On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2016-05-23 03:28:05
Comments (19)

そう言えば…

…関西テレビの「胸いっぱいサミット」の生放送に再び(みたび)、参加します。
 5月28日の土曜正午からです。
 6月にもあります。


▼それから、テレビ朝日系列「ワイド・スクランブル」から珍しく事前に日を指定して生放送へのオファーがありました。
 5月26日木曜の午前です。
 つまり伊勢志摩サミットの初日ですね。オファーもそのためです。
 この番組は、ふだんは前日の午後に突如としてオファーが来るので、参加できないことの方が多いのですが今回は例外です。


▼関テレ「胸いっぱい」で大阪入りした翌日の5月29日・日曜には仙台を訪ねて、いわば「限定復活」となったサイン会の初回を開きます。
 書店と版元が決めた要項を再掲しておきます。

*仙台サイン会
日時………5月29日(日)11時より
場所………丸善仙台アエル店
仙台市青葉区中央1-3-1 アエル1階(アエル1階アトリウム特設会場)
定員………先着100名
電話番号…022-264-0151
書店HP…ここです。

 みなさん、限られた機会になってしまいましたが、仙台で会いましょう。眼を見て話しましょう。握手しましょう。希望の方とは男女を問わずハグしましょう。あなたのお名前をいちばん、でっかく書きます!


▼今年が初めての出版ラッシュになるのは確定的です。
 まず、お伝えしてきたように、ぶと新こと、ふっとい新書の「壊れた地球儀の直し方 ーぼくらの出番」(扶桑社新書、予約は例えばここ)が5月末に大型書店に並び始め、6月2日に正式発刊となります。

 次に8月の敗戦の日の頃に、フィクション(文学・小説)とノンフィクション(ノンフィクション・エッセイ)がペアで発刊になります。
 小説は、絶版になって中古本が異常な高値になってしまっている「平成」(文藝春秋)を改題し、改稿した「平成紀」(幻冬舎文庫)です。
 ある意味これで、単行本の「平成」は永遠に復刊しないことにもなりました。
 ノンフィクションとしてのエッセイの方は、元は月刊「WiLL」、今は「月刊Hanada」という論壇誌に連載している「澄哲録片片」(ちょうてつろくへんぺん)をまとめて、手を入れ、「ぼくらの哲学」として飛鳥新社から発刊します。
 これは「ぼく哲」かな?

 さらに、かねて予定の「青山繁子(ポメラニアン)との対談本」(ワニプラスから発刊予定)、そして発表直前に純文学誌への掲載が中止となり、それを良い契機として改稿中の小説「灰猫」(幻冬舎から発刊予定)、さらに長編として計画している小説2作があります。
 このうち前者の「繁子対談」と「灰猫」は、できればの話ですが、年内発刊を目指します。
 後者は来年以降の発刊となります。
 版元は、手を挙げてくださっている出版社はすでにありますが、まだまったく未定です。


▼これまでにない試みもあります。

▽ひとつには「ぼくそこ」こと「ぼくらの祖国」(扶桑社/単行本と新書版)を英訳して、海外でも出版します。
 電子版と単行本と、両方になる予定です。
 日本の読者も、僭越ながら英語の勉強も兼ねて?読んでいただければ嬉しいです。
 これはもう英訳がほぼ終わっています。
 そう遠くない日に、もちろん年内に扶桑社から発刊となる見通しです。

▽それから、初の美術分野として、京都の画廊、「大雅堂」(たいがどう)で年内に個展を開く予定です。
 まだ作品を制作中なので、日程は未定です。大雅堂にすでにお問い合わせも頂いているとのことですが、もうすこし待ってくださいね。


▼これらはすべて、従前から進行中の危機管理・安全保障・外交の実務、独研 ( 独立総合研究所 ) の社長の任務、そして独立講演会や会員制レポートの「東京コンフィデンシャル・レポート」 (TCR/お問い合わせはここ) の配信をはじめとするさまざまな発信、問題提起…などなどを一切、削らずに、同時進行です。

 それから、ぼくにとって生きる歓びのスポーツも同時進行です。
 モータースポーツは、JAF(日本自動車連盟)の公式戦の参戦は一時休止していますが、来季の復帰を目指して富士スピードウェイでのトレーニングを続けています。サーフィンも本格化させたいです。スキーは、かつてのように夏スキーには行きませせんが、シーズンが始まればどうにかして滑ります。
 水泳は日常のトレーニングのなかで続けています。逃げ出したくなる厳しい筋トレはむしろ今、強化しています。
 ただ、大好きな乗馬、あの素晴らしいスキューバダイビング、そして下手くそなテニスなどから遠ざかっているのは寂しいです。来年までには復活させたいナァ。

 いずれにしても、なにやら凄まじい同時進行なので、日々の生活は「わはは」、「ふひふひ」の状態です。
 ちなみに、今日は、今年度も再任された消防審議会(総務省)委員の新年度初会合があるので、朝早くから出かけねばなりません。報酬は返上するので、今日はまず、その書類を出します。
 交通費も返上するので、自分で独研の社有車を運転し、独研・総務部秘書室第2課(社長長同行担当)のS秘書を乗せて行きます。

 その今日で言えば、「ぼくらの哲学」のゲラ直し〆切まで4日、産経新聞から依頼されている「iRONNNA」の原稿〆切まで2日、「平成紀」の改稿〆切まで2日という情況です。
 これを縫って、夜のアメリカ大統領選挙をめぐる会合なども、どうにかこなします。知友との交流も絶対、欠かしません。


✶きのうは、独立講演会の第53回が東京の日経ホールで開かれました。
 実は、上掲のようなわけで疲れが溜まってはいたのですが、今回も沢山のかたがたが、せっかくの晴れた日曜日に集まってくださいましたから、背筋が伸びました。
 9歳から70歳台まで、ほんとうにさまざまな世代からの意義ある質問をその場でお受けして、ささやかに答えていきました。
 参加者のうち、若いひとりの大学生から「本日は独立講演会お疲れ様でした。すべてはつながっているという観点からすれば自然なことなのかもしれませんが、講演全体の大テーマが浮かび上がってきたからか、不思議な気分になりました」という印象深いEメールも受け取りました。
 終わったあと、ぼくも不思議なほど清々(すがすが)しい気持ちになりました。

 みんな、ありがとう !

 独立講演会は、独研が自主開催している唯一の講演会です。
 時間無制限(現在は、聴衆のみなさんの健康を考えて原則4時間半)、そしてナマ質問を数時間、お受けするというふたつの特徴があります。
 次回は6月25日の土曜に、大阪の、あのエキゾチックな中之島公会堂です。(正式には大阪市中央公会堂)
 ちょうど本日5月23日の正午から申し込み受付が始まり、6月3日までの期間だけ受け付けています。
 ここです。

 待っています !
 一緒に考えましょう。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

京都【一市民】
2016-05-26 01:58:25
京都は思い出深い街です。
好き過ぎてバックパッカーをしていました。
短期ですが。
一泊2,000円くらいのゲストハウスに泊まり。
出会った子と友達になったり、夜通し語ったり。

大好きな街です。

鉄道も好きなので。

個展の際には街を堪能したいです。

子供のころ「お〜い竜馬」をアニメで観ており号泣していました。

お墓の近くまでは何度も行ったことがあります。
しかし参る勇気がなかったぜよ。これまで。

しかし、今度は参ります。

青山さんが仰っていたソフトターゲット、京都。

テロリストには文化を保護する等という観点はありません。

テロリストのようですが、メディアは報じない、日本の寺社仏閣が近年沢山火災の
被害に遭っている。

許してはいけない。

屈してはいけない。

早期に全国の寺社仏閣にセキュリティの強化を一市民として求めます。

文化ですから。日本の美しい建造物。

安全でありますやうに☆ミ

お疲れ様です。
英訳版大感謝です!【むかで】
2016-05-25 03:53:59
ぼくらの祖国がとうとう英文で!私の拙い語りに耳を傾けて下さった方々に是非読んでもらいたいです。在米の方には共感いただけるかなと思いますが、オバマ大統領の広島訪問が決まってから、いま、正直風当たりが強いです。原爆のおかげで戦争が早まったという論に疑問を投げ掛けてみませんかとお誘いし対話を進める中、ここで熱くなってはいけない、責めてはいけない、恨み言ととらわれてはいけないと冷静でいられる私の根幹を支えているのは青山さんから教わった事実です。

配るほど購入する財力はないので、出版社さんには申し訳ないけど、数冊だけ購入して回覧と思います。中高の図書館に寄贈したら受け入れてもらえるか問い合わせます。大学関係者や、アレルギー反応を起こしそうな層にも抵抗のないように味付けを工夫して提供したいなあ。是非消化して血と肉の一部にしてもらいたい。

まずは出版されるのを首を長くして待ちます。青山さん、支えるスタッフに出版社の皆さん、ありがとうございます。
川崎中学事件【ゆうき】
2016-05-24 18:57:20
久しぶりにコメントします。
日記と全然関係ありませんが、去年の残虐な川崎中学事件の犯人が、極刑にならないことが許せません。寒い中、川で泳がせて、鉄パイプで集団で殴って暴行してナイフで切りつけて。被害者の子供と家族のことを一切考えてない法律だと思います。本当に、1字も憲法に国民を守ることは書いてありませんからね。
加害者の人権ばかり重視して、許せません。

死刑廃止するべきだとか、女医の西川のりこさんがテレビで言ってましたけど、家族が集団リンチで殺されても、その犯人を許せるのか?と思いました。

不良同士のケンカとは全然違うのでこのニュースを見る度に悲しくなります。
少年法廃止なり、凶悪犯人は、少年法適用外にしてほしいです。
祝 僕らの祖国 英語版 This is it!【サーフィン屋テッド】
2016-05-24 09:00:05
青山先生 ありがとう!!Thanks!
これで、青山繁晴先生って、こんな人だ で外国人(日本を離れてる人は現地では我々が外国人)に説明できる。扶桑社さんね 現地の出版社にプッシュしにいこう。御社のベストセラーが日本にあるぞ で OKだな

我々が今 関係してるのはスリランカだけど、これで、ボクソコ サーフボードの本当の意味
を彼らは直に先生の言葉、文字を感じて、心に刻印できるだろう。選手を出す前のインストラクター養成してる時だから、ベスト タイムでした。

背骨ずくりには僕らの祖国 ってか

あいつら 本当に働くの遅いと思ってたけど、暑くて日中 働けない、、。
木陰で昼寝にはこの本  なんて コピーがいいかなーー。
ダッシュソーテキじゃなくて脱私即的だけど、まーいいか。
暑くて、信念も誇りも溶けちゃってるぜ イエーー!!
日経ビル【山口県素人市民】
2016-05-24 00:11:54
22日の独立講演会で、やっと生青山さんにお会いできて感激です。千春博士のたどたどしい場内アナウンスにお姿は見えなくてもグッときました。
青山さんはお忘れでしょうが、ずいぶん前に、私は、小説「平成」の感想文を約3名しか見ないブログに書いたとき、青山さんご自身がコメントを残してくれて、脳内のアドレナリンが噴出したものです。当時は天の陛下のご存在の意義がよく判っていなかったのと、鼻血の描写の必要性も意味不明だったので、読解力のない感想文になってしまいましたが、今読めば、新たな発見が多々あると思い、再出版、楽しみにしています。

今回の講演会、人間いつ死ぬか判らないし、会えるときに会いたいという思いで申し込みました。

そしてやっと生青山様に会えたと思ったら、腹具合が悪い、

ちゃんとトイレ休憩まで取ってくれたのに、そのあとも悪くて、せっかく祖国の大事なお話を志高い聴衆と話し合ってる最中に、便意が。

一所懸命話してくださってる最中だから我慢しなきゃ、でもここで脱糞したら迷惑なのでは、だったら、話の区切りで、次の質問者の前で席立つのはどうよ、そもそもこんな集中できない状態で話を聞くことじたい失礼なんじゃないのか、これこそが同調圧力に負けてることでわと、目まぐるしく思考がかけめぐり、周囲の方たちにも青山さんにも申し訳なく思いながら席を立ちました、青山さんの話が聞けなくなるのは断腸の思いでしたが、トイレ内のスピーカーから青山さんの声が聞こえ、これも天の計らいかと、安心して用が足せました。
ありがとう、日経ビル。

娘が幼稚園の時、田母神さんの講演を聞きに行き、握手をしてもらいました。金美齢さんの講演を聞きに行ったとき、娘は小学生低学年ながら、おとなしく聞き、金美齢さんにじかに声をかけていただきました。そのときサプライズで安倍さん(まだ第二次安倍政権発足前)も途中に来て、一番前に座ってる娘を気にしてるように感じました。今回は、残念ながら私一人で申し込みましたが、やはり娘(今、中一)を連れていきたかったです。国を思う人は例外なく、先人への感謝と、子供の未来を思うんだなぁと、青山さんの今回のお話を聞いていて確信しました。
すばらしい講演を本当にありがとうございました。
立法府の長とは【pretender】
2016-05-23 22:54:18
国会で安倍総理が「私は立法府の長である」と発言したことに対し、多数のブログやSNSで「総理大臣は行政府の長であって立法府の長ではない。小学校で習ったはずではないのか。この程度の理解力では総理不的確と言えよう」、「以前にも同じ発言をしていた。もはや言い間違いではすまされぬ。三権分立を壊そうとしているのか」といった趣旨の非難がなされています。青山先生は総理の「立法府の長」発言をどのようにお考えでしょうか?
鈴木康司さまそしてみなさま有難う !【池田 香美代】
2016-05-23 20:46:24
青山さん こんばんは

ミニミニ青山ワールドの連中と「長生きも芸の内」って
話し合ってはいましたが出番は無いものと諦めていました。

千春博士の才能に加えて忍耐に継ぐ忍耐のお陰で
今日を迎えることが出来
具体的な行動に参加させていただける運びになりました。

それもこれも青山さんの存在有ってのこと
感謝しても感謝してもし足りないです。

第53回独立講演会in東京
鈴木さんをはじめお声を掛けてくださったみなさま
全ての方が素敵でかっこ良く!驚きさえ憶えています。
(青山さんでは有りませんが私はお世辞が苦手です)

書き込みを下さった鈴木さん身に余るお言葉有り難く頂きました。
そして会釈を下さったり話しかけて下さったみなさま
わたしは、かねてから青山さんを天がお遣わせ下さった
旗印と受け止めています。
なにを如何すれば良いのか解らずに迷いに迷っていた愚鈍な私
青山さんのお話を繰り返し伺っても道は見えず
焦りが増幅するだけでした。

でも、千春博士のお陰で確かな目標が出来ました。
なにごとも「継続は力なり」と申します。
メタンハイドレートと千春博士の研究に
私達、
庶民の期待がどれほど大きいか行動で示させて頂きたいのです。


かさねて
かさねてみなさまにお願いと御礼を申し上げます。
「本当に有難う御座いました。」
「どうぞ どうぞ千春博士の研究をお見守り下さいませ」
もちろん私も頑張ります。
日本人に生まれて良かった❗【スマイル】
2016-05-23 16:27:04
青山さん、出版ラッシュが待ち遠しいです~お金を貯めておきますね(笑)青山さんの作品を読み終えた後、本の代金以上のものを受けとった思いがします。元気づけられるというか、前を向いて、この瞬間を生きていこう❗という気持ちになりますね。青山作品は私の生き方をかえたと思います。ぼくらの哲学が発売になるとか。葉隠れのお話しには深い衝撃を受けました。他人の為に生きてみたら、人生はかわる❗私を捨て去る❗素晴らしいですね。日本人に生まれて良かったです。
「謝罪を求めない」といえば「本来謝罪すべきこと」という意味になる【いづも】
2016-05-23 14:04:46
いつもありがとうございます。
「謝罪は求めない」つまり、「本当は謝罪が必要なことですが」の意味となる。
安倍主首相の外交センスが光っているのでは。
しかも、オバマ大統領側はこの「求めない」に関しては、
「奇妙なことに謝罪を求めなかった」と言っていますが、これは安倍首相に対する援護とも言えるような内容になってしまっているのではないでしょうか。
言及しなくても「触れない」ことで「謝罪すべきこと」という前提が残り、「謝罪するべき理由がない」とでも言う以外になかったはずですが、結果として安倍首相の読みどおりなのではなかろうかと思います。
久しぶりの繁子ちゃん!【トウモロコシ】
2016-05-23 13:41:18
繁子ちゃん、楽しみにしています!
できれば、関西にもサイン会に来て頂きたいなあ・・・。

虎ノ門ニュースの、youtubeのコメントができなくなりましたね。
青山さんの解説を補完してくださったり、反対の意見があったり、
いろんな意見があって
「みんなよく知ってるなあ~~~」と、参考にしていたのですが・・・。

慰安婦問題 米公立高「性奴隷」表記か 加州、教育指針7月策定へ

と、産経の記事がありましたが、反日勢力のしつこさは凄まじいですね。
その粘着力とパワーを、もっと別のことに使いなさいよ、と言いたくなります。
逆にいえば、日本が気になって気になって仕方がないんですね。

気温が上昇しはじめ、汗ばむ季節となりました。
青山さん、お体ご自愛くださいね。もちろん、繁子ちゃんも!
オバマ大統領広島訪問に退役軍人の御伴【ednakano】
2016-05-23 12:10:07
朝日・毎日の記事しか見てませんが、オバマ大統領の広島訪問に元軍人(元捕虜)がついてきて、謝罪めいたことをさせないようにするつもりのようです。
最初は、むっとしましたが、来るなら来ればいいと思うようになりました。
広島の展示をみてなおかつ原爆投下の正当性を主張するということが、アメリカの若い世代にどう映るのかと思います。
朝日新聞は、枯れたが捕虜でひどい目にあったとか通常兵器でも大量殺人はできるといっていますが、ならば東京大空襲を含む米軍の市民無差別爆撃や、捕虜に取らずに民間人まで皆殺しにしたことなどアメリカの裁かれなかった戦争犯罪もすべてテーブルの上に出して議論すべきではないのかと思います。
オバマ大統領の広島訪問【ハマナス】
2016-05-23 11:19:51
先ほど、オバマ氏の広島訪問に関して投稿したものです。お忙しい青山さんに自分の疑問をぶつけてしましましてすみません。アメリカ大使館につながるものなら聞いてみます。
国を愛する瞳【鈴木康司】
2016-05-23 11:05:22
<国を愛する瞳>

5/22に初めて独立講演会に参加させていただきました。生で青山さんを拝見し、視線も合わせて下さり情熱を頂きました。仕事の関係で日曜日しか参加できませんが、感動しました。

感動その1.自分同様に日本国を考えてくれる仲間が大勢いたこと。
感動その2.想像通りに「青山さん」が清廉な武士であったこと。
感動その3.池田香美代さんが青山さんと同じ瞳であったこと。

池田さんも青山さんも素晴らしいのは、お二人ともいつも「祖国」を見ているんですね。瞳のむこうに「我らが日本」があるんです。だから発言がぶれない、媚びない。

講演終了後に池田さんと握手し、お話しもさせて頂き、光栄でした。
池田さんにとって、青山千春博士も尖閣諸島も同じ日本そのもの、と感じました。
政府を動かすのは名もなき庶民である誇りを持ちましょうと呼びかけられました。有難うございます。自分も尖閣諸島の寄付に参加いたしましたが、青山千春博士にも僅かながら寄付をさせて頂きたいと思います。

明治維新前夜、高杉新作が山口の功山寺決起の後に下関から長州藩内に決起を促す激文を送った際に小郡の庄屋が言った高杉への言葉が思い出されます。
「正義の方々がお倒れなされては国家もこれきり。長州の家来の方々ができないのであれば、我々の手で百姓一揆を起こし、国家を回復しましょう!」

自分にとって高杉新作は青山さん、下関の農民は僕ですね。でも国家の主役は国民ですから、自分の手で国家を回復します。

追伸:池田香美代さん、本当に有難うございました。貴方の開けてくれた扉で国家に寄付が出来、国家を呼び覚ますことを実行できます。有難うございます。長生きして下さいね。
オバマ大統領の広島訪問【ハマナス】
2016-05-23 10:30:02
青山さんこんにちわ。青山さんの超人的な過密スケジュールを聞くにつけ、心配とはらはらでいっぱいになります。明治維新の志士にしても、モハメド・アリにしても、いつも神が自分を守ってくれると信じていたそうですが、それでも心配になります。
 さて、オバマ大統領の広島訪問に、全米バターン・コレヒドール防衛平記念協会の会員、ダニエル・クローリー氏(94)が同行すると発表されたとか。原爆投下だけでなく、第二次大戦のすべての被害に目を向けたものであることを示すためであるとヤフーニュースに書いてありました。真偽は定かではありません。毎日新聞の記事です。
 事実であれば、民間人の被害者と軍人の捕虜を同レベルで扱うのかと疑問を感じます。広島の被爆者が、軍人の捕虜と握手する光景は想像できません。青山さんはどうお考えになりますか?
メディアの力を見せてほしいものです【関西太郎】
2016-05-23 10:15:22
あるメディアの調査で、舛添都知事が辞任する事に4割の人が「選挙に莫大な金がかかるから」という理由で否定的な意見を持ってる事に驚きました。
これはメディアがきちんと情報を流してない事に問題があると考えます。

例えば、韓国学校の件。
韓国学校は「定員割れ」をしておりますので、新たに学校を建てる必要性がゼロですが、なぜか都知事は韓国学校に執着をしている。
韓国大統領と約束をしたからなのか、他の思惑があるのかは分かりませんが。
青山さんもご存知でしょうが、渋谷区にある英国人インターナショナルスクールは定員300人に対して児童数367人、分校にあたるスクールでも定員385人に対して児童・生徒数は501人であります。
明らかに子供たちは窮屈な思いをしているのに、定員割れしてる韓国学校を優遇するのは、明らかに優先順位を間違えてますし、悪く言えば差別といえます。
他にも定員オーバーの外国学校はあると聞いてますから、子供達の為にも次の会見でメディアは追及して欲しい物です。
他にも、都知事は「特定の民族専用の老人ホーム」も作ったと聞いています。
「日本人限定の施設」とか作った時には、人権派団体が「差別だ!」とか叫びそうなものですが、こちらは静かなものです……
そもそもそんな土地と金があるなら、どうして保育所を作らないのでしょうか?
メディアが追及すべきはそこですよね。
40数億の金の為に、不適切な金の支出を認める等、普通は出来ません。
先の会見でも、これらに対して触れたメディアは無かったように見受けられました(そもそも、韓国学校などの質問をする場所ではなかったのかもしれませんが?)
普通に疑問なのですが、この問題はメディア的にはタブーなのでしょうか(特にテレビメディアは)?

それと頑なに時間稼ぎをする舛添氏の狙いは、ボーナスにあるのでは?と言う報道もありました。
知事の給与などを管轄する総務省の担当者によると、「受給資格は6月1日時点で都の職員として従事している者。それ以降に辞めても満額支給される舛添都知事なら380万円くらいでしょうか」という事らしいです(livedoorニュースより)
まぁその意図が有る無いに関係なく、自分で辞める事は無いでしょうけどね、あの人は……
もはや彼が居座り続けるのは国益にならないとすら感じます。
米軍元捕虜広島同行【佐野 充】
2016-05-23 09:16:08
コメントが多すぎますが、お許し下さい。今回のオバマ大統領の広島訪問に米軍元捕虜のかたが、同行することが決まったようですが、私は、それを読んでその内容に疑問を感じました。元捕虜のかたたちは、足尾銅山で、働かされたと主張しておられるようで、酷い仕打ちも受けたと主張しておられるようです。映画アンブロークンが、日本では反日映画として上映が延期されたりしたことにも触れているようですが、アンブロークンについては、WiLLで、あれは反日映画ではなく捕虜収容所の日本軍下士官と捕虜との人間的な事を描いていると読みました。確かに戦争状態にあった敵国同士の兵は、想像を超えた精神状態もあっただろうと、容易に想像できます。何回も書きますが、私は拘禁生活も送った事がありますが、檻の外の側(刑務官)と、檻の中の側(拘禁者)の間には、その担当になった職員の人間性などにより拘禁が、より一層酷い状態になってしまうこともあります。(誤解のないように書きますが、拘禁者と捕虜を同じにするのは、失礼だと、わかっています。)今回の元捕虜同行には、ホワイトハウスから、元捕虜の側に打診があったようですが、広島 長崎に原爆を落とした事や、沖縄上陸 本土空襲とは、全くの別問題です。捕虜のかたがたも、原爆投下の理由は、戦争を早く終わらせる為だったと思っているようですが、私は、米軍元捕虜のかたがたも、そのように教えられただけだと思います。日本政府も、アメリカ政府も、政府としての動き 覚悟ではなく、周りの眼を気にし過ぎて、問題を更に複雑にしてしまっているかも知れませんね。これを見て、喜ぶのは、朝鮮半島と、中国共産党です。アンブロークンという映画は、私も、まだ観てませんが、日本政府が、映画を観てもいない。あるいは内容も精査していないのに反日認定していたとしたら、間違っていますし自称親日連中が、やいのやいのと言っていただけでの上映延期ならば、尚更です。親日のふりをする反日勢力も、います。小泉元純一郎さんも、おかしなことを言っていますし、日本と、アメリカや、他国との友好な関係が、壊れないように願います。
「オバマ大統領、広島に元捕虜同行」【岐阜太郎】
2016-05-23 08:59:48
オバマ大統領が広島訪問に元捕虜(フィリピン・バターン半島戦闘で捕虜)を同行させ、

原爆被害者と合わせようと記事が報道されました。

私は元捕虜は軍人で戦闘員です。

原爆被害者は非戦闘員で、子供や女子が中心です。

おかしいなと思います。
米軍基地問題について【大谷勝彦】
2016-05-23 08:07:47
青山さん
駐留米軍について、私はこれまで日本の防衛には欠かせないものだと決めつけておりました。昨日の独立講演会でのお話は目から鱗が落ちる思いでした。この際自主防衛に20兆円掛かろうとも占領軍には出て行ってもらいましょう。それで先日の沖縄の痛ましい事件のようなことも起こらなくなれば安いものではありませんか?
沖縄の米軍基地はリゾート地に最適の地をかなり独占してますよね。
また横田空域が返還されれば羽田も成田ももっと便利になりますよね。それで海外からの観光客をさらに増やしてお金を落としてもらいましょう。
青山さん、以上突拍子もないことですいません。
楽しみがいっぱい!【一市民】
2016-05-23 06:46:49
青山さんおはようございます!

本日も安全運転でよろしくお願いします☺︎

今回は特に楽しみがいっぱいのブログです。

新作の本達、楽しみです!

繁子ちゃん♡との対談本楽しみですヾ(◍’౪`◍)ノ゙

「ぼくそこ」の英訳版の件、素晴らしいですね☆
沢山の海外の方に読んで頂きたいです。
もちろんわたくしも英語の勉強の為に。

芸術大好きなので、京都の個展是非伺います♪

青山さん、多忙でスポーツ出来ないのは寂しいですが、
「あわてない、あわてない、一休み、一休み」by一休。ですよ☺︎

サミットもうすぐですね。
三重はピリピリしてますΣ

都会のソフトターゲットが無事でありますやうに☆ミ

日本が無事でありますやうに☆ミ

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ