On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-05-19 06:09:35
Comments (0)

簡にして要の1 検察庁法の改正

 もしも今、にんげんの生涯にひとつ、天への願いが叶うなら、死の刻を前倒しになさっていいですから、その分、今の24時間をゆっくりにしてくださいませんか。

 実務が重なり合って、この大事なブログに書く時間がどうしても物理的に作れないのです。

 ・・・と、言っていても解決にならないので、舌足らずにならないかという強い懸念を持ちながらも「簡にして要を得る」ことを目指して、それぞれの課題にひと言づつだけを、この朝、記しておきます。

1.【検察庁法の改正を先送りしたこと】

 ぼく自身は、これまで明示してきたとおり、検察庁法の改正に賛成です。
 そのうえで、検察官の定年を特例的に延長するときの「要件」を現状より具体化することは望ましいと考えます。
 今回は、廃案ではなくて、継続審議です。
 秋にも予想される臨時国会で引き続き、審議することができますから、それまでに、上記の要件を具体的に詰めることは意義があります。
 それを役所だけでやるのではなく、自由民主党の平場に戻して、すぐに議論を始めるべきです。

( 2 に続きます )


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ