On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-05-19 11:08:05
Comments (2)

さらに、みんなとの接点が生まれました

▼懐かしいRKB毎日放送ラジオ ( 福岡 ) ‥記者時代からずっと、ほんとうに長きにわたって電話で朝の番組にナマ参加していたRKBから連絡があり、きょうの5月19日土曜に電話で集中収録がありました。
 テーマはもちろん、半島情勢と拉致被害者の救出です。
 明後日5月21日の月曜朝7時40分頃から毎日、金曜までおよそ7分間、放送されます。
 今日の収録は1時間弱でしたが、それを7分間づつに分けてオンエアされるわけです。どのように編集されるかは、テレビと同じく分かりません。ぼくは一切、介入しません。

▼番組は「ニュースを中心とした情報番組」の「インサイト」です。
 聞き手は、もちろん名MCの櫻井浩二さんです。
 上記の7時40分頃から、というのはあくまで、だいたいの目安です。生きているナマ放送ですから、多少の前後はあり得ます。

▼拉致被害者の救出をはじめ、ほんとうに大切なタイミングの放送です。
 したがって、今後オファーが来なくても良いから言うべきを言おうと決心して、お話ししました。
 櫻井さんは、予定していた質問が場合によってはできなかったり、大変だったと思います。
 ただ、みなさんがご承知のように、ぼくは議員になる前、そしてテレビラジオにもっとも頻繁に参加していた時代から、タレントだったことは一度もありませぬ。
 芸能プロダクションからのオファーもすべて、完全にお断りして、一度もいかなる関係も、持ったことがありません。
 大学の教授も作家も、嬉々として「私の事務所 ( 芸能プロダクション ) は ( 番組出演交渉などを ) 良くやってくれるから」とか「あの事務所はギャラがもっと高くなるから移ろうかと思ってて」といった話を恥じる様子もなく、頻繁になさるのをテレビ局などで良く聞きました。
 他人の生き方には干渉しません。
 しかし、視聴者・国民の前でも同じことを同じように話せるのでしょうか。
 話せないでいて、国政や社会を批判できるのでしょうか。
 まことに不可思議千万です。

▼話が逸れましたが、要は、今回のRKBでも、不肖ぼくなりに把握した事実をありのままに話しました。
 よろしければ、どうぞ。
 RKBはよく戦っていると思います。こんなリスキーな人物、業界の尺に嵌まらない男に1週間丸まるの発言機会をくれるのですから。

▼たった7分、されど7分。それを月曜から金曜の掛ける5で計35分間ですね。
 こちらは4時間半、たっぷり話します。そして質問にもナマで応えます。
 もちろん、それは独立後援会だけです。
 よろしければ、下掲の募集要項のうち、青い「申込フォーム」ボタンを押してください。このブログからダイレクトに申し込めます。
 質問も書き込めます。
 緑が美しくなった、ぼくのふるさとの街、神戸で会いましょう。

第78回 独立講演会@神戸 (2018年 6月17日 : お申込みの受付を開始致しました)

【講演日】

2018年6月17日(日)
 
【講演時間】
受付:13時00分~14時00分
開演:14時30分~19時00分 予定
 
【講演内容】
新生へと続く階段の一段一段を共に踏みしめつつ、一緒に考えよう その3
 
【会場】
神戸芸術センター 芸術劇場(指定席)
神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸市営地下鉄・JR山陽新幹線『新神戸駅』より徒歩5分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2018年5月11日(金)正午~ 2018年5月25日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
      
 
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつの名義でお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
 
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、5月25日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2018年6月4日(月)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールをプリントアウトしてご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員カードをご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯のメールへ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※当選権利・参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら
 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

モヤモヤが晴れました【ラッパ吹き】
2018-05-19 20:05:10
こんばんは。
以前海と船に関係する仕事をしていた時、ずっとモヤモヤした思いがあったのですが、そこを離れ、「ザ・ボイス」を聴き(他局でゴメンナサイ)、青山さんの「靖国参拝は習俗だと何故安倍総理は言わないのか」という趣旨の発言に衝撃を受け、一気にモヤモヤが晴れました。

どの国民にも「根っこ」があり、それは誰に恥じることでも、引け目に感じることでも無いうことが瞬時に理解できました。
乗組員名簿を見て貨物船に訪船すればそれらしい船内の匂いは当然、個室に貼られた母国の国旗と、やんごとなき方々の写真を見て、当時は何も思わず、ずいぶん後から気づきました、国を愛することを笑われる我が国の方こそ、おかしいのだと。

時は移ろい、とある消防団でラッパ隊をしています。
現行の消防団ラッパ譜にある「国旗に対する敬礼」および「殉職者に対する敬礼」が、旧陸海軍ラッパ譜「君が代」および「国の鎮め」と同一だと判って以来、近所の護国神社で機会ある毎に「水漬く屍」、「命を捨てて」、「消灯」、「巡検」を加えて吹奏しています。
吹いたところで青山さんのように風は来ませんが、神様に見られて何度吹いてもまっこと緊張します。

地域の皆様に披露する機会もあります。旧陸軍の「速足行進」と野球の応援ラッパが同一だと知ると皆様驚かれます。ほんの七十余年前、みんなのために斃れた数百万の尊いご先祖様の上に、私達は居るのだということを、悲しいですがクレイムが付かないよう、注意深く発言しながらラッパを通して表現しています。こんなこと、右も左も無いのですけどねぇ。

青山さん、貴兄の声は吹いたら飛ぶよな小生の如き末端まで届いています。どうせやらないでしょうからお体お大事になんて申しません。本と声で私達に考える機会を与えて下さる事に心から感謝します。これからも出来る限り発信を続けられますようお願いします。
好きな7分間【塩沢】
2018-05-19 11:47:35
青山さんを最初に知ったきっかけはインサイト
自分にとって本当に大事な放送でした。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ