On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2017-09-10 08:28:09
Comments (7)

El sur (エル・スール/南)というスペイン映画をなぜか思い出しながら‥

▼ご承知のひともいると思いますが、いま、参議院の公式な派遣による資源エネルギー調査に出ています。
 フランスでの国際熱核融合実験炉(ITER/イーター)調査や、スペインでの巨大な世界初のタワー型太陽熱(太陽光ではない)発電所調査などの日々を終えて、まもなくモロッコ王国に移ります。

▼したがって明日9月11日月曜の「虎ノ門ニュース」には参加しません。番組側の判断で、事前収録もありませんでした。
 サテライト・スタジオの前においでくださっても、すみません、ぼくは居ませんのでご注意なさってください。
 
▼帰国後に開く独立講演会の募集が始まっています。
 主宰者の独立総合研究所の許可を得て、募集要項をそのまま下掲します。青い「申込フォーム」ボタンを押すと、そのまま申込ができます。ぼくへの質問も書き込めます。

 議員として初めて公式派遣された海外で何を見たか、考えたか、決めたか、そしてこの欧州・北アフリカ出張中も取り組んでいる朝鮮半島危機などなどをめぐって、みんなと対話するのが、この独立講演会です。
 会いましょう、話しましょう。
 

第70回 独立講演会@神戸 (2017年 10月15日 : お申込みの受付を開始致しました)

【講演日】

2017年10月15日(日)
 
【講演時間】
受付:13時00分~14時00分
開演:14時30分~19時00分 予定
 
【講演内容】
希望の祖国への、日々の歩みはこれだ! その7
 
【会場】
神戸芸術センター 芸術劇場(指定席)
神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸市営地下鉄・JR山陽新幹線『新神戸駅』より徒歩5分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2017年9月8日(金)正午~ 2017年9月22日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
     
 
※上記以外のお申込みは、受け付けておりませんのでご了承ください。
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、
「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつの名義でお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、9月22日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2017年10月2日(月)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールをプリントアウトしてご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員カードをご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯のメールへ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※当選権利・参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

[ことば]が如何に大切か…を知ることができました。【大阪府 在住】
2017-09-12 11:51:12
青山さん、
遠く離れた海外に居られても
いつも変わらず生きた発信をありがとうございます。

昨日は青山さんではない月曜虎ノ門ニュース、
拝見しました。

最近では地上波は全く見ませんが、
ユーチューブなどで出来るだけいろんな方の話を
バランスよく聴くように心がけています。

自分の考え方が偏らないようにする為…です。

ネットのお陰で、正論を語って下さる方(地上波ではお目にかかれない方々)の話に触れる機会はぐ~んと増えました。

そこでいつも感じるのが
青山さん以外の方の場合、聴き終えた後に納得はできるけれど、
わたしのこころの中の何処か、
何かがいつも不完全燃焼で何かすっきりしないんです。その理由は何か?と、
ずっとずっと悩んでいて、今朝気がつきました。

[一緒に考えましょう]←キーワードはこれでした。

どんなに(いつも怒ってはる人や~!)というお顔をされていても、ただ発信されるだけではなく、
ことばはいつも丁寧で、カメラの向こうにいる
視聴者一人ひとりといつも繋がって下さっている。
テレビの前で見ているわたしたちにそれがきちんと
伝わってくるのが青山さんなんだ!と。

それが、青山さんのいない月曜虎ノ門ニュースを通しての気づきでした。

多忙な中でもコメントを読んで下さって、
一人ひとりの意見を大切にして下さり、
本当にいつも感謝しています。

青山さんにばかり頼ってはいけない事は
百も承知ではありますが、
青山さんが海外へ行かれている間も
お聞きしたいことが国内で
山のように起こっているように思われます。

どうかお気をつけて、ご帰国下さい。
青山さんに、すみません!【飯田 陽平】
2017-09-12 01:24:24
一年に一度「ひとと車のテクノロジー展」なるものが横浜、名古屋で開催されています。自動車及び自動車部品メーカーの開発者社員が参加することで有名な展示会です。15万人程度が来場します。

しかし、来場者のアンケート結果に愕然としました。
関心のあるキーワードに“メタンハイドレート”が無いのです。
自動運転、AIはあるのに。これが将来の自動車を開発する人々の正直な意識です。

私も、本当に不肖ながら開発者の一員です。何も出来なかったことに反省するばかりです。青山さんに申し訳ない気持ちで一杯。
でも、北陸の美味しい海産物を安くで、都市部に直送できるようになることが夢です。自社で幸運か天然ガスで走るトラックやバスも作っています。
最悪の月曜日【大上主税】
2017-09-11 21:12:57
今朝の『虎ノ門ニュース』。青山さんの代わりに出ていた人が「ムカつく」とか「クソ」とか言っていて、生理的に受け付けられませんでした。普段の月曜日がいかに心地よい空間か、改めて思い知らされることになりました。お帰りを心待ちにしています。
「かもしれない運転」ならぬ「かもしれない生活」【こっぺりあ】
2017-09-11 16:50:12
今日11日14時に共同通信より国連安保理の北朝鮮制裁決議案が骨抜きにされたとの記事が出た瞬間は、米・中・露に深く失望し、同時に備えを万全にしなければまずいと焦りました。
Jアラートや国民保護サイレンが鳴った時だけでなく、日頃から何をどうしておくべきか、備蓄品は何を用意するべきか、そういった情報が政府やマスコミから未だに出ないのは正直非常にまずいと思います。
私はたまたま海外の公共広告を見るのが趣味だったため、冷戦時に作成されたイギリス政府の核戦争時の民間向けマニュアルProtect and Surviveを思い出し、家族にもそれを見せて「何もやらないよりはマシ」と思い、避難用バッグのチェックや水の備蓄を始めさせました。
上記マニュアルは数十年も前のもので全部が全部今でも使えるわけではありませんが、核攻撃に対しての生存知識が無い私たちにはこれでも参考になるほどです。
青山先生には危機管理のプロフェッショナルとして、家庭レベルでも可能な備えについて、是非虎ノ門ニュース等で可能でしたらご教示いただけたらと思います。
正常性バイアスに巻き込まれないよう、「かもしれない運転」ならぬ「かもしれない生活」を今一度心がけます。
山ナントカさん【ハム二郎】
2017-09-11 06:57:03
青山さんのブログに不適切過ぎる発言なのですが、

いち
「不〇バレた、日本タ〇ね!」

かなり不適切過ぎるので、、、いや、かもしれないので掲載されなくて結構です。
しかし望みが叶うのであれば、、、

青山さんにクスッと笑えてもらえればいいだけのメッセージです。
来週のDHCシアターでの一平さん曰くの「八咫烏」?の「アー!」が楽しみです。「そこまで言うか」時代から大好きです。
放送一回で一回しか聞けないとても貴重な叫びなので余計にドキドキします。
今から正座で待ってます。
victor erice!一番好きな映画監督です。【南湖竜】
2017-09-10 18:01:29
victor ericeは、私が一番好きな映画監督です。
「マルメロの陽光」を映画館(日比谷シャンテ)
で初めて観て以来、「ミツバチのささやき」など
victor erice作品を全て鑑賞しています。

victor ericeが表現する映像美、静謐に流れる時間、
そして難解ではありますが考えさせる内容が好きです。
victor ericeの映画をDVDなどで今でも時々観ますが、飽きることがないです。

青山さんのブログに彼の映画が出てきて思わず興奮して書いています。


私も弱小ながら日本について、ニュースの真相について知りたいと虎八のときから
青山さんの虎ノ門ニュースを観ています。

青山さんの虎ノ門ニュースも、一回たりとも見逃さず毎週観ておりますが
絶対飽きる事はなく、鮮明な活きたニュースシーンを
青山さんから教えられ、いつも考えさせられます。
影武者【大学院生(コメント公開可)】
2017-09-10 17:57:14
青山さんの活力あふれる書き込み、いつも楽しみに拝見しております。
働きながら通っている大学院の卒論の追い込みで、お休みしていた独立後援会、無事卒論も書き終えたので、1年ぶりに申し込みました。当選するようcross my fingersしています。その質問に、別のことを書いてから、ああ、これにすればよかった!と思ったことがありましたので、徒然なるままに、ここに書かせていただきます。


ミサイルを発射するたびに、北の独裁者の陣頭指揮をとる写真が公開されていますが、私がもし彼であれば、もう今頃は地下深く隠れて、可能であれば整形手術もして、体型も変えて、なんとか斬首を逃れようとする気がします。今、巷に公開されている写真は、影武者であり、本人は、似ても似つかぬ容貌になってはいないでしょうか。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ