On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-09-16 11:30:58
Comments (19)

ふたつの選挙、ひとつの機会、ひとつの公開講義、ひとつの ( ちいさな ) 努力、ひとつの講演 (一字、訂正しました) (一部、手直しをしました)

▼自由民主党の総裁選挙は、党員による投票が9月19日まで、あと4日です。
 その翌日の20日の午後1時から、党本部の8階で、議員としてぼく自身も投票します。
 信念を持ち、しかし利害関係は持たず、安倍晋三候補に投票します。

▽「参議院議員会館の青山繁晴事務所を通じて自由民主党に入党しませんか、一緒に党の内部から時代を変えませんか」と、この地味ブログでもかつて呼びかけたとき、「安倍総理にとって最後となる今回の総裁選では投票できないのじゃないか」という問い合わせが相次ぎました。
 そのときぼくは、確かに現在の党則ではそうであっても、実は総裁選が本番になれば事態は変わるのではないかという趣旨を答えました。
 その通りになっています。
 いい加減な希望的観測を述べたのでは無かったですから。

▽今回の総裁選でも投票できる方々が、ぼくの事務所を通じて入党した方の全員ではないけれど、多数です。
 すなわち2017年12月末までに入党なさった方々であり、合計1139名に達しています。
 今このブログにも続々と、すでに投票なさった方から、それぞれ印象深い書き込みがあります。こころの底からうれしく思っています。
 まだ投票なさっていない方は、どうぞ、みずからの信念に従って投票なさってください。

▽不肖ぼくが安倍晋三候補の推薦人となっていることは、ご承知の方も多いと思います。
 9月10日月曜朝の虎ノ門ニュースで、その経緯と理由について、ありのままにお話をしました。
 そのまえの9月8日土曜に東京ビッグサイトで開いた第81回独立講演会では、みんなの眼を見つつ、完全オフレコで話す場として、より赤裸々に、深い部分まで踏み込んでお話ししました。 ( 第82回独立講演会は、今ちょうど募集中です。ここです。あるいは、このエントリーの最後を見てください )

▽だから、ここではもうお話しする必要がないと思いますが、簡潔に申せばー
(1) ぼくがいかなる派閥やグループにも属さず、政治献金を誰からも1円も受け取らず、どんな団体の支援も受けないのは、自分だけ政局から遠ざかって超然としているためではなく、逆に、国会議員になった以上は政局に積極関与し、そのとき既得権益や利害関係から自由でいるためであって、それは総裁選でも同じ。
(2) 今回の総裁選では安倍晋三総理の三選しかあり得ないことを、ごく初期からずっと明言してきた。
(3) 一方で、安倍候補の推薦人になるという話は全くなく、自分でも考えていなかったけれども、総裁選告示の直前に突然、安倍陣営の幹部から電話で要請された。
(4) 要請は意外だったが、迷わず、即答して受けた。
(5) 推薦人になるということは、その候補のすべてを容認することでは、おのずからない。時代の選択肢として、国益のためにもっともふさわしいと考えて推薦している。そのため安倍候補に対して、これからも是々非々で行くことに変わりは無い
 ーざっと、こういうことです。

▼9月30日投票の沖縄県知事選挙では、ぼくは佐喜真淳 ( さきま・あつし ) 候補を断固、支持しています。
 終盤戦になるかもしれませんが、現地沖縄に入って不肖ながら演説などを致したいと考えています。
 自由民主党の党費で行くのではなく、すべて自費で行くつもりです。
 沖縄の強力な同志である中山義隆・石垣市長、奥間亮・那覇市議と連携する予定です。

 中山さんは今年3月に激闘だった石垣市長選を勝ち抜いて3選され、この9月には石垣市議選でも市長派が勝ち、しかし勝ちに驕ることなく市民と充分に対話しながら陸上自衛隊の部隊を石垣に展開する努力をなさっています。
 石垣市の尖閣諸島を護るためにも、沖縄県民を護るためにも、どうしても必要なことです。
 奥間さんは、「ぼくらの祖国」や「危機にこそぼくらは甦る」 ( いずれも扶桑社新書 ) に登場する琉球大学生、あるいは警察官だった若者の現在の戦う姿です。まことにまことに期待できる若手政治家です。
 このふたりが佐喜真候補をどれほど信頼しているか。
 それだけでも佐喜真さんこそ沖縄の新しい知事にふさわしいことが分かります。

▼そして、あまりに直前のお知らせになってしまいましたが、あす9月17日月曜の午後2時半から4時半まで、兵庫県川西市の「アステ川西」に現れて、森本たけし・前川西市議 ( 自由民主党兵庫県連・青年部副部長 ) と一緒にお話しします。
 これは自由民主党の党本部と兵庫県連の要請に応えてのことです。
 川西では市長選が予定されていて、現在の大塩民生市長が実質的に後継として指名されているのが森本さんです。しかし告示されていませんから当然、市長選の応援ではなく、市長選が近づくなか市民にゆっくり余裕を持って考えていただくための材料を提供します。

 ぼくは自由民主党のいかなる都道府県連にも属しません。
 しかし兵庫県の神戸市で生まれ、その後、父がお兄さんたちの逝去によって繊維会社の神戸支店長から本社 ( 繊維の西脇産地として知られた兵庫県西脇市 ) の社長に就任したために両親とともに西脇近隣の兵庫県加西郡 ( 現・加西市 ) に移り、そこから自転車とバスで姫路市まで、世界遺産第一号の姫路城の隣にある淳心学院中高等学校に通いました。
 つまり大学受験で東京で向かうまで18年間、生きたのが兵庫県です。
 東京都民である方がもう、遙かに長いのですが、このちいさき魂の半分は今も兵庫県民です。
 だから川西の現在と未来にも深い関心、願い、祈りがあります。
 そのために党本部と兵庫県連の要請をお受けしました。

 できれば明日の午後、「アステ川西」で直接、お目にかかりましょう。
 明日は、ネットテレビの「虎ノ門ニュース月曜版」の生放送にフルに参加してから、川西に向かいます。

▼直接、お目にかかると言えば、客員教授を務めている近畿大学で、2回目の特別講義を行います。
 これは近畿大学の学生諸君には、もう知らされています。
 一般の方々にも広く、開かれているのがこの特別講義の特徴です。同時に「あまり早くに一般にお知らせすると学生の座る席が無くなってしまう」という非公式の声も大学内から聞こえているので、具体的には今日はまだ、お知らせしません。
 近く、ポスターをこの地味ブログでそのまま紹介しますね。
( 国会から15分で行ける東京大学では、今もゼミの講義を続けています。しかし東大阪市の近畿大学に通うのはどうしても無理になり、今は年に数回の特別講義となっています )

▼国会は今、閉会中です。
 しかし、上記のような動きがある上に、たくさんの国民が災害続発に苦しんでいる現実がありますから、以前も記したように、ずっと国会に出ています。
 特に災害では、民間の専門家の端くれとして長期、活動してきましたから、民間との連携を重視して、できることをすべてやっています。
 当然、特段の体力が必要ですが、鍛える時間がありません。
 まともな食事と睡眠がままならないなかでは、鍛えあげて、その心身の体力で耐えるしかないのですが、この頃はその時間もなかなか簡単には取れません。
 一方で、国会に出ると、公設の秘書陣との連携のために議員会館の自室にきちんと行くようにもしています。
 自室は、参議院議員会館の最上階12階です。
 議員専用のエレベーターがあり、議員のみなさんは当たり前ながら、それを利用します。もちろん何の問題もありませぬ。
 ぼくも利用したい !
 正直、心身が疲れ切っていますから。
 それに、ぼくは気は強いけど意志は弱いので、ついつい楽なエレベーターに乗りたくなります。
 しかし議員会館の玄関を入った瞬間にこころを切り替えて、エレベーターとはちょうど逆方向の階段に向かいます。
 最初は、議員会館の受付の人たちがちょっとビックリなさったりしていましたが、この頃では慣れっこという感じです。
 なぜ切り替えられるのかな。
 ふと考えてみました。
 おそらく、それが自分のためではなく、公のためだからだろうと思います。
 かっこいいことを言おうとしているのでは、ゆめ、ありませぬ。
 ぼくは社交辞令を言わない代わりに、謙遜もしません。ほんとに意志は弱い。自分のためだったら、とてもエレベーターに乗りたい気持ちを我慢できない。

 先日、この地味ブログに、その階段を駆け上がる記録を更新し続けていることを記しました。しつこいですが意志の弱いぼくが、やる気、モチベーションを保つために、手にしたスマホのストップウォッチで記録を計っています。
 階段上りを始めた去年の秋頃は、3分台半ばで登っても、もうへとへとでしたが、先日はさらに記録を更新して2分35秒78でした。
 12階はかなり遠いです。議員会館は中二階もありますから、実質はもう少し遠いです。それを全段、一段か二段飛ばして駆け上がらないと、2分台には決してなりません。
 そして階段を登り切ると即、重い仕事が待っています。
 会館の自室のドアを開けると左手が面会室ですが、そこに官僚らが強力な布陣で待っていることも多いのです。激しい呼吸を見せないように、いったん議員室に入り、美しく鎮座されている神棚に祈りを捧げるとなぜかそこで、すぐに呼吸は鎮まります。
 そして直ちに面会室に入って、優秀な官僚たちとキビシイ議論を始めたり、秘書陣と協議したりします。

 深夜に自宅に帰ると、会員制レポート「東京コンフィデンシャル・レポート(TCR)」の執筆や、次の本の原稿が大量に待っています。
 ここでも心身の体力は、絶対不可欠です。
 ホッとしているだけでは、どんなTCRも、本も書けませぬ。
 そのために自宅の玄関にどかんとダンベルを置いて、現在は13キロのダンベルで両手カール ( 反動を使わずに両腕を巻き上げ、ゆっくりじっくり降ろすこと ) をやり、そのまま腕を真っ直ぐに伸ばして上げて、スクワットをやります。
 これをやらないと自宅には入れないので、意志弱きぼくでも何とか続きます。それに所要時間はとても短くて済みます。
 しかし、これだけでは有酸素運動がゼロです。
 有酸素運動が無いと、スタミナがつくれないので、365日の昼夜分かたない活動を乗り切ることはとてもできませぬ。
 これを支えているのが、今や、議員会館での階段駆け上がりです。前述の去年秋に比べると、ずいぶんと心身が逞しくなったと実感できます。
 登りが2分半ば、降りも2分半ば、併せてたった5分強の有酸素運動ですから、まったく運動量としては足りません。
 それなのに、まさしく継続は力なり。何か月も倦まず弛 ( たゆ ) まず続けていると、今まさしく効果が出てきました。
 それにね、実はエレベーターを使うより登りも降りも早いのです。エレベーターは超党派で全議員が利用しますから、停止階も多く、案外に時間がかかりますから。
 
 このぼくの日常を、前述のエントリーに記したところ、例によってただおひとりですが、「国民が災害に苦しんでいるのに記録更新などと呑気なことを書きやがって」という趣旨で罵倒する書き込みがありました。 ( 言葉の通りではありません。あくまで趣旨と印象です )
 エントリーには、災害対応についても、さらりとではありますが書いています。連携相手の民間の側から、詳しい内容を公表しないよう要請されています。
 善意に受け止めて、この人は、これも例によって中身をあまり読んでおられないのでしょうか。
 それとも楽なエレベーターに乗り、時間が無いことを理由に体を鍛えることはせず、体が楽な範囲内で公務もやれと仰るのでしょうか。
 ネット上の誤解は、その人ご自身の考え方、生き方、あるいは場合によっては欲望、願望が顕れることが多いのではないかと考えています。
 ぼく自身への自戒も含めて、なるべく客観的に、ネットであろうがどこであろうが、ものごとを見たいですね。

▼さてさて、こうした日々のすべてを、完全オフレコという条件下だからこそ、もっとも赤裸々にお話しできるのは、独立講演会だけです。
 そして、どんな発信機会よりも圧倒的に時間が長くて4時間半に及びますから、みんなの眼を見ながら質問にもどんどん答えていくことができます。
 完全オフレコだから何でも赤裸々に話せるのは、文字ベースの精緻な情報、あとに永遠に残っていく情報の提供としては「東京コンフィデンシャル・レポート(TCR)」だけです。ご関心の方は、よろしければ、ここへどうぞ。
 そしてみんな、みなさんと直にお会いしつつ、完全オフレコのあからさまな話を口頭ですべてできるのは、もう一度言います、独立講演会だけです。
 総裁選の応援も、沖縄県知事選の応援も、川西市民との対話も、近畿大学での特別講義も、すべてオンレコ、表で言える範囲内のギリギリを模索してお話しします。
 しかし東京コンフィデンシャル・レポート(TCR)と独立講演会のふたつだけは、違います。
 現在の独立講演会の募集も、いつも通りあっという間に終わってしまいます。今度の金曜日の正午で、もう締め切りです。
 独立講演会は月に一回、行っていますが、毎回、そのときにしか言えない話があります。
 たった今の真実をお知りになりたい方は、よろしければ、主宰者の独立総合研究所の許可を得て下掲している募集要項のうち青い「申込フォーム」ボタンを押してください。このブログからダイレクトに申し込めます。
 そこに質問も自由に書いていただけます。
 質問は非常に数多いですから、事務局がスペースを限定していますが、大丈夫、すべての質問をぼく自身が熟読して、書き切れなかったであろうお気持ちや事情も拝察しています。
 そして、すべての質問を頭に充分に入れてから、独立講演会に臨んでいます。
 待ってるよ、みんな。
 会おうぜ!

第82回 独立講演会@神戸 (2018年 10月14日 : お申込み受付中!9月21日(金)正午まで)

この度の台風21号および北海道地震により被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

【講演日】
2018年10月14日(日)
 
【講演時間】
受付:13時00分~14時00分
開演:14時30分~19時00分 予定
 
【講演内容】
新生へと続く階段の一段一段を共に踏みしめつつ、一緒に考えよう その7
 
【会場】
神戸芸術センター 芸術劇場(指定席)
神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸市営地下鉄・JR山陽新幹線『新神戸駅』より徒歩5分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2018年9月7日(金)正午~ 2018年9月21日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
             
 
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつの名義でお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
 
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、9月21日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2018年10月1日(月)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールをプリントアウトしてご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員カードをご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯のメールへ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※当選権利・参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

総裁選挙後の心配・・・【安野 一】
2018-09-18 21:38:57
総裁選挙のはがきに「安倍晋三」と書きました。
ただ、討論会など観ていますと、やはり心配なことがあります。

(1)九条改正で、安倍さんは未だに「自衛隊の明記」に拘って
 おられますが、本末転倒ではないですか?やはり、現実論として
 青山案「本九条は自衛権の発動は妨げない」のみの文言を三項
 として追加。(その後、軍法・軍法会議の設置すること)
 「自衛権」を論議せずして国防を語るべからず。(国際法)

(2)消費税率を10%に上げる発言をされていますが、ダメです。
 特に今年6月から「北大阪地震」「大雨による水害」「台風の
 連続上陸による被害」「北海道地震」これだけでも相当の被害
 総額になります。・・・兆円になるかも~
 これで、税率を上げたら、とんでもないことになりませんか?
 もう、凍結しかありませんよね。

(3)ベストミックスとしての日本海側メタンプルームの実用化開始!
 やっぱり、これしかないですよね。新規産業を勃興して、これを
 起爆剤とする方法は有効だと思います。

(4)安倍総理は、お人柄の良さ、外交手腕、素晴らしいと思うのですが、
 お人の良さが裏目に出ないことを祈るばかりです。

恐らく、安倍総理として、新しい出発となると思いますが、
安倍総理のお考えと、それとオールドメディアからの総攻撃
(既に始まっていますが・・・)による不信の増長、分断、
破壊を仕掛けてくると思います。どちらにしても茨の道です。
ここは、日本にとって、本当の日本を取り戻すチャンスだと
思います。でも、厳しい!!!  青山さ~ん・・・
自民党総裁選に寄せて【花水木】
2018-09-18 02:08:22
青山先生!
明快なメッセージをありがとうございます。
もちろん、こちらのブログが更新される前に家族共々、安倍晋三先生のお名前で投票済み。優しい社会、強い国へ、確かなリーダーシップを発揮していただくことを願って投函いたしました。

でも残念なことは、ほかに手を挙げた方が石破先生しかいらっしゃらなかったこと。
実は「条件なしで平和条約」に驚いて、首相スピーチ拝読に外務省HPへ急行。
通訳を介してどのように伝わったのかわかりません。でもそこには、未来に向けた美しい希望の修辞が連なっていました。特に終盤の慟哭がなかったような理想郷になんとなくファウスト博士の夢が浮かび、次に登場する『彼』を考えると、今回の発言が腑に落ちるのでした。

御代がわりの来年は、参院選と統一地方選に改憲の国民投票を見据えた選挙年。
翼賛政治と言われるかどうかは、先生方のご活躍次第かもしれませんね。
思いっきり自由に ますますのご活躍をお祈りしております
来沖期待しております‼️【しおきち】
2018-09-17 22:55:03
佐喜眞さんの応援に来沖していただけるとの事、心強いです。またありがとうございます。共産党、そしてチャイナの息がかかった安全保障がすっぽ抜けのお花畑玉城沖縄デニーランドを阻止しないと沖縄はそして日本は危ないです‼️
よろしくお願いします‼️ 沖縄南城市在住しおきち
沖縄知事選、議員を政治家と呼んでいいの?【焼肉マン】
2018-09-17 11:51:57
本日の虎ノ門を聞くまで佐喜真さんがそれほど劣勢だとは知らず、やおら沖縄知事選の行方が気がかりになってきました。

玉城陣営が告示前からポスター貼って公然と選挙法違反をしたりしているようですが、そのなりふり構わぬ手口を指摘する声が無いことに危惧を感じます。住民票を移して自称1m2のマンションに住むニワカユウケンシャの異常発生はギリ合法としても、選挙管理が候補者の違法行為を指摘しないとはどういう事でしょうか?国政選挙でも期日前投票の本人確認を行わないのでなりすまし投票が発生し、又いつぞやは田母神さんの得票を対立候補側にカウンティングしていた疑惑が有耶無耶になったりと、選挙管理自体の不正不備運営が疑われては民主主義の根幹が揺らぐ重大事です。保守であれリベラレルであれ選挙制度自体を破壊する人は選挙に出る資格ないはずですが、職業議員は政治家としての意識低く応援者と利権で癒着して厚顔無恥なので選挙に強かったりして非常に厄介です。保守が劣勢だからという訳でなく、見過ごされた違法行為により選ばれた知事がどのような災禍を招きうるものか良識あるおばあ達が孫のためによくよく思慮のある選択されんことを願っています。

それにしても議員や知事を政治家と呼ぶのはやめた方が良くないですかね。選挙に当選した職業的議員は応援という投資をしてくれた投資家に利益還元しているだけで、その行為は政治とは違うと思います。青山さんやさまざまな憂国の志士の呼びかけに応答して日本のことを考え始めた市井の人々こそ政治家と呼ぶに相応わしい資質を有しているのではないでしょうか。AIが普及してベーシックインカムにでもなれば、近所の田中さんに国会で働いて貰いたければ任意に投票用紙に書いて良い、究極的にはそんな選挙制度になるかもしれませんが、反日売国の職業議員がカシカシと政治という利権を味わうの何もできずに辛抱しないといけない今の選挙制度は何かがおかしい気がします。
共同通信のアンケート【遠坂憲之】
2018-09-17 11:33:04
今朝の虎の門ニュースで話題になった電話アンケート、14日の金曜日に受けました。
通常なら固定電話には出ませんし、20時頃の電話だったので、帰宅している事もありませんが、たまたま出ました。
電話の向こうの方の言い方が、「お母さまが、自民党党友の方がいらっしゃると、言ってましたが・・・」というものでしたので、知らないで電話しているのか?名簿を持っているのか?と疑問に思いました。
後で母に聞いたら、そんな事は言ってない。と、言っていましたので。
今朝の青山さんのお話しで、当たりを付けての電話だったのか!と、納得しました。
しかし、アンケート結果は、青山さんのおっしゃる通り、残念でした。
青山さんを通して自民党員になったおかげで、初めて、共同通信社のアンケートを受ける事が出来て、面白い経験には、なりましたけど。
それと石破さんからのメッセージが固定電話の留守電に、入ってました。暗い声で。
もちろん安倍さんに投票しましたよ。
虎ノ門いつも見てます【松本 尚徳】
2018-09-17 08:43:12
いろいろストレス溜まる事がありますが、
日々流れていくつまらない連中やつまらない事象やニュースに
青山繁晴さんの細胞がダメージを受けないようにして下さい。

ご自愛下さいとは言いません、応援してます。
総裁選に関連して【きやっち。kiyatchi_tk】
2018-09-17 06:06:13
青山さん、おはようございます。

さきほど安倍総理と石破議員宛に各種フォームを通じて私が送ったメールを下掲致します。


ご多忙中のところ誠に失礼致します。

私は、自由民主党・大阪府参議院比例区第15支部一般党員の木谷と申します。

党員番号

このたびは、総裁選につきまして意見を申し述べたくメール致しました。

このメールの送信時点においては、まだどちらの候補に対しても投票しておりません。

締め切り直前まで悩みつつ、党本部においての直接投票も検討しております。

早速ですが、総理におかれては何故「革命」というお言葉を折に触れ用いられるのでしょうか?

総理を始め、現在NHKで放送中の大河ドラマ等においても「革命」という言葉があたかも良い事であるかのように用いられているのではないか?という事に対し私は、強い違和感を覚えると同時に、懸念を感じます。

あくまでも私個人としては、「革命」という文言を安易に用いるべきではないと考えます。

何故なら、我が国の歴史上「革命」が起きたという史実は、存在しないと考えているからです。

例えば、幕末の大政奉還は、数百年に及び武士が持ち続けてきた既得権を、武士自らの意思によって朝廷に返上した事を意味しております。

同様に、その後の王政復古の大号令(※王政とは西洋においての国王を中心とした政治体制の事であり、そのような西洋の制度に天皇陛下を当てはめた表現だと思われますが、)も、読んで字の如く天皇陛下のご存在を改めて国の中心に据え直すという意味合いがあると考えます。

それらを経て、明治維新が成ったのではないでしょうか?

したがって我が国の歴史は、西洋や中国等で度々起きた革命の歴史とは似ても似つかないまさに真逆の歴史です。

いわゆる革命の本来の意味合いは、圧政を敷く国王を市民が打倒し自由を勝ち取るという事であった筈です。

同時にそれが西洋においての民主主義の源流にもなりました。

ところが、現在の中国や北朝鮮等を見れば革命がもたらした負の側面が如実に現れている事は明らかです。

負の側面とは、抑圧された民を救うべく革命を起こした筈の人々が独裁者となり、自らの国の民を弾圧しているというまさしく真逆の状況の事です。

それを知りつつ、現在それから将来の我が国において、人々はこのような革命を望むのでしょうか?

そもそも前に述べたように「大政奉還」や、王政復古の大号令並びに「明治維新」それから、「民のかまど」(※ご飯を食べる事が出来ない民の事を心配した天皇陛下が、自らのお住まいの修繕や、増税を一時的に取り止めにしたというお話し)や、京都に現存している「深いお堀」も「高い塀」もない天皇陛下のお住まいである「御所」が存在する我が国において革命なる発想が必要なのでしょうか?

私は、必要ないと思いますし、そのような事は、絶対に起きてほしくないとそう考えます。

合わせて、北方領土に関して「元島民の方々」という表現を用いるべきではないのではないか?と考えます。

何故なら、ソ連軍による不当な侵攻と占領に端を発し、長い間(※場合によっては、世代を越えて)別の土地で生活する事を余儀なくされていらっしゃるのであって、決して自らの意思によって島民である事を辞めたわけではないからです。

これらの事情は、災害等によって長期間に及ぶ避難生活を余儀なくされ、本来の居住地へ帰る事が困難な状況に置かれていらっしゃる方々と共通するものではないでしょうか?

最後に、憲法第九条の改正と消費税について私見を述べて締め括りと致します。

まず、憲法第九条の改正(※案)について一項と二項を残した上での「自衛隊の明記」ではなく、一項と二項を残さざるを得ないからこそ「本九条は、自衛権の発動を妨げない。」或いは、「自衛の措置を取ることを妨げない。」という文言を用いて自衛権を明記するべきであり、なおかつ自由民主党の正式な案としても改めて打ち出すべきではないか?と考えます。

これらの試みが拉致被害者の方々の救出へ繋がると信じます。

事件から約半世紀が経ち、来年の春には平成が終わります。

ご家族と被害者の方々のご年齢を考えると、もう時間がありません。

今年こそ絶対に全員無事救出するべきです。

最後に、消費税10%への増税は反対です。

以上


お忙しいところ誠に失礼致します。

私は、自由民主党・大阪府参議院比例区第15支部一般党員の木谷と申します。

党員番号

このたびは、総裁選につきまして意見を申し述べたくメール致しました。

このメールの送信時点において私は、まだどちらの候補に対しても投票しておりません。

締め切りの直前まで悩みつつ、党本部において直接投票する事も検討しております。

早速ですが、先日私のスマホに石破候補に対する投票を呼びかける趣旨の電話による録音メッセージと、メールが現時点までに計3件届きました。

党員名簿を正当に使用した上での事であろうかと存じますが、率直に申し上げて石破さんの真意が伝わりきらない上に、誤解されかねないのではないか?という懸念を勝手ながら感じています。

正直残念な気持ちです。

合わせまして、北朝鮮工作員による拉致事件への石破さんのスタンスに関して、素朴な疑問があります。

第1に、何故ブルーリボンバッジを着用されないのでしょうか?

第2に、連絡事務所を設けるとの事ですが、現在北朝鮮との第一義的な窓口は外務省であり、それだけだと不十分なところを場合によっては、警察庁や防衛省が前面に出る事によって窓口となるという発想ではダメなのでしょうか?

過去に北朝鮮政府側が拉致被害者の方々が死亡しているという証拠として、我が国に提出したご遺骨等は、全てご本人のものではなく別人のものでした。

北朝鮮政府側の言い分を鵜呑みにせず、騙されないために、きちんと検証すべきであるという事は申すまでもありません。

その上で誠に恐ろしい事ではありますが、今後北朝鮮政府側が、ご存命である被害者の方々を殺害した上で、すでに死亡していた事にするという事も十分にあり得るのではないでしょうか?

事件発生から約半世紀が経ち、来年春には平成が終わります。

被害者の方々とご家族双方のご年齢を考えると、今年こそ全員無事に救出するべきです。

そうでなければもう次はありません。

僭越ながら私は、そのように考えます。

以上
沖縄県知事選挙に関連して【ゆたんぽ】
2018-09-17 02:59:07
以下は石垣市の中山市長宛のツィートに書き込んだ提案に更に書き加えたものです。 もしかすると、 さきま淳 氏の応援になるかもしれないので、僭越ながらこちらにも書かせて頂きます。元々アイデアは千個出して一個マトモなものが出ると考える主義なので、採用は無くて当たり前と思ってますが、もし万が一、何か使えそうなものがあれば遠慮なく使ってください。

・・・*・・・

9/16に小泉進次郎氏のさきま淳氏の応援演説のライブ配信を見ました。政治家としての小泉氏は好きでは無いのですが演説はやはり上手でした。特に全国平均と沖縄平均の年収の差が107万円あるという着眼点は面白いと思います。ただしその差を縮めるのはもちろん大変困難ですが。でも本気で断行する価値はあると思います。それについての思い付きを記します。まだ思い付きなのであくまでたたき台と思ってください。

それを実行する場合、やはり鍵は教育だと思います。

まず経験上思い付くのは、左に傾いた教師が多い地域は学力が低いという事です。そもそも教条的な思考の為、教師としての力量を上げる研鑽を疎かにする為に、教育力や教師自身な学力が非常に低いのです。ただしこれを大阪府の様に強圧的に変えようとしても失敗します。

懲罰ではなく、まずはエリート校を作り上手くやれた教師を評価し集めて行く方が全体も刺激を受けてアップします。更にもう一つ、最底辺校にも良い教師を集めて集中的に改善して行きます。この最上位と最下位をまず動かす事に成功すれば後は刺激を受けて他の学校も変わっていきます。

また、沖縄県や石垣市で優秀でかつ、貧困な学生の大学進学を支える奨学金の充実も大事なことかと。大学もしくは大学院卒業後に地元に戻って来たら奨学金の返済義務は無いなどのインセンティブを付けると更に良いかもしれません。

後、最近では遊びを通し、プログラミング能力を育成する塾も大都市では生まれつつあります。これを市や県が主催してみるのも面白いかもしれません。特に公立学校の授業時間を整理し、こうした塾に参加する機会を作ってやることも大事です。

同時に本土とのネット回線を充実させる事で将来、沖縄にIT企業を誘致、もしくは育てるというのも可能かと思います。IT技術的の中でもセキュリティ関連は日本が一番遅れてる分野だと思います。ただしセキュリティ関連の会社は反日系が非常に多いので誘致する場合は要注意です。その意味で、石垣市などにやってくる自衛隊を通し、セキュリティ関連で指導を仰ぐ連のはいい手かもしれません。

中でも子供達にやらせてみたいのはハッキングとその防御の技術育成です。

一種のネット上の喧嘩ですが、公の場でやれば立派な犯罪なので、閉鎖的なネットの空間を作り、そこでゲーム感覚で子供達の能力を育てると、あっという間に大人を凌ぐと思います。時々自衛隊の本職が参加するのも一手かもしれません。
経済成長のキップの行方、沖縄県知事選挙【よす】
2018-09-17 02:28:01
いつも貴重な情報ありがとうございます。

故前沖縄県知事の県政の話で印象に残るのは
辺野古反対以外の県政が停滞している
と言った話と、
県知事失格な長を許す変な沖縄
です。

沖縄の一等地の普天間を取り戻す手段
が有るのに代替案も無く反対。

県のお金で無駄に米国出張して反対。

お陰でチャイナとの直行便は出来たけども
売国行為の見返りの印象は否めず
突然停止(廃止)があっても不思議
とは思いません。

最近の沖縄の観光客はハワイと比べるほどに
増加したニュースを目にしました。

日常の食の味や、治安の水準の高さが
海外に徐々に認知されたからと推察します。
そうだとすると、客層は更に広がります。

そんな最中まだ普天間を観光資源にしない。
しないどころか移設先の許可取り消して
故人の意思だったとして
観光資源化を出来なくしようとしている。

どれだけ地域発展の弊害を作ろうとするか、
呆れるばかりです。

天災(人災)続きの年になった今年、
その傷跡を仕事の量や生活へのしわ寄せ
として感じる日々が続いていますが、
沖縄には他力ではなく、自力の観光力強化を
選択して欲しいです。
総裁選【池田愛】
2018-09-17 02:18:04
青山さん

ぼくらの国会in東京に参加して、自民党に対しては他の野党よりマシくらいの興味しかなかったのですが、「自由民主党を内側から変えていくこと」に少しでも関われたらという思いから自民党員になりました。

その時は今回の総裁選の投票に参加できるとは思っておらず、安倍総理の次の方を選ぶことも重要なのでその時に投票できたらいいと思っておりました。

しかし、意外にも今回の総裁選に投票権が与えられたことで、失礼ながら石破さんの醜態とも言える選挙活動ぶりも目の当たりにすることができ、国政に関わることの興味深さと意義を感じております。
改めて自民党員になってよかったです。
沖縄県知事選【しまじろうの父】
2018-09-17 01:51:51
 青山先生、こんばんは。先生というと嫌がられそうですが、自分の心のままにお呼びすると、そうなります。
 いつも重責のお務めご苦労様です。今や世界は大激動の時代に入ってしまい、昭和後半のあの平和な時代がウソのようです。また自分の人生がこんなになってしまうとは、想像もつきませんでした。青山先生も時々、人生が壊れてしまったとお嘆きになることがあるようですが、ある意味共感いたします。
 といっても私の場合は人生に対する無計画さが祟ってしまったので、立派な青山先生の人生とは比較できませんが、現在人生の立て直しに努めております。激流の川下りをしているようなもので、面白さと生きてる充実感が一方であるのも確かです。地位や財産にあまり興味がなかったので別に絶望しているわけではありませんが、あまりに無頓着だったので、家族など周囲の関係者に迷惑をかけており、やや反省しております。
 しかし激動の時代ゆえ、これからもまだエキサイティングな再チャレンジをもくろんでおります。でも今まで精一杯生きてきたので夕べに死するとも可なり、の心境でもあります。
 前置きが長くなってしまいました。沖縄県知事選が近づいていますが、自民候補者に良からぬうわさを耳にしました。そのうわさは沖縄県で最近有名になったある農家の方によるものです。その自民候補者の主張する政策や考え方が、亡くなったばかりの前県知事と似通ってるというのです。その農家の方を信用しているものですから頭に血がのぼって候補者を調整した自民党に腹を立てていたのですが、青山先生によるとその候補者は信頼できる人物だとおっしゃる。私なりに少しネットで調べてみましたが、どうもよくわかりません。
 保守を語るサヨク運動家もいるし、一般国民を装った工作員もいる。表面的な情報ではその人物の真の姿はわかりにくい。
 まあ、素人の私がジタバタしても仕方ないので、青山先生のおっしゃることを信じて静観しているつもりです。
 今後ともお身体の調子にはくれぐれも気を付けて我が国の政治をよろしくお願いいたします。それでは、失礼いたします。
 
地方創生より地方再興の方がいいのでは?【山本 緑】
2018-09-17 01:42:22
いつも貴重な発信を有難うございます。
総裁選のテーマの一つとして、「地方創生」もよく耳にします。
デフレ脱却のためには地方を元気に、というのはそのとおりだと思いますが、商業施設などを無理して作って失敗したり、地元店で使えるプレミアム商品券などというのも一時的な効果しかなかったのでは? 
又、不謹慎ながらこの言葉、「痴呆早逝」とも同音異義語になってしまいます。
かつてのふるさと創生から名付けたのでしょうか?

そこで今後もこの政策を続けるのであれば、「地方再興」に変える、というのはいかがでしょうか? 地方に元々あるが、すたれかけている物事を再発見、再認識して成功、という話も聞きますし。「地方最高」とも聞こえますし。
すでに担当部署、大臣もいるので無理かもしれませんが、例えば次の選挙の際などに使ってみて反応を見てみるとか…?。
言葉選びの感性の鋭い青山さんのご意見・ご感想など虎の門ニュースなどでお聞かせいただければ幸いです。
色々な思いを乗せて投函しました。【海の彼方】
2018-09-16 23:03:03
第一回ぼっこくの退場時に青山さんの目を見て、手を握り、手ずから渡された入党届。
それから2年の歳月の中で、この日本はその時より果たしてよくなったのか。
子々孫々に手渡せる国として少しでも前に進んでいるのか。
災害が多発するこの日本という国に今必要とされることが、本当に今回の総裁選で
前に進めることができるのか。

通常の選挙とは違う、政治への新しい関わり方を示していただき、
自分の頭で十分に考え、自分の全くの自由な意思で「安倍晋三」としっかりと大書し
投函しました。

ただ、投函する際誰を書いたかがわかる状態というのは問題があります。
悪意のある第三者が郵便局員の中に紛れていれば、容易に不正を働く可能性が
あります。次回以降は保護シールなどを活用してもらいたいですね。


三選が確定後、慢心することなく国益に資する政治を行ってもらうことを
深く願います。



拉致被害者奪還! 国民を守るための憲法改正! 実現してゆきましょう。
沖縄と日本を取り戻したい【日本を愛する母さん】
2018-09-16 22:44:22
青山さん、いつも日本国民と国益のために奔走いただき、ありがとうございます。

アンカーで拝見していてから、参議院議員ご当選、、、その頃、自宅のネット環境も整い、動画で国会審議の状況をみると、特定野党の想像を絶する質疑。虎ノ門ニュースとチャンネル桜も拝見するようになり、最近やっと戦後、学校で勉強してきた歴史は、GHQの占領政策により都合良く曲げられたものであり、報道も検閲があり、何もかも曲げられた国家観を持っていたんだと分かりました。図書館に行けば、GHQの占領政策についての本も沢山あり、自分の世界がひっくり返るような衝撃をうけています。

でも違和感はずっと持っていました。空襲と原爆、シベリア抑留、日本人も戦争犯罪といえる悲惨な目にあってきたのに、教科書では、そういう意味の説明がない、敗戦国だからかなと、おかしいなと。慰安婦問題にしても、本当に20万人もの女性を戦地に連れていけるのか?色々なことが、青山さんのご著書を読み、ネット検索して情報をとるようになり、やっと見えてくるようになりました。

沖縄に友人がいまして、沖縄を被害者のままにして、日本から分断する試みを何としても阻止したくて、青山さんのご著書を送り、メールして、沖縄の前向きな未来を考えてみようと連絡をしています。

報道については、受け狙いの、差しさわりのない取材に殺到する現状に嫌気をおぼえてます。例えば高校野球では史上初の春夏2連覇を成し遂げた大阪桐蔭を採り上げる報道が極端に少なかったように思います。

北海道の地震ではブラックアウトがあり、停電により命の危険があった人がおられたと思います。火力発電に頼る日本は、原油の9割を中東からの輸入に依存している、その海上ルートは南シナ海、東シナ海。海上ルートの安全は日本にとって死活的な重要性があり、米、仏、英の「航行の自由」作戦は日本の国益のためと考えましたが、報道がなく、国民が海上ルートの確保の重要性を意識できてないように思います。それは沖縄につながりますが、そういう意味での沖縄の重要性をとらえた報道もないように思います。
お待ちしております!【吉田幸代】
2018-09-16 21:03:36
青山さん、こんばんは。
7月に14年住んだ香港から帰国し、川西市に住んでいます。
今回、川西市長選挙に立候補を表明された森本前川西市議の後援会フォーラムに
青山さんが来られると知り、とても楽しみにしておりました。
(先週、チラシが家のポストに入っていました!)
10数年離れていたので、まだまだ把握しきれていないことが多いのですが、
住民の高齢化や市民病院の公設民営化など不安な点が数々あります。
森本前市議についてネットで調べてみましたが、実際にご本人にお話を聞いて
考えようと思っています。

我が地元に青山さんが来られるのを、そして一緒に考える機会をいただけることに
感謝しております!
(昨年、篠山での谷公一さんの個人演説会に一緒に行った母は腰を骨折したため
今回は一緒に行けずとても残念です)
お待ちしております!
ありがとうございます【すず】
2018-09-16 15:59:23
青山ぎーん

お疲れさまです。
久しぶりのブログを大切に、かみしめて読みました。分かりやすく繰り返してお話しくださりありがとうございます。ご活躍を心の拠り所にしてこれからも見守っていきますのでどうぞよろしくお願い致します。何よりもお体ご自愛下さい。かけがえのない命や想いが連綿と引き継がれていきますよう応援しております。
日露会談【高島秀和】
2018-09-16 15:28:07
 青山議員、今回の日露会談は、プーチン大統領の国内支持率の影響もあると思います。
(ロシアの年金問題で、どうにも解決策が無い様子ですね)

 総裁選にて、憲法改正で9条だけが話題になっていますがもちろん9条改正は優先度はありますが、自民党憲法改正推進本部では、4項目ですよね。あえて9条はまだするべきでないはおかしいです。自民党として4項目を憲法審査会に提示するものですよね。
経済スパイ防止法と不正競走防止法【パジャッソ】
2018-09-16 13:52:46
青山さんに質問です。トラハチかなにかでアメリカの経済スパイ防止法と日本の不正競争防止法の違いについて分かり易く解説して欲しいです。

今年5月末に改正されましたが、どこもニュースとして取り上げ、掘り下げ解説を聞いた記憶がありません
個人的にはメチャクチャ重要なことじゃないのかと思ったのですが…

新日鉄-ポスコの事件は最期までが衝撃でした。
技術流出自体はニュースになりましたが、これも深くは報じられてなかった気がします。
新日鉄に入り込んだポスコ産業スパイがポスコを裏切り、中国に技術を売り発覚、韓国当局が追い詰めた結果により、棚ぼたで新日鉄側が最終的に勝訴という運びになったと記憶してます。
改正は日本司法当局として無力過ぎたこの事件がきっかけですよね?

青山さんは国家秘密に係るスパイやテロ防止については以前よりよく解説されてましたが、産業スパイについても詳しく解説して欲しいです。
アメリカでは産業スパイ防止に昔から注力し、数年に及ぶ囮捜査までしてると聞いたことはあります。
日米の違い、実際はどうなんでしょうか?
投票と選挙活動【藤原】
2018-09-16 13:13:32
青山さん

いつも我々国民の為に、汗を流して頂きありがとうございます。
私も青山さんの呼びかけに応じ入党し、今回初めて総裁選挙に投票致しました。
もちろん安倍さんに(消費税増税路線と外国人労働者規制の緩和問題は反対ですが)。

今回驚いたのは、私の様な末端まで、両陣営から携帯にアプローチがあったことです。双方が必死になる事で、党全体に様々な議論・反応が生まれ、結果として活性化するものだと思います。また、その必死さを自分の仕事(営業)にも見習わなくてはならないと、自省しました。
安倍さんの圧勝⇒外国・国内での交渉力UPを祈っております。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ