On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2017-12-31 18:42:12
Comments (6)

それは、違いますね (いくらか書き直しました)

▼このような書き込みをいただきました。

~以下、引用~
「公開しないコメントは削除する」とされていますが、
「青山さんには読めるが、公開はされない」状態で保存できないということですか?
「意見は青山さんに届けたいが、公開はされたくない」という考えの方には少し辛い仕様にも思えます。
~引用ここまで~

▼ぼくは「公開しないコメントは削除する」と書きましたでしょうか。
 そのようなことを一度でも申したことは、ありませぬ。
 名前や中身を改変してくださいと仰るコメントは、扱いに困り果てて、削除するほかなくなると申しているだけです。
​ 残すべき書き込み・コメントは、きちんと保存しています。
 いただく書き込み・コメントは実際、膨大な量なので容量も心配ですが、こころして参考にすべき書き込みや、印象深いコメントは別途、移して保存する努力も続けています。
 
 いつか、ぼくが不肖ながらどれだけ大切にみなさんの書き込みをすべて読んでいるか、それを分かっていただける日が来るといいですね。

​▼新しい年に向けて、こんな地味なブログに集うてくださるみなみなさまに、ひとつだけ願い事があります。
​ 投稿される前に、一度だけでいいですから、立ち止まって、「青山サンはほんとうにこんなことを言っているかな」、「これは青山サンがもう何度も言っていることを、ひょっとして分かっていないのではないかな」と短い時間でいいですから、考えてくださると助かります。

 ではもう一度、よいお年をお迎えください。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

反安倍勢力が戦略変更か【澤山惠一】
2018-01-05 18:52:48
初めてメールを差し上げます。青山さんは「TVタックル」で拝見して以来のファンで、先の参院選では新宿西口での街頭演説会へも参加させて頂きました。派遣員として海外生活を8年間経験しました小生にとりまして、青山さんの国を愛する心、志、行動力、正鵠を射るご意見にはいつも敬服しています。安倍総理は同窓の三級下になり、約25年ほど前から首相にする会で応援をしています。

さて昨年末の総選挙で反安倍勢力に対して国民のNOの審判が下ったわけですが、ここにきて中韓をはじめとする反日国家=反安倍勢力は戦略を変更し始めた感がしてなりません。それはマスコミ、野党を始めとする反安倍へのサポート策から、安倍支持者の切り崩し策への路線変更です。

その具体例は、
1.韓国の従軍売春婦協定を反故にする動き。
2.中国の対日融和への方針変更です。

1については協定締結時に青山さんも反対されたように賛否が分かれた経緯があり、締結を強行した挙句にこのような事態になり反対された向きから批判があがる可能性があります。またもし韓国の蛮行に迎合する動きを少しでも見せると安倍政権を支える層が大きく失望することになり支持が下がると思われます。

2については、日中関係雪解けから中国への日本からの投資、企業の進出が増えることになる可能性が高くなります。これは今まで以上に大きなリスクが伴います。現在までも会社法、為替政策を自分の都合でコロコロ変えてきた中共のこと、関係悪化時には進出企業、資本を凍結し大きな損失を与えることが予想されます。

近い将来予想される尖閣列島の上陸、奪取、占領時には中国への進出企業、派遣員は人質にされる事が想定されます。当然のこと日本が反撃を行い領土を奪還する動きをとるわけですが、安倍シンパであった進出企業や媚中派の与党議員からも安倍政権に反対する動きが出ることが予想されます。

これらにより安倍内閣への支持が下がると予想しますが、青山さんは小生の考えをどうお思いでしょうか。杞憂であれば良いのですがお聞かせいただければ幸いに存じます。
今年も\(^o^)/【ひじり~】
2018-01-01 04:27:36
青山繁晴 様

新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

ところで、1月8日は楽しみにしています。今回は腐れ縁の連れ合いと行きます(笑)
私共々、妻も青山さんを師と仰いでおります。
私達は、中高年でありますが、共に日本人として日本国の為に命を賭している青山さんを、これからも応援(いざ、鎌倉の際は呼んでください)していきます。

ゆっくりと身心を休めて、今年も獅子奮迅してください。

乱文失礼いたしました。
非主流派の権力としての日本的リベラル派【海外在住】
2018-01-01 03:59:52
 青山さん
 明けましておめでとうございます。そしてお疲れ様です。
 そのうちマスコミについての論文かまたは本が出るそうですが、最近考えていること
を書いてみます。(以下は1300字を超えてしまい、長いです。)
 一、日本的リベラル派
 以前「左に寄り過ぎた人々」という観点から文章を書いてお送りしました。日本の
危機にも関わらず中国や朝鮮半島の利益ばかりを追求する人々のことです。
 青山さんの憲法に関する提案についても(私自身はこれに賛成ですが)、多分日本的
リベラル派は、自衛権を追求することから戦争になった例がたくさんあると言って反対
するでしょう。改憲が実現した場合でも、ポジティブリストを死守して軍法会議設置を
阻止すれば骨抜きに出来ると頑張るのではないかと思います。日本が攻撃されることに
ついてのこだわりは少ないものの、中国、韓国、北朝鮮の兵隊の安全だけは絶対に確保
するというやり方です。
 二、非主流派の権力
 この人たちの表向きのセールスポイントは、国家権力に物申すという部分に尽き
ます。「安倍一強」というフレーズを彼らが好むのも、「独裁者に挑む俺たちはカッコ
いい」という自己陶酔が大きいと思います。でも実際は彼らも権力者です。安倍政権
または自民党の側を主流派の権力とするなら、それに反対する側も非主流派の権力と
呼ぶべきです。
 マスコミ業界は利権のかたまりで、大学教授や政治家もそのルートを使って知名度と
収入を獲得しています。そしてこのプロセスに中国や朝鮮半島からの資金が入って来る
のですよね。利権ズブズブです。昔の左寄りの知識人には暴力革命を追求する活動家に
対して引け目を感じる傾向があったようですが、今は良くも悪くもそういう自己批判も
無く、利権にドップリつかった「太った豚」です。自民党だけを悪く言える立場では
ありません。
 主流派の権力と非主流派の権力との違いで最も重要なのは、日本的リベラル派が日本
を売りながら保身を図っているという点にあります(もちろん自民党の中にも売国奴的
な人はいるし、日本的リベラル派の中にも日本の国益を考える人はいるのですが)。平和
な時ならば大目に見ることができても、もはやそういう時期ではありません。
 三、今後の課題
 日本的リベラル派は日本を売る際に彼らの支持者である「日本市民」も一緒に売って
しまうことになるので、ここが歯止めになると考えていました。しかしこれは間違いの
ようです。彼らにとって最も大切なのは自己の保身であり、日本市民などは彼らに
とっては「革命のあだ花」扱いのようです。社会主義革命の歴史の中にはよくある話です。
 スパイ防止法もないですし、外国からの物質的支援を断ち切ることも難しそうです。
 今日本国民がすべきことは、非主流派の権力の根幹にあるマスコミ利権を正常化させる
ことだと考えています。具体的には、一つ目は電波オークションを実施すること、二つ目は
様々な報道がネット上で比較されるという基盤を整備することの二点です。こうして
この業界にカネが過剰に流れるのを防ぎ、さらに国民の知る権利を保護するということです。
 一般的には、第一の権力としての国民主権、第二の権力としての国家権力、第三の権力
としてのマスコミという図式が正しいとされています。日本の場合はこの三番目が反日
のための権力となってしまったところに問題があるので、これを国益追求という枠組み
の中に位置づけし直すということです。
 ということで、青山さんのマスコミ対策に期待しています。
平成30年【奥田 政宣】
2018-01-01 03:19:07
新年おめでとうございます。

旧年中は睡眠時間も取りづらいほどお忙しい中、多くの情報を発信していただき有難うございました。
人の言葉をただ聞くのではなく自分で考えること。報道記事の尻尾を捕まえることを意識するようになりました。

どうぞご自愛の上、一層のご活躍を祈念いたします。




新年早々、がっかりする話を耳にしました。
私はNHKをみない(TV捨てました)ので自分の目でみたわけではありませんが、

31日の紅白歌合戦の中で、
暴力・差別・圧力・忖度と書かれたNHKの敵4人組をお笑い芸人のウッチャンが倒す(暴力で)

という映像が流れたそうです。

暴力差別は当然として、圧力なんていつ受けたのか。敢えていうならば籾井会長こそ圧力を受けたのではないかと思います。
民進党(当時)と労働組合から相当の攻撃を受けていたのを思い出します。

そして何より許せないんが「忖度」が「敵」だと。
相手の気持ちを推量ることが敵ってどういうことなんだと怒りを覚えました。
古くからある、ある意味日本の美徳を象徴するような言葉を、モリカケでまるで悪い言葉かのように扱い、貶めて、挙句は敵ですか。

公共放送を名乗るのを一刻も早くやめていただきたいです。

元旦にこのようなコメントになってしまい申し訳ありません。
謹賀新年!【中島栄治郎】
2018-01-01 03:09:47
もう、いちいち、なんか言うのであれば、実名さらして正々堂々と意見申せばよいではありませんか。
青山さんは、実名で正々堂々と活動されてます。
僕個人の意見は、ペンネームは、ラジオ番組とか、エンターテイメントの世界で良いと思います。
個人の庭に匿名を名乗る近隣者こそ、誠に信用できない。
こんなのまともな国民であれば、分かるはずなのになぁ…

色々事情あっても。

でも、それくらいの覚悟なければ、その誠意の意見も伝わらないと僕個人は思います。
青山さん、ブログなどでの件僭越ながらお察し申し上げます。それから、良いお年を!【自由民主党大阪府参議院比例区第十五支部所属 木谷】
2017-12-31 19:19:53
青山さん、皆様こんばんは。

今上陛下の御譲位と、平成という時代の終わりを直前にひかえ、ついに今年もあとわずかとなりましたが、皆様にとりましてどのような一年だったでしょうか?

きっと様々なことがおありになったであろうと推察いたします。

それでは皆様、良いお年を!

虎ノ門ニュース月曜版での観覧や、第73回独立講演会でお目にかかりましょう。

自由民主党大阪府参議院比例区第十五支部所属

一般党員 木谷 拝

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ