On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2017-04-11 21:27:04
Comments (13)

★急告 その2 細かい時間が確定しました!

▼明日4月12日水曜の参議院「資源エネルギー調査会」での不肖ぼくの質問は、午後1時ちょうどから1時40分となりました。
 ぼくの決めた質問テーマは「朝鮮半島危機と原発」です。
 答弁する政府側は、今のところ、総理官邸から野上浩太郎官房副長官、そして原子力規制委員会の田中俊一委員長らが担当省庁の審議官級らと顔を揃える見通しです。
 アメリカの空母打撃群が朝鮮半島に近づく今、重要な質疑になると考えます。

▼まだ傍聴の申し込みは間に合います !
 何時でも大丈夫です。
 ただし先着順で、いっぱいになれば、そこまでです。
 関心のある方は、今、どうぞ !

*申込み方法

傍聴をご希望の方は、
件名:傍聴希望
本文:(1)氏名、(2)年齢、(3)電話番号(当日連絡がつくもの)

下記のメールアドレス宛に送ってください。
先着で受付完了メールをお送りします。
aoyama.shigeharu.info@gmail.com
 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

こんなに危機的なのに…【np】
2017-04-13 00:35:26
日本のマスメディアは…(産経新聞は除きます)。
溜息しか出ません。

「朝鮮半島危機と原発」

本当にそうですよね。
恐ろしいです…。

また、拉致被害者の救出もそうですね。
今年の9.17で15年になるのですね。
ネットで質疑を傍聴させていただきました【稲村直樹】
2017-04-12 13:50:37
青山さんありがとうございました。大変なことを淡々とご指摘されていましたね。この島国が本当に恐ろしい局面に直面していることに改めて気づかされました。豊洲や豊中もいいですが、国会では青山さんのように国民国土を守る上での盲点をどしどし俎上にあげていただき、国の強靭化を進めていただきたいです。本当にお疲れ様でした。
質疑をニコ生の中継で拝見しました【しまぶー】
2017-04-12 13:49:26
さきほど、「朝鮮半島有事と原発」に関する質疑を、ニコニコ生放送の生中継で拝見しました。青山さんのように、危機管理・安全保障・エネルギーの専門家というご経歴がなければできない質問だったと思います。いつも、国会の生中継で思うのですが、官僚の方は国民が見ているのにも関わらず、回りくどく難しい言葉で答弁をしています。安保国会のときもそうでした。わかりやすくかつ、率直に答えることが国民に対する責務なのではないかと思います。来週月曜日の虎ノ門ニュースで、今回の質疑と答弁者の答弁の解説をよろしくお願いいたします。また、さきほど時事通信の速報で読みましたが、朝鮮半島有事における拉致被害者の救出について、安倍総理がアメリカに協力を要請しているというニュースを読みました。拉致被害者の家族の方々は、どんな手段でもいいので救出してほしいと思っていると思いますが、主権国家なのにも関わらず、自国民を自国の力で救出することができないのは、日本人としての誇りを踏みにじられる思いです。このニュースに関しても、虎ノ門ニュースなどでご解説いただければと思います。
日本海側の原発【ポール】
2017-04-12 13:32:24
日本海側の原発を動かしていいんでしょうか?
もし、福島第一原発が日本海側の原発だったら、状況がかなり違ってましたよね。

原発の安全神話は全くのでたらめです。
でも、原発は動かさなくっっちゃいけない。
しかし、事故が起こったときを想定しないで原発を動かすことはあっちゃいけない。

日本海側の原発で事故があったとき、逃げ場はあるんでしょうか?
真央ちゃんの引退会見について【西 真一郎】
2017-04-12 12:33:07
青山さん、こんにちは。浅田真央ちゃんの引退会見で最後に涙を流したのを見てもらい泣きしました。質問する記者は「今までお疲れ様でした」と言ってから質問していましたが、共同通信と日経新聞だけはお疲れ様とも言わず質問してなんやこいつらと思いました。
まさに神の御采配【きよちゃん】
2017-04-12 07:35:52
青山さんおはようございます。
今日の質疑、心待ちにしておりました‼
去年の暑い夏に「一緒に考えよう‼」と青山さんが皆に呼び掛け、たった数人のスタッフさんと大都市のみ演説をはじめた時は正直投票迄日にちも無くどうすれば多くの人に伝えられるのか、こうして青山さんが国会に立つ日をただただ信じて日々行動致しました‼
今日は仕事と重なり傍聴できませんが店内で御客様方と一緒に拝聴致します‼
まさに日本はこれから大きな危機を迎えるかも知れませんね。
「朝鮮半島危機と原発」の質疑に立つ青山さんは八百万神の御采配だと。まだまだ日本は泥船なんかじゃないと感じております。
「東京防災」内のテロ・武力攻撃についての記述【Nathan】
2017-04-12 02:05:43
先ほどの投稿で、「東京防災」は震災関連のみということを書きましたが、厳密にはテロ・武力攻撃に関するページが4ページあることを発見しましたので訂正します。

また、政府が有事の際の事前情報を掲載していない旨についても書きましたが、これも内閣官房に「武力攻撃やテロなどから身を守るために」というページがありました。

ちょっと探せば見つかるものであるはずなのに、申し訳ありません。

これに関連し、各種情報では、有事の際には「国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)」が適用され、この場合は「各区市町村が防災無線で注意を呼びかける」とあります。

つまり、現行法では有事の際の国民への情報発信の主導権は地方自治体にあるということであり、このことからは、国家たる政府が事前情報を発信するということは控えているものと思いました。国民の安全確保の観点においては、より地域の実情に合わせた情報発信がなされた方が良いという考えに基づくものと思われ、それはその通りだと思います。

実際、東京都では「東京都国民保護計画」や「テロや武力攻撃から身を守るために」というパンフレットがウェブで公開されていました。また、その他の自治体においても、独自の案内を作成している自治体とそうでない自治体とがありましたが、後者においても内閣官房へのリンクが貼られている自治体もあり、準備はなされていると確認しました。
「東京防災」ならぬ「日本防災」を【Nathan】
2017-04-12 01:35:42
東京都民には平成27年に東京都から「東京防災」という本が配られました。内容は震災の事前対応と事後対応を網羅しており、300頁以上にわたる充実したものです。

私は、今般の北朝鮮有事に備えて改めてこの「東京防災」を読んでいます。ただし、当たり前ですがここには震災時の対応しかかかれていません。

震災よりも発生可能性が著しく低い軍事的な脅威の事態ですが、「東京防災」ほどの量ではなくとも、軍事的な脅威あるいはテロの脅威を想定した刊行物が国民に届けられてもいいのではないかと思います。

それが予算等の関係で難しいのであれば、国民が事前に具体的に準備できるよう、軍事・テロ時の防災に関するホームページを政府が作成していただきたいと思っています(既に作成していて探せていなかったら申し訳ありません)

ウェブ上のホームページであれば紙面より有用なものがあると思います。例えばミサイルが発射されたときのアラート音などはまるで昔のゲームの音源のようであり、初めて聞く者にとっては緊張感に欠けるものですが、その後のアナウンスで事態が把握できるようになっています。それが事前にわかるだけでもとっさの行動に違いが出てくると思います。

もしかしたら事前の準備をさせることが逆効果であると国家機関が考慮していたのなら申し訳ない話なのですが、「東京防災」を読み込んでいて、ふと思い至ったので投稿致しました。
神戸芸術劇場【松本裕子】
2017-04-12 00:10:15
青山様

先日の独立講演会、ありがとうございました。早速、家族には、有事の対策をするように伝えました。マスコミが沈黙しているので、我が家でさえ、大げさなという感じで見られています。

講演会のマイクの問題です。今回残念ながら、聞きづらかったです。でも、謙虚な日本人なので、自分の耳がおかしいと思っていました。次回、声が聞き取りにくいときは、たとえ、自分の耳がおかしいと思っても、青山さんに頑張ってアピールしますね。
そろそろ渡航自粛要請を出すべき時では?【山口】
2017-04-11 23:45:06
米国も空母を2隻朝鮮半島に派遣しており、北朝鮮もそれに呼応し宣戦布告のような状況になっており一触即発の状況です。
いまだに外務省は渡航自粛は発しておりませんが、万が一の状況を考えればそろそろ出しておくべきではないでしょうか?
もし在韓日本人にもしものことがあれば、政府に対する責任追及に発展しかねないと思われます。
いかがでしょうか?
それなりに腹をくくりつつ淡々と生活します【花岡 勇一】
2017-04-11 23:37:09
思わずニンマリしましたが、トランプさんが米のチャイナ企業の資産凍結を示唆しました。それでチャイナは訪韓中の要人に北の核保有を認めないとの発言をさせたのでしょうか。本国から言わない辺りにチャイナのしたたかさを見た気分ですが、実際のところは虎ノ門で聞けるかも、と楽しみにしています。
 
 国内の工作員のテロを具体的に考える報道が、青山さんの発信以外に無いのはもはや驚きません。しかし国会には苛立ちます。テロ等準備罪やスパイ防止法を成立させるある意味最高のタイミングの筈。しかしホンマに、青山さんしかいないんでしょうね。国防を教えない教育の結果が私たち国民のお花畑のみならず、今の政官界の実態なんでしょう。明日、ガツンと目を覚まさせてやって下さい。
毎日新聞の記事に抗議【平川 一彦】
2017-04-11 22:56:58
本日20:27頃の毎日新聞のネット版ニュースで、聞き捨てならない表現を、あの毎日新聞が行っています。これは十分抗議し、掲載を止めさせるべき内容だと思います。
 中国の自前空母が進水することを伝えていますが、自前空母が中国海軍の『悲願』であるとか、習近平の『軍内への足場固め』などと、どこの国の新聞か判らなくなるような表現をしています。標的艦2号である事実とは別に、一応日本国の表面的な脅威になることを知らせず、あたかも中国共産党の機関紙であるかのような表現です。
明日から毎日抗議します。
専門的な国会議論をわかりやすく解説するTV番組があればいいのに・・・【長田 拓也】
2017-04-11 22:40:31
4/9の独立講演会に参加していました(2回目です)。今回は彼女を誘って参加してました。彼女は初めての参加です。
彼女にとって初めての情報が多々あり、理解するのも大変だったみたいですが、そのあとお酒飲みながら語り合いました。

私は初めて講演会を聴いた後、ふと会場を出ると周りの風景に違和感を感じました。拉致事件のことを話されていたので余計なのでしょうが、日本の危機なのに平然と平和な日常が流れている、その風景が逆に怖く感じたのだと思います。

朝鮮半島情勢は、現実の話でも日常感覚からは現実となかなかとらえられないものだなぁと思います。職場等でも現状をみなにわかる範囲で話していますが、話しているこっちも現実感があまりないように思ってしまいます。

タイトル通りですが、国会の議論でも、TV中継されないところこそ、民放はそれを理解できるようなおもしろさ(興味深さ)がある番組を作れば、現実感を全体的にもてるようになるのになぁと思ってしまいました。国会質疑がんばってください。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

Recent Entries List

2017-11-18 00:50:11
声が帰ってくる
2017-11-11 23:39:11
声を失っても、必ず甦ります
2017-11-02 04:13:11
鉄槌 てっつい
2017-11-01 21:29:11
異変は続く
2017-11-01 21:05:11
大事なことを忘れていました
2017-11-01 19:38:11
明日の11月2日木曜、久しぶりに‥
2017-10-30 02:39:10
新たな異変
  • ページのトップへ