On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-01-19 12:59:01
Comments (8)

今回もめちゃ、苦労しました。

‥そして厚く信頼する編集者の沼ちゃんから校正、印刷のかたがたまで、たいへんなご苦労を掛けました。ごめんなさい。ありがとうございます。
 どうにかこうにか時間を捻り出して、書き、送り、ゲラを四度にわたって直し、今回もぎりぎりのぎり崖っぷちで間に合いました !

▼そうです、いまや日本を代表する論壇誌に成長した「月刊Hanada」に連載中のエッセイ「澄哲録片片」(ちょうてつろく・へんぺん)です。
 ぼくの文章の連載というのは、長文ではこれが唯一です。(短文では、有力な志ある地方紙の北國新聞~ほっこくしんぶん~での連載があります)
 今回は、昨年11月30日の予算委での質問を詳述する予定でしたが、年末年始のナマの動きに緊急性があり、それを記しました。メインは憲法改正をめぐってのことです。
 掲載されるのは、今日から1週間後の1月26日金曜発売の3月号です。
 よろしければ、どうぞ。

※こういうエッセイを、掲載にギリギリ間に合わせつつ書くのは、実際にはどうやってるのか。
​ そういうお話も、独立講演会で致したく思っています。

第74回 独立講演会@神戸 (2018年 2月25日 : お申込みの受付を開始致しました)

【講演日】

2018年2月25日(日)
 
【講演時間】
受付:13時00分~14時00分
開演:14時30分~19時00分 予定
 
【講演内容】
希望の祖国への、日々の歩みはこれだ! その11
 
【会場】
神戸芸術センター 芸術劇場(指定席)
神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸市営地下鉄・JR山陽新幹線『新神戸駅』より徒歩5分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2018年1月17日(水)正午~ 2018年2月2日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
     
 
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、
「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつの名義でお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、2月2日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2018年2月13日(火)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールをプリントアウトしてご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員カードをご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯のメールへ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※当選権利・参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら
 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

産経の阿比留さんの記事【桑原典子】
2018-01-24 22:11:10
綺麗ごとで誤魔化さないで下さい。1ミリも動かさない?とっくに動いています。人は得意分野で失敗する。青山さんの言葉を思い出します。
御疲れ様でした♡【きよちゃん】
2018-01-20 12:07:07
御多忙の中の執筆活動、お疲れ様でした。
青山さんの御書きになる文章はきっと、きっと後生に残り、
平成の坂本竜馬だと、未来の日本人にも受け継がれることと思います。

どんなに御多忙でも「ぼくは本だけ書いていたい」と仰るように
青山さんの魂が吹き込まれ、そして、この「乱世」に絶対に愛国心を芽吹かすことが出来る、そう信じて、「この人にどうか」と思う方には御著書を差し上げています。

嬉しいことに
最近は「青山さん、知っています」と言われることも‼

でも、
まだまだ関西に比べると「まだまだ」です。
私達ファンが、
もっと胸を熱くして
広めねば‼と思っています♡
YOUTUBE検索【CPX】
2018-01-20 07:08:41
おはようございます。
一昨日YOUTUBE検索でチャンネル桜の動画だけが出ることについて書きましたが、今朝確認すると出てこなくなっていました。
また昨日の夜に新しい動画がアップされたのですが、それもやはりスペースなしの検索では出てきません。ただいずれも動画自体は削除されていませんでした。

あと私も安倍総理の平昌オリンピックの開会式と閉会式への参加は断固反対です。総裁選も睨んだ安易な妥協はすべきでないと考えます。何回騙されれば良いんですかね。
それに日韓関係の改善を考えて出席するのであれば、むしろ出席する事こそスポーツの政治利用ではないでしょうか。マスコミは「出席しなければ孤立化する!!!」と煽り立てていますが、そもそも安倍総理だけが出席しないわけではありません。

日韓合意も含めた変な宥和が韓国国民を変に期待させ、反日感情を煽り立てるのを我々はロングレンジで見るべきです。
少し話が逸れてしまいますが、安易な妥協,余計な配慮がかえって相手を凶暴化させるのは、チェンバレンとヒトラーの例を見ても明らかで、これは日本とチャイナの関係においても同様だと考えます。

国会が始まり益々お忙しくなると思いますが、自民党内のNANCHATTEリベラル派や、プラカードを持った人達に後ろから追突されないように、くれぐれもお気を付け下さい。私も憲法正常化に向けて、自分でできることを実行致します。
トランプとCNN【佐野 充】
2018-01-20 06:14:22
おはようございます。トランプとCNNは、プロレスの関係で元々は、仲が良いようですね。トランプがプロレスラーとして試合に出場したときというか、ヒール役のプロレスラーのマネジャーで試合に出場したときに、CNNの記者を殴る演出をしているのをみました。トランプは、おまえはクビだ。という言葉をアメリカで、流行らせたこともあったようですが、死期が近づいてる少年がトランプに、おまえはクビだ。と言ってほしい。と、頼んでトランプも快諾したようですが、少年の顔を見て結局言えなかったようです。トランプは、人間としては愛されているのでしょうね。
いつもご苦労様です。【中道KSK】
2018-01-20 03:21:24
今回22日からの国会で、青山さんが質問される機会はあるのでしょうか。
少しでも正しい姿の国会論戦を見て、また僕らに考えるきっかけを与えて下され。


メッセージはいつも伝わっております。
サプライズ回避の為か?【横須賀 釣り人】
2018-01-20 03:08:56
青山先生、いつもつきなみの言葉しかいえませんが
お体を心配しています。体を鍛えてください。

さて、首相の今回の韓国訪問依頼は、北朝鮮攻撃(サプライズ攻撃)が此の時期にあると考えてのことかと思います。つまり、首相の人質作戦かと思います。安倍首相の暗殺もあるかもしれません。

断固この要請は、反対です。
平昌オリンピック【池田 昌髙】
2018-01-19 20:19:59
青山さんと同様、小生も安倍総理の平昌オリンピック出席には断固反対の立場です。
二階幹事長や公明党が何を言おうが、(常識ある)国民の大半は総理の出席には反対の立場だと思います、総理ご自身も出席するつもりはないと拝察しますが、、、、

昨日、安倍総理のホームページに”断固反対”のメッセージを投稿しました。
我々国民の願いが届く事を信じて。
「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推薦」【八千代の童】
2018-01-19 15:59:31
新聞報道によると、本日の閣議において「百舌鳥・古市古墳群」の推薦書をユネスコへ提出することが了解されたそうです。
少し気になったので「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議」のサイトで「世界遺産登録推薦書原案」を調べ
てみましたが、やはりというべきか、想像通りというべきか「古代日本の王の墓」「倭の王家」「ヤマト王権の影響下で広
まった文化の象徴」との文言が飛び込んできました。歴史学には様々な見解があるとは思いますが、政府は細部の内容を把
握して「閣議了解」したのでしょうか?推薦書最終案がどうなっているのかは分かりませんが、場合によってはこれらの文
言は「閣議了解した政府見解」として「歴史教科書」に記載されるんでしょうね。「天皇陵」とは一体何なのでしょうか?

そもそも「ヤマト王権」ってなんやねん!大阪は何してくれとんねん!あぁ頭が痛いです・・・。

とりあえず、首相官邸に意見を投稿しておこうと思います。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ