On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2017-06-15 17:43:06
Comments (18)

ちょっと、あれこれ

▼今週の土曜は、「夜バズ」からオファーが来ていません。
 だから参加はありません。

▼ぼくしんこと「ぼくらの真実」を改題して新書化する本は、どうにか6月中の発刊が間に合いそうです。
 新書のために、ずいぶん長い新章を書き起こしました。
 新タイトルは「危機にこそぼくらは甦る」。
 扶桑社新書です。

▼暗黒国会のこと、女性宮家のこと…などなど、ぼくに聞きたいことも溜まっていると思います。
 下掲の独立講演会の申し込みは、事前に質問を寄せられます。
 青い「申込フォーム」ボタンを押してください。質問の書き込みフォームもそこにあります。
 

第67回 独立講演会@東京 (2017年 7月23日 : お申込みの受付を開始致しました)

【講演日】

2017年7月23日(日)
 
【講演時間】
受付:14時00分~15時00分
開演:15時30分~20時00分 予定
 
【講演内容】
希望の祖国への、日々の歩みはこれだ! その4
 
【会場】
有楽町朝日ホール 指定席
東京都千代田区有楽町2-5-1 
有楽町マリオン11階
JR 山手線・京浜東北線 有楽町駅中央出口または銀座口
東京メトロ 丸ノ内線・有楽町線・日比谷線 銀座駅C4出口
東京メトロ 有楽町線 有楽町駅D7出口 いずれも徒歩1~2分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2017年6月14日(水)正午~ 2017年6月30日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
       
 
※上記以外のお申込みは、受け付けておりませんのでご了承ください。
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、
「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、6月30日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2017年7月10日(月)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールをプリントアウトしてご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員カードをご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯のメールへ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

青山さんの「人権」【アキラッチ】
2017-06-17 03:43:25
青山繁晴さんの忍耐には頭が下がります

「安物の週刊誌」、「目立つことだけが目的の自称評論家」、「ネット上のウソ記事」、でこれだけ人権侵害されている人を見たことがありません
(まぁ、それほど敵から見たら脅威なのでしょう)

そこで青山大樹社長に提案です
独研の中に、企業内弁護士を置かれたらいかがでしょうか?
(外部の弁護士ではダメです。すぐに和解モードになり、真剣さに疑問があります)

社員さんのどなたかで、予備試験→司法試験にチャレンジし、片っ端から民事における「名誉棄損による損害賠償」を請求してはいかがでしょうか
記事の内容に関しては、被告(記事を書いた者)に立証責任があります
(法曹界には、立証責任を負った方が負ける、という格言があります)

もちろん、お金が目的ではありません
弁護士の持つ、発信者情報開示請求等を駆使し、無責任な記事を書いた連中にガツンと一発入れて頂きたいのです!
かれらは、(1)「公然と」と=書籍、ブログ等で、(2)根拠を示さずに、(3)青山繫晴さんの誹謗中傷記事をどんどん適示しています
彼らにしてみれば、捜査機関はこの程度の名誉棄損では動かないだろうと安心しきっているのでしょうね

一度、ご検討をよろしくお願いいたします。
民主主義におけるニ大政党制(?)では世論が振り子のように振れる【健太郎】
2017-06-16 21:40:55
昨年の参院選で自民の単独過半数になった時から、与党の国会運営が思い通りになることは分かっており、それは民意であり至極全うです。
会期延長せずに今通常国会の法案成立率が95%以上となり、結果とてもスムーズな国会運営となりました。大変重要な法案も複数可決されました。

しかし一方でそれは与党の責任が大変重く、権力の行使は大変危険なことでもあります。
委員会質疑は結局採決のための暇つぶし。何を追求されても言い訳してれば時間切れ。
どこか、どうせ採決で押し切れるからと、政府与党は真顔で強気に、十分に説明や宣言をせず怠慢になっていませんか。
政権が安定するということは、既得権益にすがり操る者が必ず甘い汁を吸い、今こそ手柄を上げれば出世できると躍起になる輩がのさばるだけではないですか。

完全無欠な政府与党などに興味はありません。
政府はさっさと憲法9条を改憲して主権の根幹を真ん中に戻し、拉致被害者を全員救出し国家が国民を守れるようにしたら即刻退陣すべきです。
今の政権政府与党だからこそ優先順位を間違えてほしくありません。

青山さんにおかれましては、命を削り過酷な日程の中ご尽力いただき本当に感謝いたします。
もうすぐあっという間の一年が過ぎますね。
益々国会に興味を持ち、これからも自分なりに考え参加していきます。
本当にありがとうございます。
北朝鮮から解放された米学生のニュースを聴いて【【三宮 井上】】
2017-06-16 14:56:36
青山さん、いつも本当にお疲れ様です。
米学生が北朝鮮から解放されましたが、脳に重大な損傷を受けていると聴きました。これって、日本に向けてのメッセージでもあるのでしょうか?拉致被害者を取り戻してもこうなるからやめておけって言うことなのでしょうか?
この事件により、アメリカの救出作戦もさらに難しい条件が加わったのではと思います。虎ノ門ニュース等で話すタイミングがあればお聴きしたいです。
たまには、車乗ってリラックスしてください。
よるバズ【まるさん】
2017-06-16 12:33:10
青山さん、こんにちわ。

今週は、よるバズのオファーがなかったとのことで残念ですが、番組サイドがSNSで事前アンケートを行っています。まだ、このテーマでやるかどかは確定していないようでうすが、この質問内容を見れば、現時点で大体どうゆう進行をしたいかという番組サイドの意図がすすけて見えてきます。(以下「転載」です)

Q1.いわゆる「共謀罪」法案の委員会審議を打ち切って、いきなり本会議で採決を強行した与党の奇策をどう思いますか?
Q2.「共謀罪法」が成立して、一般人が監視されるリスクがあると思いますか?
Q3.「共謀罪法」で警察が捜査権を乱用し、冤罪が増える可能性があると思いますか?

アンケートレベルで、それこそ特定の政党機関紙のように、著しく偏向したあきれた内容です。多くの方が、番組サイドへ、そもそも言葉を正確に使うよう要望する返事を送っています。法案が成立してもなおメディアは、「倒閣」キャンペーンをやりたいようです。よるバズは、ネット番組で、リテラシーの高い視聴者が多く手の内はバレているのに、まさにメディアの自殺ですね。この番組には志あるスタッフもいると思っていましたが非常に残念です。(あともし共産党がゲストで座っていたら、まあそうゆうことですね。)
テロ準備法成立、ごくろうさまでした【shikishimatanuki】
2017-06-16 11:11:13
徹夜での国会、ごくろうさまでした。
お疲れと思いますが、お体を壊されませんように。

しかし、国会での民進党を中心とした野党とテレビマスコミの韓国化には呆れるのをとおりこして、悲しくなってしまいます。
彼らの劣化の甚だしさはどうしたものなのか、考えあぐねてしまいます。

森友家計学園の茶番はすでに見透かされているのに、今だ同じことを声高に叫び続ける姿は滑稽です。

彼らは知らないのでしょう。
少なくない人々が、真実に気づいていることも、報道しない自由を行使するマスコミがどんどん信頼を失っていることも、
そのマスコミの『忖度』を受けて活動する野党の姿も透けてみえていることも。

それにしても、玉木議員は獣医医師会から献金を受け、その獣医医師会に利する国会質疑をしているのは、【贈収賄】ではないんですかね?
たしか、中村喜志郎さんが同じようなことで逮捕されたような気がするのですが・・・・

森友家計問題よりこちらの方が大事でしょう
なぜか、この件には静かなマスコミに不信感がいっぱいです。
ちょっとした疑問【関西太郎】
2017-06-16 10:06:36
フィリピンのミンダナオ島で20万人が住む大都市がISとその支持者に軍事制圧されてる件が日本のテレビ等で大々的に報道されないのには理由があるのでしょうか?
何らかの理由で報道規制がかかってるのでしょうか?
それともテロ等準備罪の絡みでテレビ局が触れたくないと思ってるからでしょうか?
良く分かりません。
テロ準で議会人は、より成熟が問われる【川崎中古車】
2017-06-16 09:08:49
野党がテロ準反対の理由は、これが成立すると野党政権奪取が遠のくから。
もし野党が政権取れば今まで野党が言ってたようなばかげた逮捕が横行すると国民が不安を感じていることを野党はわかっている。自分たちの食い扶持のことしか考えが回らないようだ。テロ準反対などど加害者になりうる側に寄り添ってどうする。
一方、自民も「たがが緩んでいる」ように見える。もっと議会人として成熟しないと
憲法変えて変な解釈しそうだ、ともし国民が思ってしまうなら改正できるものもできなくなる。もっと先の話だが(やむを得ない場合は)戦争も辞さない、原爆も選択肢にある、ともしなった場合でも今の自民では(野党は推して知るべし)あぶなっかしすぎる。青山さんが言うような異業種から、という人も(平議員クラスでは)一定数良いが、「政治のプロであり常識人」の大臣級人物が多数欲しい。
加計学園の文書問題について【後藤雅志】
2017-06-16 05:33:56
徹夜国会、お疲れ様でした。
法案成立、良かったと思います。

加計学園の文書問題について、今になって文書があったとどんちゃん騒ぎに
なっていますが、これについては、政府は初動対応を誤ったのではないでしょうか。

もともと、何の問題もなかったところに、今回の「文書を隠していた。」と
言う政府の行為が、格好のつけいる隙を与えてしまったのではないかと思います。

これで、野党は加計問題の是非ではなく、文書の隠蔽ということに、
軸足を移して政府を攻撃してくると思います。

この政府の対応も、安倍政権の驕り・緩みの表れなのでしょうか。
間違えました【小邨涼子】
2017-06-16 04:11:15
ぼくてつじゃなく、ぼくしんでした。
失礼致しました。
本当のことが知りたいです【関西人】
2017-06-16 03:21:45
いつまでも続く反日的な言動や行動を見ていますと 無知からきている人や自虐史観にとらわれている人がまだまだいるというより煽動者や工作員の存在がとても大きいように思えてなりません それらの影響がそれほどでなかったら どちらが正しいかということが将棋の言葉でいえば もう詰んでいるのに と思えます 分かっていて敢えて意図的に反対方向へ世論を引っ張っていこうという力を感じます その辺の実態をいろんな人の目に見える形にすることが大事と思いますが そのあたりの事についてまたいろいろお聞きしたいです
新書【小邨涼子】
2017-06-16 01:18:55
青山繁晴さま

徹夜での国会、大変お疲れ様でした。
ニュースを見て唖然...最後は牛歩パフォーマンスで投票に間に合わないという珍事だったのですね。
こんな馬鹿げた国会に貴重な青山さんを拘束してしまい、投票した者として申し訳なく思いました。

新書ですが、Amazonで予約が始まっていたのでさっそくポチしました^ ^
もちろん、ぼくてつは読みましたが、新しい章が読みたいので予約しました。
発売日は7/3予定となっていましたが、もう少し早く読めるようで楽しみです^ ^
テロ等準備罪成立お疲れさまでした!!!【中島幸次郎】
2017-06-15 23:50:59
青山さんをはじめ、夜を徹して法案の成立に尽力を尽くされた国会議員のみなさま、本当にお疲れさまでした。

相変わらず朝日毎日共同通信などのマスコミの報道の仕方は究極の強行採決・戦前回帰・独裁者やらひどい表現ばかりですが、僕はこの法案を通してくれて本当に良かったと思ってます。この法案ができたからといってテロがなくなるわけでは無いと思いますが、未然に防げるものを出てくるだろうし、法律があるということが抑止力にもなります。
特定秘密保護法・安保法制など野党やマスコミが大反対した法案が成立しましたが、現在、国民生活を脅かしてるのでしょうか?そんなことは全然ないですね。
このテロ等準備罪だって、ここまでアンチキャンペーンやられて自民党にメリットがあるかっていえば無いでしょう。それでも成立させるのは国益のためじゃないですか。

逆に野党にはがっかりですね。国益を考えるのではなく如何に安倍政権にダメージを与えて降板させるかしか考えてない。反対ありきで対案なし。
日本を第一に考えられない政党に未来はありません。
歴史は繰り返すのでしょうか!?【伊藤康雄】
2017-06-15 23:30:24
初めて、加計学園のことが朝日新聞の一面をセンセーショナルに飾った時、思ったことは二つありました。一つは、これだけの情報で記事にするのは無理だということ。だから、この話を大して気に留めてもいませんでした。しかし、もうひとつ密かに思ったこと。それは、「これって、ひょっとしたら従軍慰安婦が初めて、記事にされたときも同じようなかんじだったのかもしれない。」ということでした。

正直なところ、私はこれまで慰安婦問題を自分の力で検証してきてはいませんでした。信頼する青山さんも仰っているから、「やっぱりなかったんだろう」と、そんなくらいに考えるだけで止まっていました。
そこで今、慰安婦問題に関する書籍を読み進めているのですが、少なくとも現在まで読み進める限り、加計学園のこと(“加計学園問題”とは、言いたくありません。本当に、問題があったようになってしまうことを恐れるためです。)と、従軍慰安婦のことが“問題化された経緯”が、ぴたりと重なっていることに驚いています。

どちらも最初は、ほんの些細なことを、朝日新聞がセンセーショナルに報じる。他のメディアは、大した検証もせずに後追いする。政権側の小さなつまづきを、これらのメディアが針小棒大に言いつのる。その間に、いつの間にか国中に「私たちや私たちの政府が、やっぱり何か悪いことをしていたんだ」というムードや真実からかけ離れた認識が広がっていく。

メディアがかつての歴史を繰り返すように無節操にこうした報道を続けていると、韓国と日本が分断されたように、“これからさらに”善意の日本人同士が分断され続けてしまうのではないでしょうか。
無節操な報道ばかりするこれらのメディアに、ジャーナリストとしての資質や能力云々は、もう問うても無駄かもしれないと思ったりします。ただせめて、人としての良心にしたがって、報道してほしいと切望します。
よるバズは・・【きよちゃん】
2017-06-15 21:55:23
青山さんにオファーが無かったという事ですので、よるバズは視聴いたしません。
青山さんには沢山メディアにお出になって頂きたいです。
せっせと番組あてにメールやお便り致します。
他にも、日本の為に奮闘する議員もいるだろう⁉と私も良く指摘されますが、勿論、古屋圭司議員、山谷えりこ議員、中山恭子先生・・等々の御存在も承知しておりますし応援もしていますが、多くの国民の心に届く邪念もしがらみも無い青山繁晴の発言が今の我が国には必要だと信じております。
青山さんの「憲法には国民をどうやって守るかが一字も書いていないんです」この言葉に多くの人が疑問を持ち、一緒に考える。そうならないと国は、政治は、憲法は変わりません。
LINEが、日本人のメールを、盗み見ている。【山崎幸代】
2017-06-15 21:14:11
韓国政府の、サイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場で、あっさり認めた。「通信の秘密」を守る法律がない、韓国側は悪びれない。

LINEとトヨタが提携、コネクテッドカーに、LINEのAI「Clova」。ケータイ Watch 。

池田 博樹、フューチャー株式会社 CEO室ディレクター。
2時間前LINEは、韓国当局が全サーバー情報を見てますからね。我が家でも、秘密情報をLINEで話しませんから。安心安全ではないでしょう。車には、使いたくないな。

参考記事。韓国国情院が、LINE傍受、
Https://facta.co.jp/article/201407039.html

韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析している事が、明らかになったからだ。韓国政府の、サイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場で、あっさり認めた。「通信の秘密」を守る法律がない、韓国側は悪びれない。
日章旗【M.H】
2017-06-15 21:02:59
衆参本会議場に置かれた日章旗を見ていて先週青山さんがチャンネル桜で仰っていた言葉が胸を
過ぎりました。
日の丸の旗への思いを強く感じた1日でした
テロ準【©青山さん】国会決議の3票の無効投票について、【眼とろん星人】
2017-06-15 20:47:47
1992年衆参両院のPKO法案決議において、野党の猛烈な反対にあった自民が、足して二で割る愚かな譲歩をして、碌な装備も持たせずに自衛隊を派遣したカンボジアPKOで、1993年5月4日、オランダ軍に守られていたはずの文民警察官、高田晴行・岡山県警警部補(当時33)がゲリラに殺害されたのです。
 その時、野党が行ったのが牛歩戦術の茶番でした。

 今回は、議長に「あと2分です」って注意されても反対派の7人がぐずぐずして、
 あと「1分です」と言われてから、糸数慶子氏、木戸口英司氏がもたもた投票。
 「あと30秒です」と言われたのに、山本太郎氏が演説、
 そこでもう残り10秒ほどなのに、
 次に投票した青木愛氏(自由党)がそのまま壇上から降りずに演説を始めて、結果として、残った3人の投票を妨害したような形で「時間です」と終了宣告。

 結果、福島みずほ氏、森ゆうこ氏、又市征治氏の3人が無効投票。

 既に人ひとり殺した、牛歩戦術をやった挙句、3人無効投票と言うのは、もうこれは議員とかメディアとかいう次元の問題ではなく、こういう人たちを選んだ我々国民の責任ですよね。

 それで、戦闘中に丸腰でカンボジアの平和と日本の名誉のために殉職なさった高田警部補が何故靖国に祀られないのか、私には理解できません。
東北から応援しています【本郷】
2017-06-15 18:19:17
4月19日午前8時半ごとに宮城県大崎市で市役所のミスで「ミサイルが着弾する可能性がある」という放送が地域に放送されたことをご存知でしょうか?
市は市民に不安を与えたということで、謝罪をしましたが、しかし、同時に市民が一瞬で当事者意識を持ちました。いわば予告なしの避難訓練です。

大崎市はほとんど田んぼと畑です。警報機も少ないのか、微かにサイレンがなっているなーくらいしか聞こえませんでした。耳を済ますと『北朝鮮がミサイルを発射しました』というふうに聞こえたので、朝の仕事準備を中断し、どこに身を隠すか探しました。
私は青山さんの話を聞いていたので、鉄骨の倉庫内の中心部に避難するよう社員を誘導しました。周りはただの平地で、地下施設もなかったため、そこしか無いと判断しました。ビックリしたのが、中には不安がるパートさんはいましたが、圧倒的に落ちたら落ちたでその時よ!北朝鮮なんかにビビってたまるか!という主婦たちの達観した言葉がピリピリした場の空気を和らげていました。

誤報とわかったあと、市が謝罪しましたが、謝ることないわ!とてもためになった!あとで避難場所確認しておきましょう!そういう話になりました。
誤報ですので、謝罪は当然でしょうけど、この国の女は強いな(笑)と感じましたね。面白いもので、当事者意識を持つと、いきなり色々知りたくなるようで、本当のことを知りたければ、虎ノ門ニュースの月曜日を見るといいですよと言ったことをキッカケに、今では社員全員が青山さんの回を拝見しております。
青山さん忙しいですから、東北での公演は難しでしょうけど、東北からもエールを送っています!

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ