり得ないのではないかと思ってしまいます。

 このまま国賓として招待した場合、第一のケースとして、天皇陛下が、面会を拒否されるのではないか、ということであります。
 そうなった場合、恐らく日本国中が、賛否の嵐に巻き込まれてしまうでしょう。国家行事に対して、天皇陛下が自分の意思を表明して良いのだろうか、と。
 でも、このケースの場合、宮内庁が天皇陛下に進言して、面会拒否をさせないであろう、ということが推察できます。

 そのときは、第二のケースとして、天皇陛下が、直前に体調を崩して、面会できないという事態が起こるかも知れません。
 ここまで来ると宮内庁も、無理を押して面会しろとは言えないことでしょう。
 現皇太子殿下が面会されることになるでしょう。
 しかしきっと、天皇陛下が面会を拒否されたという情報は、どこかから漏れることでしょう。
 そして、天皇陛下が面会拒否を表明された時と同じように、大嵐が吹き荒れることでしょう。

 第三のケースは、そのまま面会をされるケースです。
 この場合は、普段、もの言わぬ国民が、天皇陛下を敬愛してやまない国民が、『天皇陛下がなぜ、唯々諾々と、臓器移植で血みどろの手をした中国・国家主席に会われたのだ!』と非難の嵐が起こるかも知れません。
 天皇陛下に対する敬慕の念が、極端に低下するかも知れません。
 地方行脚された時に、疑問の声が飛ぶかも知れません。

 私としましては、政府が強行するのであれば、天皇陛下に拒否していただきたいと思っております。
 それでこそ、我らが天皇、我らの象徴天皇であると思ってしまいます。
 もしそうして下さるなら、天皇陛下ご自身は、賛否の嵐に身を置かれ、大変なことになるかも知れませんが、私個人としては、天皇陛下のそのみ心を大いに大いに讃え、敬愛したいと思います。

 しかし、こんな環境に、日本政府は、天皇陛下を押し込めるのですか?!!
 あの、即位式での、天が讃えた、雨がやみ、虹が現れる現証は、一体、何だったんですか?
 安倍首相の、即位を悦んだ言行は、政治利用の一環だったのですか?
 どんなことが起ころうとも、国賓招待が実現したら、日本国の天皇陛下像は、二つに分裂してしまうのではないかという気がしています。
 当然、皇位継承論議に、大いなる影響が出てくることでしょう。
 『ウイグル人を初め、罪もない人々の臓器を取り出して、真っ赤に汚れた中国国家主席の手と握手をされた天皇陛下を、我々国民は、象徴として仰ぐのか? 仰がねばならないのか?
 そんな天皇に、万世一系なんかに、意味がないのではないのか? どうでも良いのではないのか?』
 そんな世論が出てくるように思えて、仕方がありません。

 今、この国賓拒否を真剣に推進して下さる方は、青山さんをおいて他にいないという思いから、書かせていただきました。
 気に障る部分があれば、お詫びいたします。
森ゆうこ氏の民間人への誹謗中傷、人権侵害、個人情報公開【あんぱん太郎】
2019-12-06 09:58:18
森ゆうこ氏の官僚へのパワハラ、捏造記事引用での民間人への誹謗中傷、人権侵害、個人情報公開、ツイッター時間改ざんでの追及、自衛隊イベントで一人だけ傘等々・・・

塩崎恭久議員が少し言及しましたが
多くの与党自民党議員はなぜだんまりなんでしょう?

長尾議員が「いろいろやっています」と数週間前にネット番組でおっしゃっていましたがその後音沙汰ありません。


いったいどうなっているのでしょう・・・
動じたくないけど【野末幸弘】
2019-12-06 09:45:02
青山さんのブログが見られなくなった時は不安が一気に迫って来た思いでした。
なんせ、青山さんの情報の重要さと言ったら自分には比類なきものですから。

野党連中は40日間の国会延長を要求?
明鏡止水でいましょうと青山さんはおっしゃいますが、私には我慢も限界。
見ているわけでは無いテレビですが、くだらないニュースが毎日毎日耳に
入ってしまい、その度に頭爆発、血圧上がりまくります。
先日は県知事がこの会に一回しか出ていない、それもいやいや出た体にして
お決まりの国政批判をアピールしていることに憤慨しました。
なぜ、国益を侵している国会にこそ物申さないのでしょう?
我が県の知事はリニア工事問題で威丈高に官僚を罵倒したというお方。
せめて、こちらの問題を国会でとか言ってみろと思いました。

拉致問題に進展が無いのは国民の関心が薄いからでしょう。
国民の強い意志を喚起させることがあなたたちマスコミの仕事じゃないのか!
と思うと怒りばかりがこみ上げて来るのです。
日本の尊厳と国益を守る会を始め、自由民主党の部会など青山さんのブログで
知ると、これが国会議員の仕事、真剣に取り組んでいらっしゃる議員が多いのを
頼もしく思う反面、さもしく低レベルな野党議員が跋扈する様を嬉々として
垂れ流す大マスコミは汚物を見るが如しです。
一部野党議員よ、天に唾して悪臭を放つご自分の顔を鏡で見てみなさいよ!
私たち国民は時には思いっきり怒ってもいいんじゃないかなと思います。
このままでは、日本は政治的には低レベルな、世界を見られない国民として
定着してしまうのではないでしょうか。
こころは[護る会]とともに。【大阪府 在住】
2019-12-06 08:15:31
青山さん、
いつも芯の発信をありがとうございます。

さまざまな困難はあるとはいえ、
しっかり希望の光は見えていると感じています。

こころは[護る会]とともに‥

自分にできること、コツコツと積み重ねていきます。
初めて投稿させて頂きます【TSK65000】
2019-12-06 07:15:10
習近平主席の国賓招致に、一国民として強い危機感を持っています。
安倍首相とはもとより、習近平主席の国賓招致を当然のことと公言している二階幹事長とも、
この際なるべく早い時期に「護る会」として膝を交えて直接侃々諤々と議論をし、「真意を質す」ことが必要なんじゃないかと思います。
もしも私たちの知らない水面下で話が進んでいるのでしたら、お詫び致しますm(__)m
元安倍首相の言葉【焼肉マン】
2019-12-06 06:35:06
2009年に鳩山由紀夫政権は、副主席として李克強と主席の座を争っていた習近平を1ヶ月前申請のルールを破って無理矢理先帝陛下と会わせて習政権誕生を後押ししました。1998年には加藤前幹事長が主導した江沢民訪日では、陛下の前で戦争の反省を要求するかのスピーチをさせてしまい、中国の反日を実質的に是認しました。

来年桜の咲く頃とやらの情景が目に浮かびます。陛下を見下すかの態度を見せ、永久の友好を口にしながら我が国に対する永遠の馬乗りを宣言する中国国家主席。保守は安倍さんを見限り、マスコミ野党はここぞとばかりに倒閣の動きを強めるでしょう。

船橋の温泉調査会社の方が何の罪に問われたかもわからないのにスパイ容疑で15年の懲役を受けました。王外相がぞんざいに周恩来風の握手をしに来日しましたが、脅しだと確信しています。

あの所信表明で、外務省が書いた短冊をそのまま読み上げたからこうなったのでしょうか?或は自民党の中国利権派にたいする配慮。それともいま仲良くしておかないと、米国が中共を崩壊させたときに移民受け入れという形で責任を取らされるから?どのような理屈を考えても、なぜ国賓待遇を早々に約束したのか本当に理解に苦しみます。安倍さんの自虐癖につき合わされて自虐史観を確定させられ、自由と民主に背を向け世界から孤立する。中国に取っては一石何鳥あるかも判らない位ですから、どんな手を使っても実現させようとするでしょう。

国賓待遇だけは取り返しのつかないことになります。首相は消費税の時のように「首相と言えども風は変えられない」みたいな言い訳をして、誰が決めたか正体を隠すつもりでしょうか。「民主党の小沢一郎幹事長、鳩山由紀夫首相が国益ではなく自分たちのために今まで守ってきたルールを破った。天皇陛下を政治利用したと断じざるを得ない。今からでも遅くないので、中国側に取り下げてもらうよう要請すべきだ」これは誰の言葉でしょうか。他ならぬ当時元首相だった安倍さんの言葉です。
打破【一市民】
2019-12-06 05:51:46
青山さんおはようございます!

異例があっていいこともあるのでは、

よい前例になります。

護る会のネットテレビ、是非観てみたいです!

今日も頑張ってください!
勝って兜の緒を【山上俊明】
2019-12-06 02:08:07
護る会
50名に迫ろうとする勢には感服する思いです
が、獅子身中の虫が湧く可能性も秘めます
部会と同じく籍だけ置く輩や内通者
正に身を引き締める時期に差し掛かって来られたのではないでしょうか
会の成功を心より御祈り申し上げます
護る会が伝える自発性【sakiko】
2019-12-06 01:31:17
青山さんは、個の人生は壊したのかもしれないが、日本を基礎を造り直している。
若手。日本人の根底に在る強靭さに恐れを成す人たちの、必死の心理操作ですね。
護る会の行動は、日本人が ”協調を善とするから声を上げてはいけない” と間違った育ち方をしたことに気づく指針です。

決まったことでも変えられる。変えられないのがおかしいと言えるのが当たり前。
先陣を切ってそれを誰かがやり始めると、ほんとうは今の日本が違うんじゃないのかな、
と思っていた若者でも、声をあげたり、賛成できるきっかけができると思います。
だれでも、ネットを通じてなんとなしに真相は知っています。
会社でぽわーんとした新卒1、2年の社員に、雑談混じりにさらっとニュースの話を聞いてみても、
皆ほんとうは何が正しいのか、ちゃんと感じているのです。
ただ、それを声高に言うと、周囲に堅苦しい人だと思われてしまうから口にしない、それだけです。

年齢性別関係なく、誰もが毎日、ネット上で真偽の比較をするのが常態化しています。
皆「自分だけは本当のことを知っている」と、思っていたいのです。
期待しています!【保阪はるか】
2019-12-06 00:29:20
はじめてコメントいたします。
護る会の皆さんの活動に、大きな期待をしています。
日本の為に、よろしくお願いします!
「護る会」にますます期待!【しきしま】
2019-12-06 00:20:45
日本の行く末に関して、一部の保守の方々(中には偽装保守もいるかもしれませんが)から悲観的な声も聞こえる中、「護る会」の存在は一抹の希望です。

そう言えば今日(と言っても日付変わりましたが)のプライムニュースのストレートニュースのVTRで「英語の民間試験」に関するものがありましたが、それに関する自民党の会議のシーンで青山さんがチラッと映ってました♪
そちらの分野でもご活躍なんですね。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ