On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2016-06-02 02:44:26
Comments (12)

吃驚

✶ぶと新こと、ぶっとい新書の「壊れた地球儀の直し方 ―ぼくらの出番」(扶桑社新書、たとえばここ)」は今日6月2日に正式発刊日を迎えましたが、その当日に何と、増刷となりました。
 いきなりです!
 初体験です!
 みなさんに、こころの底から感謝します。深くぺこり。吃驚(びっくり)。

 父の命日、に記念すべきプレゼントを読者からいただきました。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

買いました!【安部崇(本名掲載可)】
2016-06-04 15:09:13
出先の香川で買いました!
大阪の講演会も参加します!
今から楽しみです。
ワクワク【やま】
2016-06-03 00:29:45
発売日に増刷!おめでとうございます。
大学の生協の書店取り寄せしました!まもなく手元に届く予定です。
私の学校では、大学生協に加入していると10%割引になるので、
なんと、900円以下!で購入できます。
学生にとっては、有難い…
青山さん、そしてぶっといのに価格を抑えていただいた扶桑社さん、
ありがとうございます!
友達にもプレゼントしようかな〜。
祝 増刷【しーくろ】
2016-06-03 00:02:21
ぶと新、二冊予約してたのですが一冊しか入荷せず、もう一冊は一週間後くらいになると連絡があり、早速買いにいきました。その後いつもお世話になっている友人に会ったので差し上げました。自分のはもう少し待ちます。

お父様は、青山さんの嬉しそうなお姿を見れてお喜びになられていることでしょう。
涙が出るほど嬉しいです【西本 匡】
2016-06-02 21:51:20
私を含め多くの人が期待を胸に抱いて、購入したのですね。

神は人をして行いを成すと聞いております。、

今回も神様は多くの人をして、青山さんに激励を下さったのでしょうね。

私たちの出番だと思います。主役か脇役か通行人か裏方かは問題ではないですね。
☆増版!おめでとうございます☆【安野 一】
2016-06-02 21:43:21
発刊日当日の増版のお知らせ、凄いですね。
青山さん、おめでとうございます。
6/2 ご尊父様の良いご供養にもなるのではないでしょうか。
多くの方が、青山さんの発信されていることを求めている証し
だと思います。私も同じです。
歴史の都とも言うべき「京都」から「みなの衆、立つべき時は来たれり その1」
独立講演会が始まりました。直近のご著書の売れ行きや増版は、正にそのことを
象徴しているかのようです。長年あたためてこられた青山さんの「魂の叫び」に、
多くの人が受けとめ、答えようとし始めている、と感じます。

今日、息子に「ぶと新」買って来てもらいました。ぶっとい!
先月末、書店へ行った時、偶然にも「救国」を見つけ、今読んでいます。
どうやら、今年は青山さん漬けになりそうです。(笑)
「脱私即的」や「武士道といふは死ぬことと見つけたり」のスピリットが
あるからこそ、如何なる苦難があっても続けてこられたのでしょうね。

これからの新刊予定も楽しみにしています。
消費税【沖縄んちゅ】
2016-06-02 17:29:55
「壊れた地球儀の直し方ーぼくらの出番」増刷おめでとうございます。沖縄は船便の為発売日より5日遅れます。地元書店に注文したので購入を楽しみにしています。

ニュースを視聴していたら、日本商工会議所の三村明夫会頭が「2年半先の消費税を上げられないようなら日本は恐らく財政破綻をする」と発言。私は「はぁ~」と深いため息が出ました。

私は経済の難しい事は分かりません。しかし5%~8%消費税の増税を機に物を買い控え,贅沢品、外食、旅行なども控え節約するようになりました。40代世代の我が家は、住宅ローン、育ち盛りの子ども達の食費、教育費と出費が多くギリギリの生活です。増税で出費は増えるが、収入は変わらない。1,999円消費税10%→199円消費税→「買うのやめよう」と多くの国民は思うと思います。

消費増税によって子どもを産み育てる事に悲観的になってしまします。経済学者のポール・クル―グマンさんが少子化対策する事が経済活性化になると仰っていました。女性が子育てしながら働きやすい環境を整え、国民がそれぞれの能力を生かし生き生きと働ける。増税するより日本経済が確実に良くなるのではないか。

消費税は2年半先に延期するのではなく、中止すべきではないでしょうか。2年半先に消費税を上げるのなら、真面目な日本人は将来に不安を感じ、財布の紐は緩めないと思います。私も財布の紐(鉄のチェーン)は緩めません(笑)
消費税【沖縄んちゅ】
2016-06-02 17:05:35
「壊れた地球儀の直し方ーぼくらの出番」増刷おめでとうございます。沖縄は船便の為発売日より5日遅れます。地元書店に注文したので購入を楽しみにしています。

ニュースを視聴していたら、日本商工会議所の三村明夫会頭が「2年半先の消費税を上げられないようなら日本は恐らく財政破綻をする」と発言。私は「はぁ~」と深いため息が出ました。

私は経済の難しい事は分かりません。しかし5%~8%消費税の増税を機に物を買い控え,贅沢品、外食、旅行なども控え節約するようになりました。40代世代の我が家は、住宅ローン、育ち盛りの子ども達の食費、教育費と出費が多くギリギリの生活です。増税で出費は増えるが、収入は変わらない。1,999円消費税10%→199円消費税→「買うのやめよう」と多くの国民は思うと思います。

消費増税によって子どもを産み育てる事に悲観的になってしまします。経済学者のポール・クル―グマンさんが少子化対策する事が経済活性化になると仰っていました。女性が子育てしながら働きやすい環境を整え、国民がそれぞれの能力を生かし生き生きと働ける。増税するより日本経済が確実に良くなるのではないか。

消費税は2年半先に延期するのではなく、中止すべきではないでしょうか。2年半先に消費税を上げるのなら、真面目な日本人は将来に不安を感じ、財布の紐は緩めないと思います。
買えました!!【吉岡裕子】
2016-06-02 16:57:04
さっき西宮ガーデンズで、整理券を頂いて、ぶと新を読んでいましたが、そろそろ夕飯の用意をはじめなくちゃいけないので、一服です。
今回も前回同様に、整理券を大切に通帳に挟みました。
前回のあの悔しい見つけられなかった整理券と共に、挟んでいます。
会計を終えて、レジから立ち去りながら、我慢できずに袋から出して、店内のベンチに座って表紙を眺め、帯を読んで、1ページ目の言葉に、涙がぐわーっと湧いてきて。
青山さんの文章は本当に不思議です。
買いました!【岡田 勝】
2016-06-02 16:45:56
横浜でぶと新買いました。
みなとみらいの海辺で読んでいます。

自分の生き方を見つめなおさなければならない、と思いながら読んでおります。
私にとって何度も読まなければならい、と思う書籍だと思いました。

サイン欲しい~
あ…ない【松本裕子】
2016-06-02 16:27:55
青山様

ぶと新、凄い事になっています。スタバとツタヤが隣りで、営業している大店で、ぶと新売り切れです。

1日に西宮ガーデンズで、一冊購入して、今半分ちょいぐらいまで、読みました。隣りで青山さんが話されてるような、迫力満点の文章、内容の濃さに、感動し、母に一冊プレゼントしようと、ツタヤに買いに来たのですが、店員さんもビックリ、ありませんでした。こうなったら、初版が欲しいと、注文しましたが、お店の人ももしかしたら、手に入らないかもと、おっしゃっています。青山さんの本ドンドン売れて売れまくってほしいのですが…ちょっぴり複雑です(笑)。
今日のお昼【A.A】
2016-06-02 15:31:59
青山さんこんにちは!
今日さっそく、西宮ガーデンに行って 予約していたぶと新を買ってきました!
整理券も無くさずに持って帰ることができました(笑)
ブックファーストのかたは親切で、、「予約されてませんか?」とレジでも聞いてくださいました。
「大丈夫です!今整理券もいただきました!有難うございます」と答えましたよ(笑)
大阪から阪急で買いに行きましたが、帰りは普通電車に乗って ぶと新を読みながら帰りました!
おにぎりを有難うございます!
しっかり大切にいただきます!
買いました【河村】
2016-06-02 15:19:39
先程出先で本屋に寄ったら二冊おいてありましたので一冊買いました。後ほど読ませて頂きたいと思います(^^)

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ