On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-02-21 08:15:16
Comments (35)

一週間以上をかけて丁寧に、慎重に推敲を続けたエントリーをアップします : 感染症の名称をめぐって (ひとつ書き直しました)

▼以前のエントリーなどでもすこし書きましたが、WHO ( 世界保険機関 ) が感染症・疫病の名称について「地名などを冠さない」という趣旨の方針を定めたのは、陳馮富珍 ( マーガレット・チャン )事務局長の時代のど真ん中、中国を背景にしたその権力がもっとも盛んだった時代です。

▼チャンさんは、いかにしてWHOの権力を握ったか。
 中国で鳥インフルエンザが猛威を振るっているらしいと分かり始めた頃、西暦2006年11月にWHO事務局長の選挙がありました。
 日本は、国際社会で声価の高かった尾身茂WHO西太平洋地域事務局長 ( 当時 ) を擁立しましたが、中国は、香港で公衆衛生の責任者だった時に中国共産党の言いなりと批判されたチャンさんを立て、アフリカ諸国などへの凄まじい裏工作も展開して、小差で当選させました。
 このチャン事務局長は、2007年1月から2017年6月まで実に10年半にわたって、中国のカネの力を後ろ盾にしてWHOを長期支配したのです。

 その後任が今、中国びいきが過ぎると辞任要求まで出ているテドロス事務局長です。
 テドロスさんはこの批判に強く反発していますが、エチオピアの元保健大臣です。中国のアフリカ囲い込み戦略の拠点のひとつにされているがエチオピアであり、中国から莫大なカネが渡るにつれ、エチオピアは膨大な債務を中国に対して背負う国になっています。
 テドロスさん本人がどうあがいても、この構図が変わらない以上は、WHOは2007年の始まりから現在まで、13年以上にわたって首脳陣が中国の支配を受けている情況だというのが、偏見でも何でもなく、いちばん客観的な、専門家のあいだでは常識的な見方です。

★WHOの実務家、専門家のなかには日本人を含め良心的にして優秀、公正なひとびとも沢山、いらっしゃいます。
 それだからこそ、WHO首脳陣と中国の独裁主義との関係に疑念がある現状について、世界でもっとも公衆衛生の充実した国のひとつである日本は、改革のリーダーシップを執るべきです。
 前述の尾身茂さんというWHOのすべてに通じた立派な人材も活かすべきでしょう。

▼さて、上記のチャンさんが事務局長だった2015年に作られたのが「地名などを感染症の名に冠するな」という指針です。
 不肖ぼくには「この指針がありながら、武漢熱と命名するなんて赦せない」と激昂し、「日本の国益に反する」などとアサッテの方向を向いたような非難をするコメントが届いています。
 この方針が決められた経緯などをご存じなくて「偏見と闘う立派な方針だ」と善意の誤解をなさっているか、それともズバリ、中国の工作活動の一環だと考えています。

▼ぼくの発信をある程度でも追っているかたなら、武漢熱クライシスの当初から「中国がWHOを使って、もはや中国発の感染症だとも、中国の独裁主義が感染を拡大させたとも、分からなくするような名称を冠するだろう」という趣旨で警告をし、それに公正に対峙するために、あえて「武漢熱」と名付けますと宣言していたことを知っているひともいるでしょう。
 事態は、その懸念の通りになっています。
 WHOは、感染が世界に広まった時期を選んで、COVIDー19という珍妙な名を付けました。
 武漢とも中国ともまったく分からなくしています。
 こうした誤魔化しがやがて行われると予測していたから、武漢は発生源そのものであり、また中国科学院・武漢病毒研究所 ( 1956年創立 ) という巨大なウイルス研究所との関連が未解明で、解明に必要な情報公開もなされていないことも考慮し、ひとつの試みとして、武漢の名を冠しました。
 そして、もっとも短くするために、症状や症例のすべては網羅していなくとも典型的な症状である「熱」の一字を付けたのです。

▼そして、チャン事務局長(当時)が「地名を冠するな」という指針を決めたのは、差別や偏見と闘うのが主目的ではないことを伺わせる状況証拠があります。
 それは、地名を冠して付けられた多くの感染症の名が実質的にはほとんど変わってはいないという事実です。

 日本の感染症予防法にて「一類感染症」に指定されていて、したがって、もっとも怖ろしい感染症だけでも、ずらりと地名を冠した名前が並びます。
 致死率が最悪の場合は9割近いエボラ出血熱 Ebola hemorrhagic fever ( エボラはアフリカ中央部の川の名 ) を筆頭に、クリミア・コンゴ出血熱 Crimean- Congo hemorrhagic fever ( クリミアは半島の名、コンゴは国の名 ) 、マールブルグ病 Marburg virus disease ( マールブルグはドイツの伝統ある大学都市の名 ) 、ラッサ熱 Lassa fever ( ラッサはナイジェリアの村の名 ) 、そして南米出血熱の名で括られているアルゼンチン出血熱、ボリビア出血熱、ベネズエラ出血熱、ブラジル出血熱それぞれがあります ( いずれも国名 ) 。
 なぜ中国の都市名だけ、付けちゃいけないのですか?

▼「中国の国名、中国の都市名だけは感染症の名に付けちゃいかん」とは、さすがに言えないから、チャン事務局長があらかじめ中国共産党の意向を背景に、中国なりのリスクヘッジ(将来にあり得るリスクに事前に周到に備えておくこと)として「感染症に地名を冠するな」という指針を打ち出した疑いがどうしても起きてきます。
 ふだんなら、こうした疑念はトンデモ説として考えたいところです。それが不肖ながら、ぼくの専門家の端くれとしてのたいせつな基本姿勢でもあります。
 しかし、今回はあまりに情況が特別です。
 なにが特別か。

 まず、21世紀に入っての中国は、感染症の発生が起きては情報が途絶えるという怖ろしいことの繰り返しです。
 たとえば、前述の鳥インフルエンザをめぐっても、ヒトからヒトにうつり強毒性をもって人間を殺すウイルスが実際にヒトからヒトへうつり南京で死亡者が出てから、チャン事務局長のWHOから有為な情報は出なくなり、直近では肺ペストも最初の発生だけ情報があって、そのあと、ばったりと音沙汰がありません。
 中国共産党とその政府は強 ( したた ) かにして能力が高いですから、自国の社会環境、公衆衛生の実態が感染症を生み易くなっていることをきちんと自覚していると考えられます。
 したがって、チャン事務局長の使命のひとつが、やがて中国で新しい感染症が起きたときに備えることだったと考えるのは、実はごくふつうのことです。

▼そして日本国民だけではなく中国の国民、中国のふつうの人々、庶民、さらに世界の人々の現在と将来のために、決して忘れてはならないことがあります。
 今回の厄災が武漢という場所から発生し、武漢市長が、中国共産党中央の怒りを怖れて疫病を隠蔽したこと、そのような国の態勢を作りあげた習近平国家主席の統治のあり方、これらのために厄災が爆発的に広がったという経緯です。

▼さらに深く考えておくべきことが、もうひとつ、あります。
 ご存じの人もたいへんに多くなりましたが、中国は、軍部が三戦と称して世論戦、心理戦、法律戦をやると実質的に世界へ公言している特異な国です。自分から工作国家であることを宣言しているのと変わりません。
 したがって、自国内で新たな感染症が発生した場合のリスクヘッジとして、WHOを動かすだけではなく、日本をはじめ諸国において潤沢な予算を使って世論を変え、日本国民らの心理を動かし、さらには国際法や、他国の法律まで秘かに差配することを狙ってくることが日常と考えねばなりません。
 だからこそ、感染症の名称という、いわば情報の原点のひとつから、このような工作に対峙すべきだと考えます。
 現在の厄災については、武漢が発生源であることを隠していこう、忘れさせていこうとする工作に正しく向かいあうことが、どうしても必要です。
 これら凡 ( すべ ) てを総合し、感染症やテロリズムから国民を護る国家危機管理を専門分野のひとつとする専門家の端くれとして、その任務を考え、圧迫を受けても信念によって、武漢熱という名称を使い続けます。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

武漢熱の今後は【アキラ】
2020-02-22 10:29:59
私が、今後に危惧している事は、韓国内での感染者の急激な増加です。
感染経路を追えなくなり更に増えていく事が予想されますが、彼等が治療目的で大量に流入して、医療崩壊が起きる事。
 更に、最悪の日韓関係の中で悪意を持った輩がバイオテロ目的で来日する事です。
 最悪の事態を想定し、直ちにビザ免除を廃止して渡航制限を検討するべきではと思います。
是非、護る会で取り扱いしていただきたく思います。

青山先生、目紛しい日々の連続ですが、その中でも、どうかご自愛を。
国民の反応【務古】
2020-02-22 07:38:41
「安心して」と言えば隠蔽だと言われ、「危ない」と言えば何をしていると責められる。とかくこの世は大変です。
国民の反応は、昔も今も変わらないと思いますが、居酒屋での話だけだったのが、ネットによって世論を産むようになってきた。
今はまだ、ネットから遠い高齢者が多いですが、今後はこの対策を真剣に考えないとダメですね。
本来は総務省の担当かも知れませんが、安全保障を担当する部門が広報を含めて専任する方が良いと思います。
やっと、繋がったブログから【田中 美枝子】
2020-02-22 07:37:05
青山さん

ブログがなかなか繋がらない現状、やっと繋がり、また繋がらなくなるから、と必死に、一気に、青山さんの問いかけ、みなさんの思いを読んでいます。

わたしは、祖国を信じる。
だから、あなたを信じる。

知り合いから、このことばから何を考えますか?
と聞かれました。

日本政府のすることに、たくさんたくさん不満、不安があります。
周りからも安倍総理を始め、国会議員、自治体の長、行政に不満の声を聞きます。

今、わたしの心に響くのは、
青山さんから聞いた

怒っちゃだめ
縮んじゃだめ
諦めちゃだめ

ピンチはチャンス
失敗から学ぶ

「脱私即的」

青山さんのお話から、祖国、日本を考えることができるようになりました。
青山さんから教えていただいたことばを励みに、
私も、祖国を信じる。
信じてくださる青山さんから、
あなたを信じる
と言われた私、官邸に、自治体に、Twitterに、抗議やメールすることは、「いくら言ったって無駄よ」
といわれようが、青山さんに信じていただいている私はしようと思います。
もちろん、怒っちゃだめ を胸に秘めて。

生きているうちに青山さんを知ることができたこと、ありがたいことです❣️

縮んじゃだめ

ですから、今、京都も奈良も心斎橋も中国人も韓国人もいない!か少ない!
以前の日本を思い出せるのかな?
何年振りかで、大阪城にも出かけようと考えています❣️

諦めちゃだめ
ですから
国会内感染症対策【古山博敏】
2020-02-22 07:17:22
今、国会では桜が満開です。然し、国会を開いている場合かなあと思うのです。総理をはじめ閣僚が感染したらどうなるのでしょうか。国会内での感染対策は取られているのでしょうか。
東京五輪を10月開催に。【けん】
2020-02-22 07:06:26
英国籍のダイヤモンドプリンセス。日本政府の対応が悪いと英国メディアが報道し、ロンドン市長候補者がロンドンが東京に代わって五輪をホストすると言っています。他国で災いの原因を作って、どういうわけかその罠に掛かった国を非難するというのは英国の伝統的なやり方ですが、東京五輪は開催できないのではないかと国内外で囁かれ始めています。

そこで提案ですが、東京五輪は今年の10月に開催を延期できないでしょうか?理由が武漢肺炎であるなら、利権に絡んだスポンサーを黙らせるのに十分ですし、マラソンも札幌から奪還も可能です。東京五輪は、おそらく中国の工作が入って、アイヌとの共生、多民族との共生とったプロパガンダ五輪になっただろうと思います。共生はそれ自体は素晴らしいことなのですが、日本を日本でなくする勢力に利用されることになっていたでしょう。中国との運命共同体はまっぴらです。その改善も含め、東京五輪を10月に延期を含めて早急に話を進めて頂きたいものです。
残念ですが希望を失わず【宮地輝満】
2020-02-22 06:46:23
日日、報道に一喜一憂している場合ではない、と。
とはいえ、影響はじわじわと身近に迫ってきてます。
マスクの品切れは言うに及ばず、イベントの中止。挙句に、普段の職場フロアで行う社内集会も人数を少なくして開催します、と。
(え、出社している時点でアウトになるかもしれないのに⁉︎ 普段どおり開催すべきでは?)
自分だけは大丈夫だ、通常のインフルエンザも流行が鈍っています。と、挙句に今の日本は「多死社会」で慌てることはないとラジオ番組が無邪気に呼びかけている!
(呆れて早朝にもかかわらず目がさめました、赤坂界隈で)
タイトル通りに日日生きていきたいですが、最近ふと思うことがあります。
今日本人は試されているのかなと。バブル期から延々と今日まで、希薄な当事者意識の日本人が。もしかしたら、戦後からかもしれませんが。
とにかく、生き抜いて、祖国を守りたいです。

とは言え、怖いのが正直なところです。
気温が上がっても、、【斉藤琢也】
2020-02-22 06:34:00
最高気温が平均30度を超えているシンガポールで多くの感染者が出ていることから、陽気が良くなっても収束しないのではないかと懸念しています。
やはり、自然由来のウィルスではないのでしょうか、、、
政府の「むにゃむにゃ」回答【とまと】
2020-02-22 06:27:07
青山さん、いつもありがとうございます。

いくつか前のエントリーでCHINAからの全面入国禁止の要望に対し、政府の回答が依然「むにゃむにゃ」であったとのこ。

この期に及び政府の対応(態度)には失望させられますが、なぜ「むにゃむにゃ」なのか、少ない脳細胞の頭で考えてみました。

4月に予定されている「周主席の国賓待遇の来日」を是が非でも実現させたい勢力(政権側と外務省)の存在だと考えます。

どうにせよこの状況下CHINAのトップを予定通りに迎えてはなりません。

青山さんが発信なさる情報を十分噛んで噛んで噛み砕いて、自分の少ない脳細胞で考え、周りの知り合いにも「なぜ来日に反対するのかを」説いて回ってます。

本当にありがとうございます。
青山様お早う御座います【今井 隆】
2020-02-22 05:54:17
本日も青山様のお庭にてコメント出来ます事、大変感謝して居ります。
稚拙な内容故、お恥ずかしい限りでは御座います。
私は、今回のWHOが名付けたCOVID-19を以下の様に記憶する事として居ります。
CHINA OF VUKAN ID-19
とても共通認識として容認出来るものでは御座いません。
然りとて、皮肉やジョークと言った類でも無い事ご理解下さい。

日々天命の限りを葉隠れ精神にて国益の為にご尽力される、脱私即的なる青山様の様に私にも何か出来ないか、と考える事だけは決して諦めない生き方の指針をお示し下さる事に深く感謝して居ります。
地名【オメダ】
2020-02-22 05:45:50
お忙しい中の更新、有難うございます。

私は全くの素人なので見当違いの意見かもしれませんが、発生した土地を冠する事は、そのウイルスの経歴を知るうえで重要な事だと思います。
この騒動が落ち着き、局地的に武漢での風土病になったとして、武漢には武漢熱があると知られていれば、来訪者の対応も変わると思います。単なる風邪かと思ってもその後お医者様に「武漢へ行きました」と言えば、武漢→発熱→武漢熱と連想され「じゃぁ熱を下げる薬出しておきます」とはならずに適切に診察・検査してもらえるようになるはずです。
武漢熱に関して特定の議員が執拗に批判されておりますが、私も武漢熱を使い続けていきます。
ところで、同じような質問が多くウンザリされているかもしれませんが、何故、安倍総理は中国人と韓国人の入国の規制をしないのでしょうか?個人的には十二月の時点で日本に上陸したとみていますので、どこぞの言論人が顔を赤くして主張するような鎖国をしたからといって解決はないと思いますが、今後国内で細菌の活動が弱まっても、今の様な入国できる状態では人の体の中で活発化したウイルスを連続して国内に持ち込むことになりいつになっても収束せず消耗戦が続く悪循環になるのではないでしょうか?
その上日本に来てから発症されれば日本の医療機関に負担がかかり、国民が犠牲になるという事態にもなるのではないでしょうか?これに関して政府から特に説明が無いので国民は必要以上に不安になるのではないでしょうか?
説明をしてもしなくても批判され続ける事に変わりまないと思いますが、何を考え、どんな狙いで取り組んでいるのか説明する姿勢を見せるだけでも安心する国民は多いと思います。
恐ろしいのは食料品の不足とインフレ【けん】
2020-02-22 05:12:42
今は「マスクがない」とてんやわんやしていますが、次に訪れるのがインフレでしょう。これをどう防ぐかが政府の腕の見せ所です。少し前、「マスクが高騰している」と問題になった時、政府は「市場原理に任せる」と答えたので失望した人は多いでしょう。マスクが高騰した原因の一つが転売目的で買い占める輩がいたからで。それを避ける手立てを政府が放棄したからです。

次に訪れるインフレは食品です。現に国内野菜が高騰し始めています。中国産野菜を使っていた外食産業が国内産に切り替えたからだと言われています。でも、まだ食料品は変えそうですが、これからパンデミックが予想されるとさらに高騰するでしょう。

理由は2つあります。一つは日本国民がかつてのオイルショック時のように買い貯めし始めるからです。もう一つは中国での転売目的の中国人が買い始めるからです。今の政府は全くアテには出来ず、頼りに出来るのは青山さんと護る会だけなのかなと思っています。

中国では、スーパーでの買い物にも時間制限があってなかなか十分な食料品にありつけないようです。このコロナウイルスパンデミックが中国で起こっていることは、十分に日本でも起こりうることです。だから、中国を反面教師として防げることばかりでした。それが出来てない政府には失望していますが、スピーディーに御対応宜しくお願いします。
対china【マレーシア桜】
2020-02-22 05:00:06
青山さん

祖国のための日々の議員活動、、ありがとうございます!

これまでの青山さんの発信を通じて、安倍総理は外交によって主にアメリカ、インド、オーストラリアと共に対中国包囲網を形成されて来たと考えています。

今回の武漢熱の対策では、青山さんを始めとして、武漢など特定地域のみならず中国全土からの訪日を規制されるように進言されています。
普通の国民からも同じ意見は少なく無いと感じます。
しかし、中国の方は大半が未だに訪日可能な状況です。

様々な意見を見ましたが、個人的に習近平氏の訪日が主要因で今回の後手後手に繋がっており、安倍さんらしく無いなあと感じています。

これまでの安倍さんの対中国のメッセージ(青山さん解説により何とか理解できる)からすると今回の対応は何で甘々??と意味不明な状況です。
自民党への中国からの影響はそれ程までに強くなっているのでしょうか。

今回の疫病をリーマンショック級以来の経済影響と判断して、したたかに消費税減を進めて、国民をびっくりさせる方が安倍政権らしいなと思います。
また、きちんと国民へ理解出来るように発信する準備を整えた上で、今回の件を憲法改正に繋げて欲しいなと願っています。
【公開可能】みんなで考えてほしい【佐々木 正人】
2020-02-22 03:06:46
青山さん、武漢熱をはじめとした様々な対応に忙殺される日々を送っておられるかと存じます。
また、行政職員、議員、医師、自衛官など、それぞれが目の前の問題対応で精一杯ではないかと拝察しています。

しかし、このような事態にある時こそ、普段以上に想像力を働かせて危機に備えるべきと考えます。
私なりに考えて以下のような不安や疑問が出てきましたので箇条書きにしました。
みなさんと危機意識の共有し、対応策を考えていければ幸いです。


・秋篠宮殿下の立皇嗣の礼はどのように行うべきか。
天皇皇后両陛下や皇族の方々の祭祀やご公務はどうすべきか。

・このタイミングで大地震等の災害が起きたら?
避難者を過密状態で避難所に集めていいのか?

・国会内、官庁内、自衛隊、警察、消防等で連鎖感染が起きた場合の対処は?
政府中枢の機能や、国防・治安維持の体制をどう守るか。

・刑務所内で感染者が多発した場合、どう対処すべきか。

・衆議院の解散総選挙など、選挙実施の可否はどう判断すべきか。
演説会、講演会等は禁止すべきか?
武漢ウイルスによって、日本の民主主義が機能しなくなるのでは?

・武漢ウイルスを用いたテロの可能性を考えておくべきでは?
意図的にウイルスを培養し、人混みの中で拡散させたり、特定の要人が狙われる恐れも。

・東京オリンピック「延期」を速やかに検討していく段階では?

・欧米社会では、すでに日本人差別、日本人の子供へのイジメが起きている。
いずれは暴行事件やそれ以上の犯罪が起きるのではないか?
世論操作について【ぽてち】
2020-02-22 02:14:12
青山さんこんばんは…!
以前、岩田さんの動画の件で事実関係など分からないのに、厚労省の人に怒ってくれ!のような、感情のままにのせた謎のコメントを送ってしまい申し訳ありませんでした。
青山さんのブログを読んで、情報の根拠や事実関係の確認の大切さを学んだはずなのに、、まだまだ修行が足りませぬ。。

話は変わり、、
私はツイッターをやっているのですが、
ツイッターのトレンドワードで時々、その言葉を流行っているように、わざと見せようとしている何かがあるなぁというのは、なんとなく感じます(私の感覚の話ですみません)。
フェイクニュースのことはよく聞きますが、何かしらの組織が「こういうことがあったらしいよー」『へー!信じられなーい!』みたいなやりとりですら自作自演したり、いいねやコメントの数を操作したりする可能性について、恥ずかしながら今まで考えたことがありませんでした。
(そういったことがこのブログに送られてくるコメント投稿でも起こっている?と2/19のブログも読みつつ思ったのですが、、いや、そういうことじゃない!、でしたら申し訳ありません…汗)
これもまた私の感覚の話で大袈裟かもですが、もしツイッターで1000や2000のいいねやコメントで人海戦術されたら、私も気づけず、「みんなそう思ってるんだなー」と見事に心を操作されてしまい、世論操作をしている一員に知らぬ間になってしまいそうで怖いです。。
(「もし」ばかりのぼんやりしたコメントばかりですみません。。)


中国からの入国停止措置に踏み切れない安倍さん、、中国の何を気にしてるの?と思わずにはいれません。
青山さんのブログを読みはじめてから、色々考えることが多くなりました…!
僕ならば……【こっくりくん】
2020-02-22 00:59:28
僕は頑張って「武漢肺炎」と呼ぶようにしています。
教科書検定につきまして【フジ】
2020-02-22 00:58:21
青山さんこんばんは

本日はウィルスの問題ではなく、教科書検定について問題提起をしたいと思います。
まずは、アドレスを貼るのはご迷惑でしょうから以下の記事を読んでいただけないでしょうか。

産経新聞 2020.2.21 16:05
『「欠陥著しく多い」と指摘され、つくる会中学歴史教科書が検定不合格 撤回を要求』

上の記事から以下のことを読み取ることができます。
・自由社版の新しい歴史教科書は平成20年度以降、過去3回の検定を通過している。26年度の前回検定でも不合格になったが、再申請して合格した。
・平成28年、「欠陥箇所数が著しく多い(ページ数の1・2倍以上)」場合は年度内に再申請できないように審査基準が改められ、該当教科書はそれを超える検定する側の言う所の欠陥により「一発不合格」となった。(つまり膨大数の検定意見を付けることにより修正する余地を与えず一発不合格にすることができるようになった)
・検定意見で「欠陥箇所」と指摘されたのは405件。誤記や事実の間違いなどは比較的少なく、7割以上にあたる292件が「生徒に理解しがたい」「誤解するおそれがある」など曖昧な理由であり、前回の検定で合格した記述であるのにも関わらず、欠陥とされたケースもあった。

曖昧な基準で検定意見を付けられた例示として、「中華人民共和国(共産党政権)成立」とする記述ににおいて、カッコ内の共産党政権の語句に「誤解するおそれ」との検定意見が付いていることがあげられます。

上の例示における「中華人民共和国(共産党政権)成立」に(共産党政権)があることによって「誤解するおそれ」があるということで、ようするに「検定意見数を一件増やして」いるわけでありますが、この記述のどこが誤りで、また、何を「誤解する」のか私にはわかりかねるところであります。

つまり、平成28年に改められた審査基準によって、「生徒に理解しがたい」「誤解するおそれがある」という曖昧な基準で検定意見を積み重ねることで、政府として「好ましくない教科書」を基準値を突破させて排除することが可能になります。

これは教科書検定においてフェアな検定と呼べるでしょうか。

該当の教科書に405件という膨大な検定意見を付け、修正の機会すら与えず一発不合格にしておりますが、他に「中華人民共和国(共産党政権)成立」を例にとれるような、曖昧な理由で「検定意見数の水増し」が行われていないか調査をする必要があるのではないでしょうか。
特に、『7割以上にあたる292件が「生徒に理解しがたい」「誤解するおそれがある」などの理由』となっておりますが、その点についてです。

教育は国の根幹であり、日本の子供たちは極めて優秀である一方で、優秀だからこそ子供たちが学ぶ教育の内容によって、特に高学歴の方々において大きな影響を及ぼしうるということは語られてきたことであります。

もしその教育行政における教科書検定という部分においてアンフェアな検定が行われたとしたら、将来に禍根を残す極めて深刻な問題であると考えます。

もし青山さんの目から見てもこの件が問題があるようにうつりましたら、ぜひ護る会の中でも日本の教育の根幹の一つを成す「教科書検定」について問題を共有していただければと思います。
国防上の大きな穴を看過できません。【まだい】
2020-02-22 00:07:48
 神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授がダイヤモンド・プリンセス号に正規の手続きを経ず乗船し、無許可で現場に指示を出し、船内を録画した動画を全世界に配信した事件について、医師の端くれとして考えたことを記します。

(1)国防上の大きな穴
(2)医師、人間としてしてはならないこと

(1)たとえ感染症の大家であろうとも、一般人が易易と船内に侵入できた事実を重く受け止めねばなりません。未だ全貌が見えない(どれほどの恐ろしさが隠されているかわからない)新型コロナウイルス肺炎(以下、あえて武漢熱と呼びます)と戦っているダイヤモンド・プリンセス号は、まさしく戦場そのものです。
船内で必死で働いている医師、看護師、薬剤師などの医療従事者は銃を持たない兵士です。救いを求めている船客、船員を救助し、医療従事者自身も死なないためには、一本化された指揮系統がしっかりと機能し、迅速かつ的確な指示、行動を起こすことが必須です。それが機能していなかったから、岩田健太郎教授が船に易易と侵入できたと考えます。
日本を徹底的に貶める目的で、工作員が潜入し、武漢熱ウイルスをばら撒いて感染者を量産させることもあり得たのです。単なる伝染病の鎮圧の問題ではなく、国防上の重大事になっているのにもかかわらず、その認識が政府に欠けていた結果、この事件が生じたものと考えます。
 国防上の大きな穴を閉じなければいけません。空いた穴はひとつではありません。中国全土から日本への渡航禁止、日本人の中国への渡航禁止、在日中国人旅行者の早期帰国、医療品の国産化促進、医療品の中国への流出阻止、中国旅行者の日本での武漢熱医療費無料化阻止、国防素人の私でもこれくらい考えられます。日本の法律は日本人を護るためにあります。法律に縛られて、日本人を見捨てる行為だけは避けないと本末転倒になります。青山さんには釈迦に説法ですが、どうか日本人を救う法律を作って下さい。

(2)この事件による重要な影響をふたつ挙げます。
 ひとつは、武漢熱感染者(患者を含む)、その家族、武漢熱におびえる健常日本人を不安のどん底に突き落とし、日本政府に対する信用を失わせるほどの強烈なインパクトを与えたことです。医療崩壊のスイッチが押されかねない重大事件と考えます。
 政府の信用失墜→手洗い、マスク装着、免疫力低下防止などがおろそかになる、新しい方針ができても政府に国民が従わなくなる→武漢熱感染者・患者が増加する→武漢熱患者およびパニックになった健常日本人が病院に殺到する→あらゆる意味で余裕のない病院に負荷がかかる、外来で武漢熱に感染する健常日本人が激増する→医療が崩壊する(すでに武漢市で起きたことです)
 病院勤務医師は、外来患者と入院患者の両方を診ています。武漢熱の重症入院患者を一人受け持つだけで、かなりの時間と労力を要します。通常勤務で疲弊している医師も多く、武漢熱以外の患者への医療の量・質が確実に低下します。武漢熱以外の患者の検査待ち、手術待ちが激増し、適切なタイミングでの医療が受けられなくなります。そのうち倒れる医師も出てくるでしょう。看護師等のコメディカルスタッフも同様です。物理面では、厳格な感染症対策を講じるための個室に限りがあります。武漢熱患者を入院させることが、人的・物理的に不可能になります。これが医療崩壊の実態と考えます。いかに日本の医療水準が高くとも、いかに医療従事者が優秀で献身的でも、そんなことは関係なくなります。医師としてしてはいけないとが、どなたにでもわかるはずです。
 もうひとつは、諸外国に日本の武漢熱対策がおろそかであると誤解させ、国益を著しく損ねたことです。東京オリンピックが中止に追い込まれる、世界中の国が日本人の渡航を禁止する、海外在住日本人への強烈な嫌がらせや人権抑圧が行われる。一つ間違えば、これらのことが起こりかねません。日本人として絶対にしてはいけないことです。

 最後に、今回の事件について、あらゆる法律(みなし公務員に対する法律を含む)に抵触していないか法務省に検討してもらい、国民に知らせてほしいです。もし抵触していないのなら、新しい国を護るための法律を作って下さい。


 
先程の投稿の続きです。【バタバタ母】
2020-02-21 23:34:54
先程、投稿した者なのですが、後で投稿をコピーしたものを読み直したら、最後がとても投げやりな感じになっていました。すみません!!

いつも、国の為、国民の為にありがとうございます。
聞く耳を持っていて下さってありがとうございます。


しつこいですが、お体を大切に、そしていっぱい頑張って下さいね!!!
欲しい言葉が貰えなかったからと愚痴をごめんなさい【バタバタ母】
2020-02-21 23:22:58
青山様

日々国民の為にご尽力ありがとうございます、

ずっと以前から青山様の事をテレビなどでお見かけして、知らない事さえ気が付かなかった事を発信されていて、すっかり信頼しております。

今回、新型コロナウイルスのことで、名前のこと、周主席来日のこと、中国全面入国禁止の事、とても大切な事なのでしょう。

でも、一番大切なのは命ではないでしょうか?

ブログなどでは乗せられないだけで、青山様は新型コロナウイルスの危険性について色々ご存じで、沢山お調べになってるのかもしれません。裏で必死に調べ
国民を守って下さっていたなら、すごく失礼な事を言います。

青山様とは関係の無いことですが、私が目からも感染するから気休めでもと花粉用のメガネを100円均一で家族分買ったのは、クルーズ船が着岸するかなり前です。

なのに、テレビで見る検疫の為に乗船した方がマスクと手袋だった時の今後への不安はとてつもないものがありました。

でも、それとも同じくらい、青山様や、虎ノ門ニュースをみていて、危険度の認識の話がなかったり、認識が低かったり、とてもショックでした。

どう冷静にみてみても、今回の新型コロナウイルスでものすごい人数が亡くなりますよね。
ものすごい感染力のすごさは、かなり前から分かっていましたよね。
致死率がかなり高そうなこともかなり前に分かっていましたよね。
急に人が倒れるのは、デマではないですよね。
こどもが多数亡くなっていることも。

私の確証はまだ100%ではありませんが、再感染することも、
同じく確証はないけれども、再感染さしたときに抗体依存性感染増強(ADE)により重症化するかもしれない事も。

何より、武漢の現状の情報を自衛隊の方などから必死に集めてくれていたのでしょうか。

青山様を支援されている方はきっと国を思うしっかりされた方が多いのだと思います。

でも、私の様に、情けない母親もいるのです。

武漢の状況など、言えない事は言わなくてもいいのです。
でも、新型コロナウイルスがどれほど危険か調べていますの一言が欲しかったです。
それだけで不安が随分減るから。

わたしは、武漢熱ともCOVID-19とも言いません。新型コロナウイルスで、今は十分なんです。
命に比べれば、名前なんてなんでもいい。



思いっきり、青山様への八つ当たりです。
青山様が聞く耳を持っていて下さっているから。
危機感に溢れる自分に対して、危機感のない様に感じられてしまう、政治家、官僚、国民に不安になってしまうから。


色々無知な私では知らない事に気づきもしない大切な事がまだまだ沢山あるのでしょう。

でも、まずは命でいってもらいたいです。

青山様も忙しすぎてお体崩されない様に頑張ってくださいね!
中国からの渡航禁止【イクヨ】
2020-02-21 23:15:14
青山さんの提言を聞いて、中国からの渡航禁止にしなかったが為に世界各国から日本からの渡航禁止に指定されてしまいましたね!
残念ながらクルーズ船「ダイアモンドプリンセス」の船上で起こっていた事が日本国内で起こっているように世界各国に見られてしまいました!
それと同時に検査が進んで、日本国内でも感染者があちらこちらで出て来ました!
日本国内が中国国内と同じようになっていると世界各国は判断したのでしょう!
日本は莫大な経済的損失だけでなく、国益も莫大に損失してしまいます!
マスメディアは、ダイアモンドプリンセスの対応にたいして日本政府批判をする前に、日本人の生命を守る為に日本政府にたいして即時中国からの渡航禁止を訴えるべきだと思います!
珍しい事に、テレビからしか情報を得てない私の母でさえ、ダイアモンドプリンセスの対応にたいして日本政府を批判するのは間違っていると言っていました!

青山さんいつも、24時間365日休む間もなく日本の為にありがとうございます。本当に大変な国難に直面している今、青山さんが国会議員でいて下さる事がどんなに心強い事かと日々思っています!大変ですががんばってください!
野党は中国人観光客の受け入れは全面賛成なんですね?で、与党側は・・・【fuukou】
2020-02-21 22:55:12
海外のマスコミの後追いで、野党が客船の対応で安倍政権批判を始めました。
文春砲の後追いで、俳優の不倫ネタをやってるテレビのワイドショーと一緒だ。
ま、中国とは直接関係無い?案件だから、花見とペアで心置き無く安倍さんを追い詰める。
これだから、法案の一つもマトモには書けない議員ばかり。維新は頑張ってるけども・・・
しかし、政権与党はと言えば〜アイヌ新法も消費税10%もやった。
だから、習近平国賓も何が何でも実現しなければ〜
不公平だ!
と、しつこく駄駄を捏ねてる重鎮が政権に居てはる様で・・・
護る会メンバーの【市井の一国民】
2020-02-21 22:27:40
安全がとても気になります。

山田宏議員から発信があった修学旅行先の件ももちろん賛成です。

釈迦に説法ですが、弱いところ、意外なところを狙ってくるんでしょう。それはどこなのか?

とにかく青山繁晴議員を先頭にした護国の取り組みを支持し支えたいと思い、微力を尽くすのみです。
ユーチューブでの発信を始めてください!【サボテン】
2020-02-21 22:07:12
いつも貴重な情報を発信いただきありがとうございます。このようなネットの情報がなければ今の時代情報弱者になってしまいます。それはそれで悲しい現実ですが。
ところで、以前にもご提案させて頂いたのですが、これを機にユーチューブでの発信を前向きに検討して頂けませんでしょうか。このブログの発信ではアクセス数が多すぎて繋がらなくなったり、はたまた妨害により?みられなかったり、いずれにしてもみられないのです。

青山先生は作家ですから文章をより大切になさっているというポリシーなのかなぁとも考えました。しかし、世論を動かすほどのうねりを引き起こすことができるのは今日においてはブログよりもユーチューブだと思うのです。記事でも言及されていますが、中国は予算を割いて日本の世論にも影響を及ぼそうとしているとあります。もしそうなのであれば、それに対抗する意味でも青山先生によるインパクトのある動画が日本のために必要なのではないでしょうか。もちろん動画を発信するとなれば、抵抗勢力も現れるでしょうし、公に語れないことの選別に苦慮されるなど、様々な問題も生じてくると思います。しかし、それ以上に多くの国民の目に止まり、情報弱者にならず、自分の頭で考えるきっかけになります。そしてオールドメディアでは語られない切り口の情報が国民の心を確実に動かすものになると思います。ぜひ積極的にご検討頂きたいです。
安倍総理は何を考えているんでしょうか【寅太郎】
2020-02-21 19:01:06
青山さん、いつも骨身を削ってのご活動と正しい情報のアップを本当にありがとうございます。

武漢熱の名前について、立憲民主党の蓮舫議員がまさしく「差別と偏見を助長する」などとアサッテの方向を向いた発言をしていますね。

さて、国内での武漢熱の感染者が連日増えて、とうとう北海道から沖縄まで全国に拡大し始めました。
これを受けて各自治体や団体は催し物の縮小や自粛を打ちだし始めました。
ただでさえ消費増税で景気が落ち込んでいるところへこれでは今後、国内景気は急速に失速しかねません。
オリンピックパラリンピックも開けるかどうか。

チャイナが武漢熱を発表した先月中に日本政府がチャイナからの入国を全面禁止にしていれば、今頃は感染者が増えることはなく、催し物の自粛をする必要もなかったはず。
それなのに、政府はこの期に及んでもチャイナからの入国全面禁止を打ち出していません。

いったい安倍総理は何を考えているんでしょうか?

この時点までの不手際は各省庁の縦割りの弊害とも言われますが、各省庁を束ねるのは菅官房長官の仕事。官房長官の不手際と能力不足という話も出ていますが、どうなんでしょうか?

ところで、3月15日のビッグサイトでの独立講演会、今日が締め切りだったのを思い出して、午前中に申し込みました。
来週月曜日と3月15日を楽しみにしています。
青山さんが体を休める時間が少しでも多く取れるように祈っております。
いまさら余計な事かもしれませんが、当方のこの投稿の掲載はすべて青山さんにお任せすることを付記しておきます。
支持。【竹内善吉】
2020-02-21 16:18:40
断固支持。ウーハンでも。
アルコール消毒が有効なら【NA】
2020-02-21 16:15:26
 こんにちは。
 アルコール消毒が有効なら、無責任な発言ですが、吸入する酸素と一緒に問題にならない程度の気化したアルコールを混ぜたら、肺に直接消毒する事になりませんかね。
 あくまでも素人考えですが。
武漢熱、言い続けます【護る会応援してます】
2020-02-21 15:42:32
青山さんの危惧、同じ思いを抱いております。

普段から中国を警戒している、市井の保守の論調の中にも
「新型コロナは中国のせいではない、日本でも起こり得ること。差別はいけない、往来規制も中国由来の名前をつけるのもやってはいけない」
という方をよく見かけます。

しかし現実を見るとWHOの進藤シニアアドバイザーは「根絶できるかできないかは日本次第(要約)」と中国が拡散した責任には言及せず、日本へ責任転嫁をしようとしている気配を感じます。
厚労省や日本の防疫指針に強い影響力を持っているであろうWHOの日本人職員ですら、中国寄りの発言。あまりにも露骨すぎて恐ろしくなります。

加えて検査キットを提供したり、中国人が日本人に街中でマスクを配布したり。
キットにどれだけの信頼性があり、マスクはどうやって手に入れたものなのか?
疑り深い自分は、この異常事態を契機に中国が日本を助ける構図を作り出し、習主席来日に反対する日本国民を美しい友好の元に無力化させたいように感じます。

クルーズ船の事もあり世界は情報戦の様相を呈しています。ゲームのトランプに例えるなら、日本人の優しく公平で公正な国民性を利用して、中国が生み出したババを自ずと引かせようとしているように感じます。

王道を歩もうとするほど、道は険しく厳しいですね…。政府はよくやってくれていると思います。支える国民が平和ボケなんです。こんな時でも正しくいる事から抜け出せない。自国の為なら平気で他国を陥れるのが当たり前の世界の中で、日本人はいつまでババを引き続けたら気がつくのでしょうか…。

頑張っている青山さんや護る会の皆さんに、頑張ってとは言えません。日本の為、周りの人の健康の為に自分も頑張ります。

最後にひとつ、お願いがあります。
マスクや消毒液が薬局などで棚に並べられた端から中国人と見られる人々が買い占めていくのをテレビで見ました。これでは増産しても意味がありません。
どうか医療機関、介護施設、防疫にあたる機関など、必要とされる所に優先的に納品されるような方策を考えていただけると有り難いです。
強く同意します。【大阪府 在住】
2020-02-21 14:52:33
青山さん、
大変よくわかるご説明をありがとうございます。

いつも芯の発信をして下さるお陰で、
ざわつくこころに安定をもたらして頂いております。

しかし正念場ばかりですね。
中国が工作国家だというのはそうなんですが、それ以前に現政府にはげんなりです。【けん】
2020-02-21 13:19:28
数日前、ダイアモンドプリンセス号から世界のマスコミが中継していて、NHKはレポーターにインタビューしていました。そのなかで、流暢な日本語を話すイタリア記者の発言が印象に残っています。「一つの方針を決めたら、間違っていると分かっても突き進んでいくのがいけない」

実際、これは日本社会の病理ですね。「English Journal」という英語学習雑誌でも、国際的なリクルートに関わっている外国人が同じことを失笑を交えて言っていました。「日本企業は、議論議論でなかなか方針が決まらないが、決めてしまうと、途中でそれが間違っていようとも突き進んでいく」でも、その人曰く、方針を決めても、状況を判断して、柔軟に変化させていくのが他国では当たり前のようです。

「もうプーチンを信用し、経済協力することで2島返還にこぎ着けることに決めた」「もう習近平主席に4月に国賓として来日頂くことに決めた」「もう中国からの人の入国を全ストップさせないと決めた」今回の騒ぎで、日本でも、安倍政権は無能じゃないかと知れ渡ったし、さらには世界中に知れ渡ったのではないでしょうか?

私も恐ろしくなりました。民主政権もそうでしたが、自民政権も、国難が起きた時に政府は国民がパニックになることを恐れ、「大丈夫だ」と言い続け、自滅の道を歩む。確かに憲法9条改正も大切なのですが、それ以前の問題ですね。日本が大好きだった私ですら、「日本って大丈夫?いざとなったら日本を見捨てて逃げるべきじゃないの?」と思いました。戦後徐々に日本が静かなる侵略に蝕まれていますが、このまま続けばどうなるかというシミュレーションを超高速で見れた思いです。武漢肺炎は、この後パンデミックになるかならないかは運次第です。国を動かす人達が無能なのに、その無能な人達に運命を委ねないといけないのは情けないですね。
武漢熱と言い合おう!【あろは】
2020-02-21 11:55:14
青山さんのお考えに賛同します。
私は周りの人々との会話やメールで「武漢熱」または「武漢肺炎」と言い続けていますよ!
断片的には知っていたことが【飯塚太】
2020-02-21 11:11:14
すべてつながってまとまっておりますね。
もちろん支持します。
【武漢熱】あるいは武漢肺炎でしょうね。【日本第一】
2020-02-21 10:46:53
現在のWHOを瓦解させたのが中国であり、10年半にわたり支配したマーガレット・チャンですね。

よく対比させて病名を思い出すのがスペイン風邪ですが、中国国内で終息させるのであればCOVED-19でも無名でも結構です。

世界に広まった病原であれば、国名なり地名が入るのも当然と思えます。

国連も中国が必要とする専門機関は金の力だけで影響力を強め、必要とされる国々へ力が及ばないのが現状では。

国連への拠出金だけに応じるのでは小国の意見も届かなくなりますが、今回のように間違いの起きた場合は、日米独英などが先陣を切って正すべきでは。
ありがとうございます【チャオ】
2020-02-21 10:28:12
昔とちがい、こうして善と悪を国民が自分の目で見て気づくことができる時代になりました。ダイヤモンドプリンセスへの対応についても動画が出たり、それに対して様々な人が様々な意見を述べています。政府の対応も精一杯に行っている面と、中国に対しては不十分だったり、派閥的な争いも感じられます。それでも国民の一人として、しっかり見極めていきたいと思っています。

一つだけ心配なことは、保守派と呼ばれている人々の意見が二つに分かれてきて批判をし合う姿が見えることです。古き良き日本は、常に話し合いの文化です。工作活動に対しては毅然と剣を見せることも必要ですが日本を愛する人同志は誹謗中傷ではなく話し合いで前進して欲しいと感じています。
独裁主義と戦おう!【ひじり】
2020-02-21 09:28:15
青山さん、おはようございます。

独裁主義が人類を滅ぼすと思います。

僕も自身のブログやHPで武漢熱の名称を使い続けます。
どんなコメントが来ても負けません!
真実は一つです!
祖国、世界で自由と民主主義の旗のもとに生きる全ての人の為に戦います。
夕べ尾身さんが‥【きよちゃん】
2020-02-21 08:48:25
青山さんおはようございます。

夕べ、尾身茂先生がテレビのインタビューに答えてらして、
「なぜ船から降ろして隔離しないのか⁉」
‥と言うテレビ局の質問にしっかりとお答えくださっていました。

武漢熱、この呼び方、
危機が理解しやすく適していると思います。

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ