On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-02-23 17:11:51
Comments (8)

おねがい  (推敲しました)

*「私のコメントのこれは公開された、これとこれは公開されない。そのわけは・・・」とお考えになる、あるいは「私のコメントは公開されない。こういうコメントは公開された。青山さんの好みに合うものだけ、主張に合うものだけ、青山さんを褒めるものだけ公開するなんてケシカラン」とお考えになる、これらはもう、そろそろ、卒業してくださいませんか。
 卒業なさると、むしろ気持ちよく、すっきりされたりもするのではないでしょうか。

*いただくコメントをめぐって「 」内に例示したようなことはありません。
 同時に、たとえば、他のひとや組織への批判がありそれが事実かどうか確かめられなかったり、明らかに事実に反していたり、善意か悪意とか関係なくそうしたコメントが含まれているのも本当なので、公開できないコメントはあります。
 そして、これはほんの例示だけです。 ( 他の例もこれまで記してきましたから、もう繰り返して記すことは、ご容赦ください )

*というわけですから、公開・非公開の作業は不可欠で、その時間が充分に取れないだけなのです。
 また、他の人に作業を任せるのは不誠実ですね。この個人ブログにいただくコメントは、ぼくに向けて寄せられているのですから。


 ほっとけば良いという声が耳のそばで聞こえるようです。
 しかしコメントはその大半が、みなさんの善意や志や熱意でお寄せいただくのですから、最後に、もう一度だけ申しあげます。


*この頃、繋がりにくいほどアクセスが増えてコメントも増えていますが、こうなる前から、アクセスはわりあい多く、公開するための作業をいくら続けても届かず、作業できないままになっているコメントは昔から、膨大に積み上がっています。
 したがって、公開したいコメントも山のように、高い山のように、保留という状態でそのままになっています。
 
公開、非公開を仕分けての結果ではないのです。

*こうした実情なのですが、作業が終わっていたところに戻って、そこから全部をやり直すのは、もはや不可能です。
 どこに戻れば良いのかすでに分からないぐらい、コメントの数は多いのです。
 そのために、ぱっと一瞬の時間が空いたとき、いや時間は一瞬も空くときがありません。
 せっかくコメントをくださったみなさんへの申し訳なさが込みあげてきて、仕事を中断し、コメント欄に行き、わずかな時間を作業して、また仕事にすぐ戻るという繰り返しです。
 その場で開いたコメントのいくつかだけをアットランダムに作業しているのが実態なのです。


 こうしたことも、これまで数え切れないほど、ぼくなりに丁寧に意を尽くして、記してきました。

一方で、いただいたコメントは、中傷誹謗と工作に当たるもの以外は、すべて、一通残らず、どんなに睡眠を削っても・・・仕事と任務を続けるためにも削りたくないですが削るものが他にありません・・・読んでいます。
 読まないものは一通もないのです。
 ですから、不肖ぼくに何かを伝えるという、この地味ブログにいただくコメントの本来の意味は、確実に満たされています。
 このブログを利用して、ご自分の考えを外に伝えたいかたは、掲示板なりご自分のツイッターやフェイスブック、ブログなりにて、なさってください。
 この場は、違います。

*わりあい最近にいただいたコメントのなかに、こうした情況を正確に理解されてのことか、「もうコメントは原則、すべて非公開にすべきだ。例外的に、公開しようと青山さんが考えたコメントだけ、まさしく例外として公開することにしてください」という趣旨のものがありました。

 正直、そうできればいいなと、思うようになってしまいました。
 しかしそうすると、前述したのとまったく同じ誤解が、どっと、恐らくはさらに押し寄せるでしょう。
「押し寄せてもいいじゃないですか」と仰りたくなりますか ?
 そのとおりです。ぼくもそう思います。自分のことを考えるのなら。

 けれども、前述したように、多くのコメントには、同胞、はらからのこゝろの叫びが込められています。
 その、こゝろに、悲しい誤解をつくったままに、したくないのです。

 それでもなお、前述したご提案を、真剣に考えるべき時機に来ているのかも知れません。
「原則、非公開です」と宣してしまう、いや、申しあげてしまうことを考えるべきかも知れません。
 いただくコメントはこれからも、中傷誹謗と工作以外は、すべて、一通残らず、読みますから。

 考えます。

​ そして、この件、このお願いについて記すのは、これを最後にします。
 あとは、行動があるかどうか、それだけです。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメント非公開賛成!!!【中田】
2020-02-25 13:02:44
青山さん

もう今さらからしれませんがコメントを非公開にしませんか。
もちろん青山さんのブログに参集し同じ思いまたは違う考えにも耳を
傾けるという意味でコメントを共有するなのは大事かと思います。



青山さんには違う事(仕事)に時間を割き国の為に尽力していただきたい。

いちいちコメントの件で悩むのはお止めいただけますでしょうか。

以上


以上
時間【イクヨ】
2020-02-25 03:41:58
1日は24時間しかないのですが、時間は伸び縮みするそうです!
青山さんの時間が私が感じている長さの十倍以上伸びていて欲しいです!

青山さいつも、24時間365日日本の為にありがとうございます。
大変ですががんばって下さい。
的確に情報をありがとうございます。【小林眞一】
2020-02-24 16:47:51
国内外の情報機関やマスコミ、ワイドーの情報は、当てにしてません。
多忙の中 投稿完読について【岡】
2020-02-24 11:03:45
青山さんが、全ての投稿に目を通すと聞き、忙しいのに大変ですね、青山さんの人間性を感じます。 しかし、国民の安全・安心生活のため、問題の情報収集分析方向性、国会委員会・部会・護る会・武漢肺炎・憲法9改正・ミサイル防衛・反日中韓北・等の中、投稿完読等で、睡眠時間3時間・顔浮き等で、心配です。 日本が安全安心に成るまで、よろしく、  「武漢肺炎患者数 日本147人{未入国検疫中クルーズ船691人}、韓国602人,中国76936人?{武漢肺炎・広東肺炎サーズの発生元、軍備侵略に金出し、健康伝染病防止に金出さない」
憂いています【前澤 一賀】
2020-02-24 10:57:22
青山さんのこちらのコラムやYouTubeを見ています。私は接客業ですので、お客様には青山さんの話していること話しています。ところで最近の国の姿勢には憂いています。新コロナウィルス対策がどこかにそんたくしついるように思え、日本国民な二の次に感じますし、野党の無能にも、恐いです。青山さんと同じ考えの国民や国会議員が少しずつでも意識か持つ方が増えること願っています
ずっと応援しています。青山さん【岸 達也】
2020-02-24 10:26:26
青山さんがこのようなことで悩まれていることが辛いです。

やらねばならぬことが山程あると言うのに、
みんなで青山さんの背中押して国会議員に選んだのに、
足を引っ張ってどうするのかと。

どれほど時間のやりくりをしようと、時間は皆に平等に、
1日24時間しかありません。

ここのコメントの公開などは、優先順位をもっと
下げていただいて一向に構わないと私は思います。

青山さんは優しすぎるのです。

でも、そういう青山さんが好きで応援しているのです。

だから、青山さんがこんなことで悩まれていることが
とても辛いのです。

青山さんは少年のような純粋でまっすぐな心を
保ち続けている所にも凄く憧れています。

どうか皆さん、青山さんが最大パフォーマンスを発揮できるよう、
青山さんを解き放ってください。

国政に送り出したあとは、固唾を飲んで見守るのみではないでしょうか?
ここは青山さんのブログですから【まめ】
2020-02-24 08:49:43
たくさんの人が見るから、自分のコメントを見てほしいと思う人がいらっしゃるのでしょう。青山さんに自分の思いを知ってほしい人が多数だと思いますが、ここに書けばコメントを載せてもらえる、読んでもらえると思っている人はおこがましいです。自分のブログを作って発信するべきです。膨大なコメントを読むだけでも大変だと思います。多くの人に見てほしいものだけを公開していただきたいです。
戦略が知りたい【務古】
2020-02-24 08:15:07
頑張っておられる行政官の方々には申し訳ないけれど、行政の広報は、戦術論ばかり。政府もそれを流すだけ。それを聞いて、国がどちらに向かうのか分からない。
私が知りたいのは、戦略論。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ