On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-07-04 03:13:07
Comments (16)

もうやることは無いのかなと思っていたりしたのです。

▼それはサイン会です。
 あたらしい「ぶと新」こと「ぶっとい新書」の「ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う」(ワニブックスPLUS新書)は全国書店に並ぶ7月9日まで、あと1週間を切り、予約 ( たとえば、ここ ) をびっくりするほど沢山いただいています。

▼その予約好調が影響してか、編集者によると八重洲ブックセンターから「8月のどこかの土曜か日曜にサイン会を」というオファーがあったそうです。
 サイン会をやる以上は、おひとり、おひとりに時間をかけることもあって、なかなかの大仕事になり、今のぼくのウルトラ過密日程では無理だなぁと、このオファーの連絡がある前は正直、考えていました。
 しかし、このあたらしい「ぶと新」に関心を持ってくださる読者が多いということは、すなわち、硫黄島の英霊を故郷に取り戻すことや、祖国とぼくらがこれから何をすべきかについて関心を持たれるひとが多いということでもあります。

 8月は国会が休会に入っています。
 ほぼすべての国会議員が選挙区で、昔から「田の草刈り」とも称されてきた選挙活動をなさり、参議院に特に多い団体代表、団体推薦の議員は普段に増して団体対策をなさるわけです。
 それが日本政治の長年の現実です。
 不肖ながらぼくは、いかなる団体の既得権益も代表せず、どんな団体の推薦も支持も受けず、派閥に属さないから派閥の支援も受けず、後援会はつくらず、政治献金は1円も受け取らず政治資金集めパーティも開きませぬ。したがって政 ( まつりごと ) には私財を投じなければならず、それもあって、膨大な ( 大袈裟で申し訳ない ) 原稿執筆の重圧は常にどーんとあるけれど、7月や9月に比べれば8月は時間が取れるかもしれません。
 あ、そういえば、8月は海外出張には行くのだった‥‥。
 いや、それでも調整は不可能ではないかもしれないと考えます。

▼というわけで、八重洲ブックセンターの志に感応して、サイン会を久々に開きたいと思います。
 万一、調整が付かなかったら、また次の機会を模索します。
 八重洲ブックセンターでサイン会を開ける場合、ここはいつもまず、ミニ講演会を開いてサイン会になります。
 収容人数は少ないですが、しっかり講演できる会場のある書店だからです。
 もしも順調に開ければ、お会いしましょう。
「ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う」に、あなたの名前こそをいちばん大きく書き、ぼくの名を小さめに添えます。
 そのサイン会への気運が盛り上がりますよう、できればまずは書籍を入手される予約をなさってください。
 待っています。

 繁子ちゃんも読んでみたいなと思うかな、あたらしい、ぶと新。
 

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

既にサイン会の受付が始まってました!【IDC0119】
2018-07-09 15:23:53
八重洲ブックセンターの8月12日(日)サイン会の告知がされ、今朝から
予約の受付が始まってました!
再度自民党員獲得数について【池田 一也】
2018-07-05 21:56:54
先程のメールで党員獲得数1万名と記載しましたが10万名の打ち間違いでした前回投票獲得票数48万超から10万名獲得はは可能です。
自民党員数獲得について【池田 一也】
2018-07-05 13:09:20
昨年の自民党議員の党員獲得数トップは11,244名とのこと、政治資金を受け取らない
議員が積極的に呼びかけて党員獲得数が仮に1万名を超えるなら圧倒的に発言力が増すと思います。 ご検討ください。
やることはあります【あらさか】
2018-07-04 21:21:15
北朝鮮との交渉が新たな局面を迎えました
予想通りというか米軍の実質的な手段が取られる可能性が高まってきています
トランプ大統領はメディアを頼らずツイッターなどで独自に発信する人です
ある日の深夜
「たった今、北朝鮮を核攻撃した」もしくは「核・大量破壊施設を破壊した」
と発言があった場合、日本はよそ事として看過することができません
偏西風があります
あらかじめ気象庁・防衛庁が連携して、そうなった場合どの地域が危険になるか
危険になった場合、国民にどう指示するか備える必要があります
福一のとき日本政府はSPEEDIの情報を国民に隠蔽し、米軍だけに渡していました
あの時と全く変わっていないと憤るのは後にして、あらかじめ政府が国民に呼びかけることが大切だと思います
Fallout 4というPS4のゲームは日本国内で25万本売れたそうですが、一般の日本人にはまだまだ放射性降下物(黒い雨)
への知識が無いと思います、私もありません
早急の対策を図る必要があります、杞憂であったなら笑ってすましたいです
既に対策が取られており、国民への周知がすまされているのであれば
私自身の情報不足です、すみません
自戒【長岡章夫】
2018-07-04 19:17:40
人が他者に夢を託すこと。
時にそれは、託す者のエゴが先立つことがあるように思います。
本当は感動が先にあったはずなのに、知らずして、思い上がりに変遷してしまう。
自らの夢と他者の夢の分別があれば、他者の喜びに対して喜び、悲しみに対して悲しめる。
純粋に他者を愛したいと思いました。


青山さんは、高校生にして、あるべき心持ちを悟ったのですね。
私は、根っから勝ち続けた読売ジャイアンツファンでしたので、今頃やっと、気づきました。
青山先生の活躍を毎日楽しみにしています。【山口から国憂う者】
2018-07-04 18:11:50
虚しい議論に明け暮れる今の国会、
言いたい事は山ほどあります。
青山先生の国会での活躍は、
山口県に住んでいる私からも、目に見えて伝わってきます。
国会での議論を行う上で、
会派・党を超えてまさしく祖国のため、国民のために真に一歩も
退かない覚悟を持ちつつ、国会という
場所を実りのある議論が出来るように頑張って下さい
!!!!
ぞうきん掛け【アキラッチ】
2018-07-04 14:58:45
青山さんは、ときおり「雑巾がけ」の必要性を説いておられます

ここで言う「雑巾がけ」とは、誰も見ていないであろうところでも、「真面目に」、「謙虚に」、「地道に続ける」、ことだと思うのです

青山さんほどの知識と経験をお持ちの方でも、1年生議員として「雑巾がけ」をされておられます

目先の利益を求める「自称評論家」や「学者」、目立ちたがり屋さんの「野党議員」や「元総理」には絶対にマネのできないことです

この「雑巾がけ」のことで、いつも思い出すことがあります

それは、稲田朋美議員が2016年に防衛大臣に任命される少し前、青山さんが稲田さんについてコメントされた内容です

「もう少し、雑巾がけをしてから防衛大臣になられたほうがいいのでは?」という趣旨のことを、、、

案の定、青山さんが危惧された通り、稲田さんは、その後の国会答弁等で現場経験や知識の浅さからでしょうか、野党やマスコミから批判される結果になってしまいました

ところで、、、

僕は青山さんの記者時代のお話を聞くのが好きです

誰も見ていないところで、雑巾がけをされた結果、特ダネを発信し続けたことは、若い方々にも非常に参考になるお話だと思います

「雑巾がげ」は、どの世界でも必要だと信じています
母を想い、多くの英霊に感謝【まろ】
2018-07-04 11:50:19
青山先生いつも虎の門ニュースみてます。私の母は陸軍の病院で 婦長をしていまして、中国での引き揚げ時、大きな街までの責任者のひとりとして、大変苦労したそうです。いつも私らはまだ良い方、着るものも無く、裸の赤ちゃんを抱えていた日本人のおかあさんがいたそうです。列車に乗せることもできず、ただガーゼを1束渡してあげることしか出来なかったと言っていました。死ぬまで毎日仏壇で拝んでいました。戦争で亡くなられた部下や、同僚、そして多くの英霊に対して供養さていただくのは、生きて帰って来たもののつとめと言っていました。一日も早く英霊が帰国されますよう。私も心から願っております。大変でしょうがよろしくお願いたします。応援してます。
ありがとう!【よつば】
2018-07-04 11:07:32
日本代表の皆さんに感謝です。

毎晩、録画して、目覚ましかけて見てましたよ。
最後の晩だけどうしても目が開かなくて、聞きながら寝てしまったけど、、、

残り20分くらいで目が覚めた時はまさかのリード。
しかし、直後に失点が続き、、、。

皆さんの決めたゴール、スーパーセーブ、必死の姿にありがとうと言いたいです。
強い相手だったとしても「でも、勝つかも知れない」と夢を見ることが幸せと思います。

次の試合はもうない、と言う時は、何故か悔しさより、一抹の寂しさを感じます。

確実に強くなっている日本!
監督、選手の皆さん、夢をありがとうございました。
もっと他者を褒める。良いこと探しが出来ないのでしょうか?【神戸市在住 松永】
2018-07-04 10:47:53
お疲れ様です。
と申し上げるより『お身体大丈夫でしょうか?かなり・・・』
何を申し上げても、切ないだけですが・・・

他人様を褒めるのは難しいです。
私は俗物ですから、私利私欲、嫉妬・妬みの塊です。
嫉妬・妬みは負のエネルギーとしか思えないので意識的に無視しているだけです。

日本人は真面目なので、正解を求め他人に押し付ける事が自己満足となっている様に見えます。

もっと素直に他人様を褒める事が出来れば、次の問題・本質へと向き合えると思います。

が、しかし青山さんはご自分の事は後回しで、公益を優先されるお姿は尊敬出来ますが感心出来ません。
と思うのも私の小さな嫉妬です。
金一族は核のボタンとともに生き残る【TheSailingMiracle】
2018-07-04 09:31:40
北朝鮮は経済開放路線に舵を切っても、金一族は滅びない。
核兵器を所有する一族として手出しができないから。核保有国となることはほぼ確定した今、
中国共産党がいつになっても自由化しないのと同様、北朝鮮の核兵器がある限り、金一族は滅びない。

武力で滅ぼさない限り、現状は変わらない。戦争の歴史が人類の歴史であった必然性は、利害やその元となる価値観の衝突は武力で最終決着をするということ。戦争はどちらの価値観を是とするか、その時代の正義を実現する最後の手段でもあったのではないか
わーい(*^▽^*)【きよちゃん】
2018-07-04 09:12:08
サイン会‼
嬉しいです~‼

青山さんのファンのして
一番楽しい行事がサイン会、
青山さんと最初に御逢いしたのもサイン会♡

楽しみです~‼
尖閣公務員常駐【田野たにし】
2018-07-04 09:02:09
青山さん、激務の日々、お疲れ様です。

新ぶと新、なんとしても早く入手して拝読したいと思います。

さて、米国在台湾協会の警備を海兵隊が担当する動きがあるようですが、それと連動させて安倍総理が自民党総裁選で訴えていた尖閣公務員常駐を進めることはできないでしょうか。
公務員は世間知らず【中津の篠笛奏者】
2018-07-04 08:16:54
毎週の虎ノ門ニュース、楽しみにしています。

市政の問題、山積で、
最近は、市役所の人事まで口出しするようになりましたが、
一年で人事移動させられてて良い仕事ができるのか?
引き継ぎのマニュアルもない移動で上っ面の仕事になる
管理職の年齢は若返ってるが、仕事の質は落ちている

市政の問題が、ここにあると分かりました
市議会に出れるよう議員になるべきか
オンブズマンとなって戦うか

もっと市民の困ってる現場に出て声を聞かないと
近い将来職員は殆どAIに変わる事でしょう
本当に苦慮し考えない職員が多いですね( ´Д`)y
それしか方法がなければ、やるしかない【山中狂人】
2018-07-04 07:52:26
もうすぐ8月。
「カミカゼも、特攻も、玉砕も、集団自決も、すべてケシカラン!、2度とあってはならん」の大合唱が始まる季節です。
2度とあって欲しくないと、私も思います。
されど、それしか方法がなければ、やるしかないとも思います。
他国の歴史を見ても、特攻や玉砕は珍しくありません。
ユダヤの「マサダ(砦)」やアメリカの「アラモ」など、硫黄島と同じ。玉砕です。
ユダヤ人やアメリカ人は、自国の歴史を誇ります。マサダやアラモの玉砕を批判する者はわずかでしょう。
今でも彼らは、「それしか方法がなければ、やるしかない」と、思っているように見受けられます。
青山氏の実感はどうですか?
ユダヤ人やアメリカ人との交流があるから、私よりは彼らの精神・魂に詳しいと思います。
機会があれば、虎ノ門ニュースで語ってください。
老眼がすすんで、もう活字を読むのが苦痛になっているのです。
青山先生、おはようございます!【そらぽん】
2018-07-04 06:21:53
青山先生、はじめまして。

参院議員になられても一切ぶれないお姿に頭が下がります。

ここ2カ月ほど、放送日はほぼ毎日、虎ノ門ニュースを視聴しています。

YouTubeが媒体の主体なのですが、出不精の自分が目覚めていくのを日々感じざるを得ない現状です。

先生の現場に足を運んで、ご自分の言葉で発せられる声の説得力のお陰です!

昨年秋ぐらいまではオールドメディアを鵜呑みにしていた自分がいました。

この前、YouTubeにて「日露経済フォーラム」を視聴しました。
TVでは、1、2分で終わる報道がネットでは2時間も3時間もありのまま報道してますよね。

自分にできることは何かを痛切に考えるようになれました。

いずれ来る(であろう)改憲の国民投票絶対行きます。

先生の不断の行動力に少しずつではありますが、変わっていく自分を感じています!

本当にありがとうございます!!

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ