On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-06-08 09:33:06
Comments (4)

これが街頭だぁ!

▼きょう6月8日金曜の新潟知事選応援では、花角 (はなずみ) 英世候補と一緒に積極的に街頭を回ります。

▽15:15街頭演説
@加茂信用金庫村松支店前(五泉市村松甲1769-1)

※ぼくは参議院本会議を終えてから駆けつけますから、15:20に到着です。もしも本会議が延びれば、この街頭演説はパスせねばなりません。ただ、ふだんの本会議はあまり予定が狂いません。
 
▽16:10街頭演説
@阿賀野ウィンディ前(阿賀野市保田3095)

▽18:00街頭演説
@旧ライオン堂前(東蒲原郡阿賀町津川3748)

▽この間、選挙カーで移動しつつ、学校や病院などの近くを除いては、できれば声を出したいと思います。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

阿賀町大変じゃないですか⁉【ひろこさん】
2018-06-12 22:39:16
テレビをみてビックリです。
阿賀町の三セクのホテルが行き詰まり、中国企業に売却してしまったようですね。

なんとか早く自力で日本海側の活性化を進めなきゃいけないですね!

中国がなんでも悪いわけではありませんが、新潟をチャイナカラーに染められても困りますよね。
びっくり&未来がちょっと変わった【Ahhh】
2018-06-10 17:07:25
地方の建設業をしている者です。
花角さんの小千谷市での個人演説会に参加致しました。

当初、業界内での動員で行った都合上、「早くうち帰ってご飯食べて寝よ」くらいのノリで会場に着いたものです。しかし、青山先生のお話を聞き、新潟の現在の危機&未来への希望が一気に吹き出しました。

「花角さんに投票しなきゃ!」
業界のなあなあではなく、心の底からそう思うようになりました。

正直、私ども土建屋はお上が発注する公共工事の数と冬の除雪の出動回数により売上が激しく変わるので、毎年天国地獄の繰り返し、事業計画立てようにも立てられないような状況であります。
だから私たちは少しでも中央からお金を引っ張ってこれる人間を推すわけなんですよね。
でも、「エネルギー」の話を聞いて全く違うビジョンが見えてきました。
人口のいない地区の公共工事に期待するより、全人類に必要なエネルギーという分野に地域の会社が関われたら、地域の人たちが利用できたら、どれだけ良い未来が待っているのだろうか、と。
私の夢想かもしれませんが、一市民の夢想を現実にする第一歩、それが民主主義ですよね!
というわけで、私は花角さんに投票します。しかも心の底から!

青山先生、あの時間、あのタイミング、あの熱量で私に希望を持たせてくれてありがとうございました。
新潟県 県知事選挙 応援演説【柴犬武蔵】
2018-06-08 11:51:45
青山先生、お疲れ様です。
6/6魚沼市での応援演説、YouTubeで拝見しました。
新潟県のエネルギー問題は、新潟県の勃興だけでなく
日本海側の県にも大きな光をさす重大懸案。
やはり県民や国民の生活は経済成長があってこそ。
故郷の新潟県や日本海側の全ての県の将来繁栄の為に
応援演説よろしくお願いします。
微力ながら、演説を拡散しますので。
弔い合戦!【ともたん】
2018-06-08 10:38:25
青山さん、こんにちは!

先日の新潟行かせて頂きました。
福岡先生の訃報を私もそこで初めて聞き、愕然としました。前回の独立講演会でお元気な姿を見ておりましたので、信じられない思いでした。
期日前投票を済ませた後、海外での調査中に亡くなられたと聞き、国益のために最後の最後まで奔走された先生に深い感謝と追悼の意を捧げたいです。

そして、青山さんは日本の国益を、考え、また先生の弔い合戦として新潟の地に再び立たれるのですね。
本当にありがとうございます。

また何と今回は新潟の村松!に行かれるそうですね。
村松は私の亡き母の故郷で、祖母のお墓があり毎年訪れている土地ですので、びっくりしました。
村松は昔は城下町でしたので、歴史もあり大変栄えた土地だったそうです。
しかし現在、以前あった鉄道も廃線になり、賑やかだった商店街も活気がなく寂しい限りです。
どうか青山さんが行かれて新潟の希望!メタハイ!の話をしてあげてください。
村松にも新潟の自前資源メタハイで走るバスを走らせる夢を語ってあげて下さい!

私も早速、祖母のお墓があるお寺の住職様に、青山さんのお話を聞きに行かれるよう連絡してみます。
(青山さんの日程がずれないことを祈って!)

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ