On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2019-12-14 06:24:19
Comments (7)

とりあえず大役を終えました


( 実に第100回、つまり100年目を迎えたアメリカ地球物理学連合、AGUです。世界から地球物理学と宇宙科学の最先端の学者たちが毎年、2万数千人も集まります。ことしはもっと多いかも。あとで発表を待たないと分かりません。ここは、いわば第二会場です。第一会場、つまり口頭発表が主なメインの戦場は、この隣の国際会議場です。こういう巨大な会場が3つほど、隣り合っていて、すべて学者・研究者で満杯です )


( 不肖ぼくの発表の前夜、世界の学者と懇親です。アメリカ、スイス、ドイツ、フランの学者が集まっています。ぼくの隣は、ブータンで急逝なさった福岡浩・新潟大学教授が紹介してくれたアイラさんというアメリカの学者です。寒いシスコで毎年、アロハです。ぼ、ぼくの前だけビールの瓶が多い。ちなみに、この写真を撮ってくれたのは盟友の渡邊九州大学准教授です )
 ( 隣り合ったテーブルは、青山千春准教授が率いる東京海洋大学の研究者、学生と、それから独立総合研究所のメンメンです。AGUにおける今年のポスター発表は、海洋大と独研のコラボで行われました。これはまたあとで、写真入りにて速報をアップします )

▼サンフランシスコ時間の12月13日朝9時半から、アメリカ地球物理学連合 ( AGU ) の海洋科学部門での口頭発表を無事に終えました。
 実は大役でした。
 この22年間のメタンハイドレートに関する自主研究、すなわち政府がやらないから自分たちで、自費で、日本を自前資源のある国にするためにやってきた研究を、よちよち歩きから現在までを、ある意味、すべて総合し、それをわずか15分間の発表 ( AGUの口頭発表はどんな大学者、世界的権威でも平等に15分間が上限という非常に厳しいものです ) にまとめ、しかも最新の、それもほかの研究にない成果を盛り込まねばならない発表でしたから。
 脱私即的。
 上手くやろうとしないで、ありのままのおのれの勝負で、練習は当日の朝の30分ほどだけで本番に臨みました。
 また詳しいことは、公開部分を12月23日の虎ノ門ニュースにて、オフ・ザ・レコード部分を独立講演会 ( 18日から1月25日の東京開催の募集を開始します。ここです ) にてみんなと対話しながら伝えます。
 発表のほぼ全文は、裏話を含めて、クローズドの完全会員制レポートの東京コンフィデンシャル・レポート ( TCR、ここです ) で伝えます。

▼肝心の発表している写真がありませんが、これは写真をアップすると、横倒しだったり、上下逆転しているという問題がこのブログに頻発しているからです。
 たまたま問題の起きなかった写真だけ、まずは、アップしました。
 ぼくにはさまざまな妨害が頻発しますが、これはたぶん違うと思います。
 同時に、妨害のすべてについて治安当局が捜査しています。容疑者の特定についても連絡がありました。

▼そして、いまシスコにいても、わくわくなのは、24日のイヴから都内の大型書店に、そして全国の書店には26日から、滅多にないペアになっている新書が2冊、同時に並びます。
 2冊とも、予約が始まっています。
「日中の興亡2025」は、たとえば、あくまで例えばですが、ここです。
「その通りになる王道の日本、覇道の中国、火道の米国」は、これも例えば、ここです。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

自前の資源を、早く!【くるるん】
2019-12-14 21:50:11
青山さんの行動力はすごいです。
他をあてにせず、ご自分で進んで行かれる。
ただ祈る思いで見守っております。

日本は資源のない国だと聞かされて来ました。
しかし、メタンハイドレートを見つけて下さいました。
1日も早く、活用されるようにと願います。

その一方で、手に入らなくなったものがあります。
日本製のパソコン、電卓、電球、電源タップ、などなど。
身の回りのほとんどの物が、気づいたらC国製です。

電気屋で国産パソコンをさがしましたが、全くありませんでした。
ほぼ10年前に国産であった富士通のノートパソコンを買いましたが、
ウインドウズ7のサポート終了に伴い、買い換えることにしたのですが、
お店の人に、国産パソコンはありませんと言われてしまいました。

C国製のパソコンは、何が仕込まれているか全く信用できません。
すべてが筒抜けになったり、何か仕掛けられるのではないかという疑い・おそれを
抱かずにはいられません。

100%純国産のパソコンはあるのでしょうか?
それさえ分からなくなってしまいました。
いつのまにか、C国製のものしか手に入らなくなってしまったようです。

何かを購入するときは、必ず国産かどうかを確かめています。
トイレットペーパー、ティッシュペーパー、鉛筆、ボールペン、食品、など。

こわくてパソコンを使わなければ、青山さんの情報を見ることができなくなりますし、青山さんのブログに投稿することもできません。
どうしたらいいのか、頭を悩ませております。
Brexit【Tikaraka tune】
2019-12-14 20:19:04
英国民はやはり合意がなくともブレクジットの意思を通す事を改めて決めた選挙となりました。コービン氏の政策案はリアリティーに欠けジョンソン氏の圧勝に拍車をかける事にもつながりました。国民の意思は決まったもののこれから短期間でどう勧めていくのか、経済がどのくらいまで悪くなるのか。ハンガリー人の友人は英国に来て15年50代独身女性ですが、経済が悪くなれば他国に移動を考えざるを得ないと言っています。医師をしている友人はインドで10年働いた後、15年前に英国に来てグレード1からやり直し子供を2人育てあげブレクジットにより仏ヘ移動する事を決めました。英国では医師であっても英語が聞き取りづらい、アクセントがひどくわかりづらい人は多く、英国人(白人)の手術スケジュールはいっぱいでも有色人種の医師のスケジュールには余裕があるというケースも多々あります。教育の現場でも移民の先生方が多い学校も沢山あります。これ程多様多文化の社会ではブレクジットをおこなってもどこまで英国主権を取り戻せるのか先は不安一色です。日本も外国人が占める割合が英国と変わらない事をよく知ってこのままで本当に良いのか考えるべきです。雨が降り英国人の心を現した様な毎日です。
お疲れさまでした!【くるるん】
2019-12-14 20:00:23
ご本を早く読みたいです!

今、東アジアE-1サッカー選手権日本対香港の試合を見ています。
冒頭、香港の国歌、つまり中華人民共和国の国歌が流れました。
日本の選手は、「君が代」を力いっぱい歌っていましたが、
香港の選手の歌声は聞こえませんでした。
選手の気持ち、置かれた立場を想いました。
お疲れ様でした!【福森高洋】
2019-12-14 17:42:23
青山さん

大役、お疲れ様でした。
ご著書や連載原稿の脱稿に続き、国際学会でのご発表と、まさに八面六臂のご活躍ですね。
きっとビールが染み渡る美味さだったことでしょう!(笑)

ご著書の方は、また購入し拝読致したいと思います。
年明けの独立講演会も楽しみにしております。

これからも国益のため、駆け抜けてください。
千春博士は女性活躍を願う私共の先駆者です☆【きよちゃん】
2019-12-14 16:53:36
青山さん、そして千春博士、
自腹で、
御自分の時間を使って「日本の自前資源の確保」の為に
ありがとうございます。

私自身も子育てしながらずっと職業を持ってやり続けて来て、
どんなに千春博士の存在に励まされて来た事でしょう。
子供が高熱であっても仕事に行く。
振り返れば涙、涙の日々でした。

でも
「まだ私は陸にいるじゃん‼千春博士は大海原で命がけで研究し続けているんだから・・」と
自問自答しながら歩んで来て、
今年は二回も千春博士に御会い出来、講演を拝聴させて戴き、
夢の御裾分けを頂戴致しました。

AGU、千春博士にとって
大きな仕事の一つでしたと思います。

本当に心から感謝を御伝え願えたら幸いです。
国益、国民の為に有難うございました。
安倍政権の経済政策【沖田憲明 】
2019-12-14 14:18:39
青山さん、AGUお疲れ様でした。青山さんの長年のメタンハイドレートに関する活動、守る会の皇統に関する提言は頭が下がる思いです。しかし、青山さんの予想通り消費税増税後の経済指標は酷いものです。私も60歳を超えて、派遣労働の現場に行きました。そこでは時給1000円程度で30台40台の方々が働いています。日本人ですから、手抜きをせずに一所懸命に働いています。けれどもこの給与で結婚は難しいでしょう。結婚したくてもできない若者達が沢山います。私は7年間の安倍政権下の経済政策は失敗だったと思います。無論前政権よりはマシですが、衆議院解散の話も出ていますが、自民党に投票したくありません。何故野党は、国会で経済政策論議をしないのか、本当に呆れてしまいます。安全保障の考えが基本的に自民党と同じで、非正規や零細事業者の味方の政党はうまれないのでしょうか。今後とも青山さんのご活躍を楽しみにしています。
シスコ!【一市民】
2019-12-14 12:54:53
青山さん、こんばんは!←シスコ時間

大役お疲れ様でした!

脱私即的!

青山さんの笑顔のお写真が見られて嬉しいです☺︎

日本ではきょうはラジオOn the roadです!

毎回楽しく聴いています☺︎

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ