On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-03-16 19:26:03
Comments (14)

時間と順番の変更です★たいせつな連絡です★

▼3月19日月曜の参議院予算委員会で14回目 (予算委では6回目) の国会質問に立つことについては、こんなにショート・ノーティス、直前の決定と急なお知らせだったのに今回もまた、驚くほどない沢山の傍聴希望をいただきました。
 そして先ほど、3月16日金曜の夜に、これもまた意外な連絡が国会対策委員会などからやって来ました。
 それは登場の順番の変更と、それに伴う質問時間の変更です。

▼これまでは質問は2番バッター、質問時間は9:40~10:20でした。
 1回生議員だからトップバッターではないのが当然です。
 ところが党の判断で繰り上がり、1番目となりました。
 したがって質問時間は9時ちょうどから9時41分までです。
(実際には、2分ほど繰り上げて終わるかもしれません。夕方5時を過ぎると、NHKの中継がお相撲に切り替わってしまうので、この日の予算委の最後、少数会派の議員による質問のテレビ中継を確保するために、すこし時間を繰り上げておくのです)

▼しかし傍聴に来られる方の集合時間は、午前8時半で変わりません。良かったです。
 ご注意なさるのは、テレビの生中継をご覧になる方だけですね。
 それではまず、3月18日の日曜日に、東京・ビッグサイトで開く独立講演会でお目にかかり、翌日の月曜朝に、国会議事堂か、テレビ画面でお目にかかりましょう。
 先にお伝えしたように、月曜の「虎ノ門ニュース月曜版」は今回もまた、ごめんね、ぼくは居ません。

▼独立講演会は今、珍しい九州開催の福岡開催分を募集中です !
 下掲の募集要項のうち青い「申込フォーム」ボタンを押してください。
 そこに質問も書き込んでくださいね。独立講演会では、ナマで質問にお答えします。
 あっという間に締め切ってしまいますから、注意なさってください。
 春の博多で会おう! 直に対話しよう !

第76回 独立講演会@福岡 (2018年 4月15日 : お申込みの受付を開始致しました)

講演日】

2018年4月15日(日)
 
【講演時間】
受付:13時00分~14時00分
開演:14時30分~19時00分 予定
 
【講演内容】
 新生へと続く階段の一段一段を共に踏みしめつつ、一緒に考えよう その1
 
【会場】
エルガーラホール 8階 大ホール(指定席)
福岡県福岡市中央区天神1-4-2
JR博多駅よりタクシーで約10分
地下鉄空港線「博多駅」より「天神駅」まで5分
地下鉄空港線「天神駅」下車 徒歩5分
地下鉄七隈線「天神南駅」下車 徒歩1分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2018年3月7日(水)正午~ 2018年3月23日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
     
 
※上記以外のお申込みは、受け付けておりませんのでご了承ください。
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、
「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつの名義でお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、3月23日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2018年4月2日(月)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールをプリントアウトしてご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員カードをご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯電話へ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※当選権利・参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

3/19の国会中継をリアルタイムで見ました。【ゆたんぽ】
2018-03-19 14:28:48
日本の命運を背負っての質疑、大変お疲れ様でした。

青山さんと、和田さんの両方をしっかり見ました。お二人での事前の打ち合わせがあったのか無かったのか分かりませんが、結果的にはお二人の質問が有機的に組まれていて、其処此処に響き合うものがあった点は素晴らしかったです。このお二人の質疑を全国民が見ていれば、少なくともモリトモ事件は完全終了で、残りは文書改竄の真相究明と防止策に移ると思うんですが、人伝に聞いた話ではNHKのニュースはお二人の質問が無かったような振る舞いをしているとか。困ったものです。

ところで今回の質疑で一番印象に残ったのは、太田理財局長が答弁に立つために、歩いていく間に見せる首振り動作などの無意識の動作ですね。答弁に立つと慇懃無礼なくらい謙虚な雰囲気になるんですが、歩いている間の無意識の動作は太田氏の心の中の動きを反映しているように思えて仕方ないです。
公聴会傍聴御礼【良い国のニュース担当】
2018-03-18 10:02:05
3月13日11時からの参議院予算委員会公聴会に参加しました。
維新の会以外の野党議員欠席でしたが国会入場の手続きを含め
しっかりとした質疑と国会運営そして現場を体験する大切さ
を痛感し傍聴の機会を得た事に感謝いたします。
15年以上前から青山さんの読者でしたが今こそ大事な時期
です。ご活躍を祈念すると共に団塊世代の一人として
覚醒していない友人への啓蒙に努めたいと思います。
極論でしょうか?(公開可)【中川大輔】
2018-03-17 15:48:54
青山繁晴様

あまりにも、うがった見方だと言われるかも知れないですが。。

今回の森友の件、ひょっとすると..

まったく財務省の言いなりにならない、安倍政権に対する

財務省の捨て身の、安倍政権倒閣の政府内テロかも?

と、思ってしまうのですが。。

これ、極論でしょうか?

こんな事は、あり得ない事なのでしょうか?
『知る権利』について【おり】
2018-03-17 13:13:48
予想していたこととは言え、第二次森友魔女裁判のオールドメディアの印象操作、切り取り報道により、例によって情報弱者と思われる50代以上の内閣支持率低下の現象が起こり、「オールドメディアが国民の『知る権利』を無視している現状は、それこそ違憲状態じゃないの?」と思い、正確さを期すために『知る権利』について、ざっと調べなおしたら・・・
厳密に言えば『知る権利』とは国民が調べる権利であって、教えてもらう権利ではなかったのですね・・・
しかしながら「報道」が記載されてはいなくても「裏どりされた情報」の「報道」が、当たり前である同様に、『知る権利』もその趣旨から考えれば省略されている(言うまでもないことだから?)とは言え、国民に分かったことを正確に知らせる義務も内包されているとは思います。
もっとも誰が国民に知らせると考えれば、常識的にはメディアだと思いますが、今の常識なきメディアなら前述の通りの言い訳、「べつに俺たちは、お前らに教えなくても憲法違反じゃないし、そもそも国民が調べる権利であって俺たちが調べなくてもいいんだけど(笑)」と、自己の存在理由さえ否定する開き直りをしそうですね・・・。
常識という曖昧な根拠を除外して憲法改正時には、『知る権利』と同様に『正確な情報を受け取る権利』も必要だと思いました。
何をもって『正確』とするの?『伝え手』は誰が責任を持つの?どのレベルの情報まで知らせるの?など諸問題はあるでしょうが、現状の有様は国民にとって甚大な損害です。
本当にオールドメディアは、どの口で戦前の情報統制を批判するのやら・・・ですね。
明日伺います【秋生まれの一学生】
2018-03-17 13:03:56
お疲れ様です。

時事通信「安倍内閣の支持率急落」と騒いでますが、原因は50代以上の「安倍離れ」とか。10代~40代では依然として支持が不支持を上回っているそうです。
不肖僕も学生ですが、「日本の未来は決して暗くない」と感じました。

公文書の話は中途半端に終わらせてはなりませんが、敵を誤ってはいけません。
これで安倍内閣を倒しては、それこそ「トカゲの尻尾切り」です。(そもそも安倍総理関係ないからトカゲでもないし 笑)

明日の講演、明後日の質疑、楽しみにしております。
失礼します。
傍聴行きます【由比ヶ浜(まゆみちゃん)】
2018-03-17 10:58:23
時間変更のお知らせ、ありがとうございます。
もしも集合時間も30分繰り上がっていたら、間に合わないところでした。
始発の新幹線でも現地着は8:15なのです。
よかった~^^

「嘘報道」による印象操作が功を奏し、内閣支持率が下がっているそうです。
決済後の公文書書き換えは大きな問題ですが
それをいきなり大臣辞任や総理辞任に結びつけるのは異常です。
例えれば、万引き犯に殺人罪を適用するようなものです。
そんなことが許されるなら、倒閣のための意図的な文書書き換えだってできます。
そもそも近畿財務局の文書が普通ではなく詳しすぎるとの指摘もあります。
しかしそういったことを、テレビのワイドショーでは伝えず
倒閣運動に加担してるとしか思えません。

この厳しい国際情勢の中で、万一安倍政権が倒れたら
甚大な被害を被るのは、真面目に日々を暮らしている普通の日本人です。

青山さんの質問に希望を託しつつ、19日は傍聴席から応援します!
さて、明日はチケット当たった講演会だぜ 【サーフィン屋テッド】
2018-03-17 10:05:42
先生 明日はガッツリ気合をいれてください。
震災7年たって、やっとオイラの震災が終わった気がした。ムチャクチャ疲れた。
最近 また 酒を飲むようになった。禁酒しててよかった、ヤバイ時、酒のむと飲まれるしな。
やっぱ 前向きの時は酒とロックンロールとスポーツだぜ (女はもういい 何考えてのか さっぱり わからない)
俺をいろんな面で支えてくれたのは、昔から店に来てくれたお客様だった。
パン(カンパーニョだかなんだか知らねーけどやっぱり パン)焼いてきてくれたり、コメもってきてくたり。随分癒やされた。助かった!!

先生、千春博士 ほどの我慢 我慢のストレスではなく、ケンカ売ってくるバカもいて、ばっちりガンガン
暴れてストレス0、それにやっぱ 波乗りがあった。

来月から ぼくそこサーフボードの再開です。狙った男をやっと退社させれました。
スリランカでも有名企業に働いてたので、時間がかかったけど、ビッカビッカの男です。
脱私即的 も十分理解して、偉くなるはヤダというので、だから 青山繁晴先生の写真を
かざってるわけだろ  といったら、  あ~~~~そーか!  だってよ
大体 偉い人間の面かよ 俺たち ただのサーファーだろ アホ。オマエも白人の服を着た
ネクタイで首を繋ががれてる ただの奴隷じゃん オメー 白人かよ といったら 大笑いだった。

人の心を傷つける以外はなんでもやれ、ケンカ売られたら、ガンガンいけ、相手がより強かったら
すぐに ネズミ男になって、媚を売れ。そして鬼太郎を呼ぶんだ  これうちの社訓。

明日は がつーーーんと 気合 いれてください。今の旬は暴動にデング熱だってさ
生きて帰ってくる自信  なし。俺 ドツボにはまってるのとちゃうか

今 先生いるとこはまさしく 地獄。 自分を救えるのは笑顔しかない 何もなくても
天皇陛下について【とき】
2018-03-17 07:26:58
コメント非公開でお願いします。

保守系ブログのコメント欄を見て、心配になり書きます。

今まで、譲位という形で受け継がれていたのに、
今上陛下は退位して、皇太子殿下が即位をする。

これは、言葉上の問題だけと思っていましたが、
後には記述された言葉によって、皇紀が途切れた事になってしまいませんか?

取り越し苦労であってほしいです。
大義【竹内善吉】
2018-03-17 07:08:43
憲法改正、北朝鮮情勢、森友ねつ造事件等睡眠時間はあるわけないですね。闘いはいよいよ佳境です、戦後70数年の思いが青山議員の肩に。微力ながら皆さんとともに戦います。繁晴さんに一票入れた時にまさかこんな展開になるとは。
応援してます。【夕焼け】
2018-03-17 07:08:24
青山さん、日本の国益の為日夜頑張って頂き有り難く思って降ります。虎8で暫くお目にかかれないのは淋しいですが、心でしっかり応援しております。
テレビしか見ない人は今回もメディアに誘導され今大事な国防に目を向けられず(野党はそれが狙い)日本国の弱体化に手を貸しています。早く電波オークションを実施してまともな言論空間になって欲しいです。
記事に感謝!!【ひじり~】
2018-03-17 04:37:07
青山さん、夜分に失礼いたします。

時間と質問の順番が変わったのですね。

青山さん、私は、僕は、いや俺は、この記事を読んで泣いてしまいました。

それは、半端じゃない忙しい中で、若干の変更を、自ら書き込む事。
食事しながら、はたまたトイレ中かも(笑)

勿論、青山さんの事ですから秘書さん達に任す事は、お任せされるでしょう。
しかし青山さんは先生は、自ら告知して下さいますね。

正直言いますと半世紀以上、国会議員なんて、どいつもこいつも保身ばかりの輩って目で見ておりました。

庶民から見ると、議員さんって、成る前と後では対応も雰囲気も変わってしまう感じがしますが、青山さんだけは、本当に本当に違いますよね。

時間などの変更は秘書に任せてしまう方々が大半でしょう。

些細な事でも自ら興す。その心が魂が嬉しくてなりません。
愛が在りますよね。国民や秘書さん達に対しても。

改めて感じました。僕たち国民の上で采配を振るのではなく、僕たち国民を下から持ち上げ、ガラガラと振ってくれる方なんだと。
変な表現ですが、五十半ばにして師と仰げる人に出逢えて、感謝です。

誰もが出来そうで出来ない事は、偉くなっても些細な事は淡々と自らする事。

青山さんと同じ時代に生きている事に感謝致します。

僕も僕のフィールドで頑張ります(笑)

乱文失礼いたしました。
青山さん、秘書様お疲れさまです‼【きよちゃん】
2018-03-17 00:42:14
青山さん、国益の為に日々ありがとうございます。

秘書の皆様、本当にありがとうございます。
この場を借りて、麻未様や、出口様に御礼申し上げます。
日程の調整、青山議員の行動力のバックアップ、我々支持者との連絡、、どんなに過酷かと思います。

青山さんと言う一人の男の生きざま、
闘い、
信念。

いつか、歴史に残るようなこの挑みを秘書の皆様が人生を掛けて支えて下さっている・・そう思うと感謝しかございません。

「あーおーやーまーさーん‼」
小さな庶民の私どもですが、
青山さんの背中を追いかけて応援して参ります。
光に向かって…【大阪府 在住】
2018-03-16 20:48:15
青山さんのお声が聴こえてくるような、
嬉しいお知らせをありがとうございます。

本物の国会とはこういうものだ!というこころが
一人でも多くの方に届くといいですね。

意見の違いを超えて、
一致できるところを見つける。

日本の安全、日本の平和を望んでいない人なんて
いないはずなんだから…

分断するのではなく、
一緒に考えること。

すべて青山さんから教えていただきました。

月曜日、しっかり録画をして家族そろって
拝見します!
まだまだ細いけれど、
自分のこころの中に一筋の光が見えてきました。

もっともっと太い光にしていけるよう、
自分も行動していきます!
戦後レジーム脱却の前に立ちはだかる戦前レジー【Servo関西】
2018-03-16 20:45:18
戦前は軍部の暴走が結果的に日本を破滅へと導いた発端になりましたが、今回の財務省による公文書偽造もまた、官僚の暴走ではないでしょうか。
戦前はメディアは軍部に味方して戦争を煽り立て、今回は政権の足を引っ張ろうと、官僚の犯罪を政権と絡めようとしている点で違いはありますが、ともあれエリート公務員の暴走が国を破滅に導く構図は戦前から続く「戦前レジーム」とでも呼びたくなります。

「戦後レジームからの脱却」を旗印に安倍政権は憲法改正を掲げましたが、それ以前に「戦前レジーム」が脈々と存在していて、実際今回も「戦前レジーム」の問題が憲法改正を阻みつつある状況になっていて、まずそれを壊さないと「戦後レジームからの脱却」どころじゃないよ・・・、という天からの声のような気もします。
旧民主党政権は政治主導だと言ってそれを壊そうとして、ただ政権担当能力が拙かったために挫折しましたが、憲法や戦後体制以前にまず「戦前レジームからの脱却」は与野党一致できる点と思いますので、野党も政権の足を引っ張るのに問題を利用しないで、政治家の皆様におかれましては一致協力して知恵を絞っていただきたいと切に願うものです。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ