On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-09-04 00:32:09
Comments (8)

これまで何度か申していることながら‥‥

‥‥ぼくの発信について、あなたさま独自のお考え、独自の体験によって、発信の内容とまったく異なる解釈をなさり、たとえば「○○をこのように批判する人もいるが、ぼくの考えはそうではなく‥」という趣旨で話しているのに、「なぜ○○を批判するんだ。卑怯じゃないか」うんぬんとの趣旨で書き込まれるのは、できれば、おやめください。
 それは解釈というより、曲解です。
 曲解も誤解も世に山のようにあります。それはむしろ、ごく普通のことです。しかし、それを根拠に誹謗なさるのはどうでしょうか。

 自分のコメントをなぜ載せないと仰るのも、できれば、おやめください。
 ここは掲示板ではありませぬ。
 ご自分の考えを世に示したいという気持ちは、ごく正当なことです。
 だからこそ、この地味なブログ、個人の庭を利用するのではなく、それにふさわしい場を選ばれるか、ご自分のブログなどで発信なさってください。

 また、これは世に出るべき意見だなぁと不肖ぼくが思っても、どこかへ誘導する記述が最後にあったりすれば、そのコメントは公開できません。残念です。

★これもずっとずっと申していることですが、このブログでは、頂くコメントを一切、改変しませんし、改変が不可能なシステムになっています。
 逆に,頂くコメントを勝手に改変できたり、改変したりすれば大変なことです。そんなことは致しませぬ。
 たとえば、たいへんに良いことをお書きになっているのに、実名を書かれた上で「匿名希望」となっていれば、もう公開できませんね。その実名の部分を改変できませんから、コメントごと伏せるしかありません。

★すでにご存じかと思いますが、不当な中傷誹謗はそもそも読みませんから、寄せられても無駄です。
 一方で、そうではないコメントは、ぼくと意見の違うものでもしっかり読んでいますから、安心なさってください。
 コメントを頂く理由、動機、お気持ちは、それで本来は満たされているはずです。
 ぼくに伝えるためではなく自分のコメントを多くの人に読んで欲しいという理由で、この地味ブログを利用されようとするのならば、それは恐縮ながら決して受け容れません。
 どうぞ自力で努力なさってくださるよう祈ります。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

消費増税について【富】
2018-09-04 23:16:39
他の方のコメントにもありますが、消費増税は必ず日本経済に大きいダメージを与えます。
自民党では安藤裕議員が消費減税という、今日本に必要な施策を意見されているのですが他の方から何も聞こえてきません。

私の周りは安倍内閣支持は多いのですが、消費増税をするのであれば改憲にも賛成できない(参議院選挙は別の党に入れる)という意見もあります。

消費増税は日本にとっての重要な岐路になっていると思います。
日本国民として、何卒止めていただくようお願い致します。
虎ノ門ニュースを拝聴しました。【夢魔】
2018-09-04 13:59:50
青山繁晴様

虎ノ門ニュースを拝見しました。

防衛費5兆2986億円、社会保障費116兆円ということについて、

マクロ的な視点で、考えてみました。

企業の内部留保金446兆円で過去最高、国民の預貯金が960兆円です。

つまり、日本には、お金がないのではなく、国民、企業が、将来、『不安』だから

『お金』が廻ってないだけだと思いました。

国内で、お金さえ廻れば、国防費、社会保障費の額は、それほど大きい金額ではないと思います。

もちろん、政治家、官僚の責任もあると思いますが、本、インターネット、テレビ番組など、とにかく、『不安』を煽りすぎと思います。

今、日本に必要なのは、『希望』『誇り』『自信』ですね。
深く淡く【たけお】
2018-09-04 08:00:12
青山さん、いつも生きる希望のお裾分けをいただいて、ありがとうございます。
日々、国益を考えながら仕事をするようになりました。
(まだまだ不十分ですが・・・)
じつは会社を立ち上げてもうすぐ三年になり、いよいよHPを作ることになりました。
青山の言葉にはとても深く刺さるものがとても多いのですが、
その中でも最近は「深く淡く」が強烈に刺さっております。
そこで会社のTOPページにこの言葉を入れたいのですがよろしいでしょうか?
返事はお聞きできませんが、たぶん「どうぞごご自由に~」と
仰ると思いますので、記載させていただきます。
今後も青山さんに負けないよう、大道無門を忘れずに頑張ります!
応援してます【ひじり】
2018-09-04 04:06:06
青山さんこんばんわ。
むかし、お袋が言ってた言葉を思い出しました。
燕弱いずくんぞ大鳳の志を知らずや

青山さんは、やらにゃあ、いけん事が、えっとあるんじゃけぇ、イチイチかもうとっても、つまらんです。(広島弁です)

大丈夫!日本中の国士が青山さんとひそかに、しなやかに強靭に連帯しとります!

二時間寝ます。おやすみなさい。
消費税増税は、避けられないのでしょうか?(公開可)【中川大輔(公開可)】
2018-09-04 03:31:33
青山繁晴様

いつも貴重な発信、ありがとうございます。

さて、9月3日の虎の門ニュースでの青山さんのお話を聞いて、
来年秋の消費税増税が、いよいよ本決まりになるのではないか・・
と言う風に受け取ってしまいました。
(もちろん、まだ本決まりではないと、おっしゃっていました。)
私は、創業11年目の小さな小さな会社(正社員5名のソフト開発)を
営んでおります。
民主党政権下でのリーマンショック後の、あのとんでもない不景気で、
創業2年目~3年目の弊社は、倒産を覚悟しました。
でも、思い切った(大幅な)給与減額などの社員の協力もあり、なんとか
乗り切り、そんな中、待望の安倍政権が復活し、それから今現在まで着実に
業績が回復しリーマンショック前の状態まであと一歩、のところまで来ました。
(途中で消費税8パーセントへの増税がありましたが、これは3党合意?で、
 やむを得なかったのだろうと思います。でも、この増税は間違いなく経済に
 ダメージを与えたと思います。)
なのに、また消費税を増税する。。
そんなことを実行すれば、やっとここまで回復してきた日本経済が、また
冷え込んでしまう。
いままで青山さんが、おっしゃっていたとおりになるのではないかと思います。
この場で、自分たちの事を言うのは、はばかられますが、社員の必死の協力も
あり、やっとここまで回復した会社の業績が、もとのもくあみになってしまう
のでは..と、恐怖心を抱いております。
(2年後の東京オリンピック後は、おそらく経済は落ち込むでしょうし、その
 翌年の安倍政権終了で、さらに落ち込むのではないかとも思います。)
なのに、ほんとうに来秋の消費増税は実施されるのでしょうか。。
安倍総理の本心は「自分の政権で2回目の消費増税は絶対しない」ではないのか?
と、思うのですが..どうなんでしょうか。。

以上とりとめなく長々と書いてしまい、すいません。。

とてもお忙しい中、恐縮ですが、これからも我々への発信、ぜひよろしくお願い
致します。

それでは、失礼致します。
コメント欄を読む意義【むかで】
2018-09-04 01:49:54
反論のような問いも敢えて公開する姿勢を良きに思っています。行き場のないご意見の吹き溜まりっぽい長編にリアルを感じます。コメントを私たちにも読めるようにしてくれて、ありがとうございます。そして、僭越ながら申し上げれば、私たちも読んで共有したいという気持ちもあります。それが反青山の意見でも、敵を知るために。喜びは分け合うと倍に、辛さは分け合うと半減と言いますし。私たちを守ってくれているのかもしれませんが、読む方は心の準備できてる人が多数だと思います。
ほっといて下さい【西江一久】
2018-09-04 01:27:59
今回のような書きぶりは前にもあったように記憶しています。
人は個々違って当然です。
この様な輩はどうぞ捨て置いて下さい。枠外の人は必ず居ます。
青山さんの優しさが伺われます。
何事にも優先順位があります。どうか青山さんの貴重な時間をこのような輩に使わないで下さい。
私の思い浮かぶだけでも憲法改正、拉致被害者の救出、英霊の遺骨収集、自前資源の発掘収集、国会での議員活動、その発信、国内外の情報収集、その発信、メディアでの情報発信、講演での情報発信、物書きとしての情報発信と心情等
余りに多くの事に携わっておられます。
重ねて申します。仏の顔も三度。貴重な時間をより多くの人に使ってください。
青山さんのブログを・・【きよちゃん】
2018-09-04 01:23:21
青山さんのブログにコメントする時は、
青山さんにお伝えしたい事を箇条書きにメモしてからコメントしています。

青山事務所は陳情も寄付も受け付けないのですから、
このコメント欄が唯一の伝達方法です。

それと
講演会や暗黒国会に行った時は
その場に居た一人として私見は省き、出来るだけ事実だけを書くようにしています。

オフレコの内容は勿論ですが、
工作員その他、アンチ、また反対勢力の方々も青山さんのブログをチェックしていますので、
何度もメモ帳に書き直して青山さんや秘書様方々に御迷惑が掛からぬよう、
注意を払って参ります。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ