On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-01-19 09:19:42
Comments (6)

習近平国家主席の南進

▼中国の恐るべき現状についてすこしでも関心のある方は、習近平国家主席がミャンマーを訪れ、アウン・サン・スー・チー国家顧問と会談して33もの合意文書を結んだというニュースに「あれ? これは大丈夫か。ミャンマーも中国の物になってしまうのか。それとも・・・」と心配になったのではないでしょうか。
 その心配は、日本国民の感覚がきちんと世界にも向いている証拠だと思います。

▼確かに、港を中国に実質的に提供することになったり、懸念は強まりました。
 中国の最大の狙いは、インド洋にまっすぐに出られる地続きのルートも確保して、インドを圧迫することですから、ミャンマーは中国の南進戦略の片棒を担ぐことになりかねません。

▼アウン・サン・スー・チーさんは、軟禁されていた時代の良心派闘士というイメージがすっかり壊れ、国家顧問という奇妙な立場で権力を行使しています。
 特にロヒンギャ問題で西側諸国から一斉に非難を浴び、中国にすがりついた側面があるのは間違いありません。

▼しかし・・・ちょっと待ってください、中国にとって肝心な目的のひとつの巨大ダム。
 ほんらいはミャンマーの民衆のためにある水の恵みを、すべて中国が独占しようとしていることが明らかになって、ミャンマーが軍政時代に反中姿勢に転じたあのミッソンダムの建設再開は、合意に含まれませんでした。

 習近平国家主席の南進は何もかもうまく行っている、思惑通り、というわけではないのです。
 それに、アウン・サン・スー・チーさんがまんまと、案外したたかに中国を利用しようとしているのかも知れません。西側メディアが作るイメージだけに振り回されるのは、よくありません。
 日本をはじめ民主主義国家群に、この南進を食い止める希望はまだ、残されています。
 そこを視ましょう。

 中国をめぐる裏の、裸の真実をここで話します。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

ダブってしまった・・・・【菅原 隆】
2020-01-19 18:35:24
「日中興亡2025」を年始に読了、本日「そのとおりになる王道の日本、覇道の中国、火道の米国」を書店で購入、帰宅後ページを開いてみると?・・・

「日中興亡2025」だった!

近所の書店では珍しく5冊以上積まれており、ちょっと嬉しくなって確認せずレジへ持参。ブックカバーをしてもらったため帰宅まで間違っていたことに気付かず今に至るといったところです。

同じ経験をされた方、以外に多いのでは? 私だけ?

「間違えました」と言って書店で差し替え可能なのか?
できなかったとしても、読み応えアリなので本書の内容が刺さりそうな誰かに贈呈すればいいかな。
ヨルダンの暴動はスンニ派?シーア派?【ななしのヨウツベ】
2020-01-19 17:22:09
青山さん、こんにちは。明日は虎ノ門ですね。
雪が降ってるのでさぞかし体がスキーの急滑降の渇望に疼いてるでしょうねw
今の私には国際ニュースは青山さんだけが頼りです。もう一人の国際ニュースの権威的な論客の方が最近若いユーチューバーと共演するので、内容が変に中韓国にばかりバイアスがかかっちゃって視聴し辛いんです。
ミャンマーに関しては井本勝之さんが有本さんの来週の電話ゲストに出ると思うので期待しています。
明日もし出来る事ならレバノン暴動をリクエストしたいです。
あの国は大統領と首相が相半ばして政治力を分け合ってる国だと聞きました。
大統領はクリスチャン、首相はイスラム教スンニ、国会議員はスン二とシーアの半々という複雑な構成で出来ている国だそうですね。
今回の暴動がイランの影響なのは言うまでもありませんが、
日本ではゴーンの逃亡先という事ばかり報道されていて、肝心のデモの中身は「反政府デモ」という事で一蹴されてます(特に朝日とNHKのせいで)。
本当にそうなんでしょうか?
これからデモは激化するでしょうが、表向きは反政府のように報じてますが私の目にはシーア派の暴動のように見えるんです。
イランが例によって要らん事してヨルダンのシーア派を焚きつけ、例によってCIAの陰謀説だの何だのを流してアメリカのせいにするというマッチ・ポンプ。
それでも日本人の中にはかなり多くの「イラン=日本の友好国」にしがみついて他の意見を一切受け付けないという人が多いですネ(特に若い子)。それさえ言っとけば政治意識がありげに見え、しかもそれ以上深く物を考えないで済むという便法になってます。
青山さん、どうかアレを正してやって下さい。<(_ _)>
寄らば大樹【安井修司】
2020-01-19 16:52:40
最近すっかり存在感を無くしてしまったス―チさん。もし「寄らば大樹の陰」に政策転換したのであればミャンマーの未来は悲惨なものになることでしょう。かっての気概のある貴女はどこに行ったのですか。
ミャンマーと中国との合意について【タカヒロ】
2020-01-19 15:32:48
青山様

いつも虎ノ門ニュースや書籍で拝見しています。今回、ミャンマーに関することで発信されたことで、大変興味深く読ませて頂きました。と言いますのも私はここ数年ミャンマーに深く関心を持ち、日本とミャンマーの発展を願っているからです。
ニュースで中国との合意を知り、とてもショックを受けましたが、青山さんの発信と、個人的には以下の点で希望はあると思います。
1 独裁政権下でも西側諸国の支援がない時期は、中国を頼ろうとした経緯があること
2 ミャンマーと中国は隣国であり、良くも悪くも中国をよく知っていること
3 ミャンマー(ヤンゴン )では中華街も質素で、街中も中国語であふれていないので、それほど親中ではないと思われること。(1年前に現地に行った時の情報。ただし、中部のマンダレーは中国人が多く流入しているとの情報あり)
最後に個人的な意見ですが、日本人が思っている以上に親日な人は多く、日本の役目は重要だと思います。

また続報をお待ちしています。
正邪の決断【sakiko】
2020-01-19 14:48:42
一帯一路どころか、惑星同士まで繋がれたらたまったもんじゃありません。
2030年に公開されると言われている、SDGsの18番目を想像できてる人っていますか。わたしはできてます。
1から17番目までは、地球を守るために何をするか。ひとつひとつの戦術の公開と行動促進。
未公開の18番目は究極で、地球を使わない方法の17の戦術がまとまった、究極の答え。戦略目標。
SNSでヴィーガンフードをバカにしてる人たちは将来、全員後悔すると思います。なぜ航空宇宙自衛隊になるのか。
キム委員長も、カルロスゴーンも、いまは逃げ場所は地球上しかないですけど、将来は違いますよね。
宇宙に全ての家畜は持っていけない。想像力は創造を生む、そうおもいます。
ゆがんだ創造神を誕生させるわけには、いかないです。世界の責任として。
空港バスが便利のようです。【きよちゃん】
2020-01-19 14:22:12
1月の独立講演会が近づいて参りました。

各地、各国からいらす皆様、遠路はるばる御疲れ様です。

西神戸から毎回東京の独立講演会に来る友人(田中美枝子)が

「空港バスの停留場探すために案内見てたら…

ビックサイト行きがありました。

今まで天王洲アイルで臨海線乗り換えるのにキャリーバッグをガラガラ転がしながら乗り換え。

乗り換え不便だったので、ラクできます。

ビックサイトで開催、遠方から飛行機で当日来られる方に便利ですよ。」

とメールをくれたので、

友人は東京っ子であるにも知らなかった、

だったら、

各地からいらす皆様は、きっと御存知じゃないのかな?と思いました。

ネットで調べましたら
羽田から30分前後でビックサイト着の様です。

★羽田空港発:先払い
『羽田空港から』のご乗車
あらかじめ乗車券をお求めください。なお、交通系ICカードでご利用のお客さまは、到着ロビーのバス乗車券カウンターにて、ご利用になるバスの時刻をご指定ください。乗車時に乗車券類・交通系ICカードで運賃箱へお支払いください。

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ