On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-10-03 21:21:10
Comments (5)

もう始まっています。

▼みんなの眼を見て直 ( じか ) に対話し、かつオフ・ザ・レコードで裏の真実へ踏み込んで話し、そして質問にどんどんその場で答えていく、この唯一の機会が独立講演会です。
 第83回独立講演会@東京は、11月11日の日曜に、砂防会館別館シェーンバッハサボウで開かれます。
 募集は本日10月3日の正午から開始されています。
 募集期間はいつも、あっという間に終わってしまいます。これは主宰者の独立総合研究所 ( 独研 ) の事務局がとても少ない人数でやっているからで、今のところは避けがたいことです。
 参加してみようかなと思われる方は、申し訳ないですが、早めにご検討ください。

▼砂防会館は初めて利用する会場です。
 かつて烈しい政争の現場となったところですね。
 ぼくが政治記者のときにはすでに古戦場となっていましたが、ぼくも興味が湧きます。
 嬉しいことに1200名が入るので、みなさんの当選の確率が高くなります。

▼もうひとつ、お知らせしたいことがあるのです。
 要望のたいへん多い福岡での独立講演会を、開くことが決まりました。
 12月24日の祝日の開催です。
 11月に募集を開始します。
 会場は、4月に開催したときより約300名も多くなるので、これも当選の確率が上がります。

▼まずは、よろしければ東京にお出でください。
 主宰者の独研の許可を得て、募集要項を下掲します。そのなかの青い「申込フォーム」ボタンを押してください。直接、申し込めます。
 そこに質問も書き込むことができます。どんな分野の質問も大歓迎です。

第83回 独立講演会@東京 (2018年 11月11日 : お申込みの受付を開始致しました)

【講演日】

2018年11月11日(日)
 
【講演時間】
受付:13時00分~14時00分
開演:14時30分~19時00分 予定
 
【講演内容】
新生へと続く階段の一段一段を共に踏みしめつつ、一緒に考えよう その8
 
【会場】
砂防会館別館シェーンバッハ・サボウ 1階大会議室利根 (自由席)
東京都千代田区平河町2-7-4
有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」4番出口より徒歩1分
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
【受講料】
一般 5,000円 / IDC(インディペンデント・クラブ)会員 4,000円(税込)
 
【申込期間】
2018年10月3日(水)正午~ 2018年10月19日(金)正午
※申込期間内のみ、お申込みを受付致します。
 
【申込方法】
「申込フォーム」ボタンをクリックし、リンク先のページよりお申込みください。
※「申込フォーム」へ入力される前に、必ずページ下の【禁止事項】までお読みください。
 
       
  
※入力いただいたメールアドレスに、申込確認メールを送信しますので迷惑メール等の受信拒否設定をしている方は、「dokken.co.jp」をドメイン指定受信に設定してください。
※おひとり様で複数のご応募は、すべて無効とさせていただきます。参加を希望される方おひとりずつの名義でお申込みください。
ご家族等で、メールアドレスが重複している場合も、受付けできません。別々のアドレスでお申込みください。
※申込完了後、入力いただいたメールアドレスに、申込受付の確認メールが届きますので、必ず確認してください。
メールが届かない場合は、正常に申込が完了していない可能性がございます。申込期間内にkouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
※全ての連絡は、メールにて行います。メールアドレスが間違っていると連絡が取れませんので、ご注意ください。
※独研ホームページからのお申込みに限り受付けます。
※FAX、メール、郵便、電話でのお申込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※ご不明な点については、お早めに講演会運営事務局kouen@dokken.co.jpに、メールでお問合せください。
 
 
【抽選結果通知】
当選・落選発表は、10月19日(金)申込締切り以降、お申込みの方全員にメールにてご連絡致します。
※会場の規模によって抽選になる場合がございます。
 
【入金方法】
当選された方に、メールでお知らせ致します弊社指定の銀行口座へ、受講料をお振込みください。
なお、振込手数料はご負担ください。
 
【振込期限】
2018年10月29日(月)15時まで
※期日厳守でお願い致します。
 
【受講票】
入金が確認できました当選者にのみ、開催日の1週間前を目安に、受講票を記載したメールをお送り致します。
講演当日は、受講票のメールを印刷してご持参ください。
またご本人を確認できる身分証明書をご持参ください。
IDC会員につきましては、IDC会員会員証をご持参ください。
※受講票をお忘れの場合、入場できませんので、ご注意ください。
※プリンターをお持ちでない方は、受講票のメールを携帯のメールへ転送し、受付で携帯の画面をご提示ください。
 
【禁止事項】
※当選権利・参加資格の譲渡
※講演の撮影・録音・録画
※講演中のパソコン・携帯電話・タブレット端末等通信機器の使用
※事前に申込みをされていない方の入場

 

【問い合わせ先】

独立講演会 運営事務局
※電話でのお問い合わせは対応しておりませんので、ご了承下さい。
※独立講演会については、弊社総務部では対応しておりません。
※独立講演会以外の講演については、こちらまで。

お問い合わせフォームはこちら
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

鶴首・・・だけでなく【森田 健】
2018-10-05 07:42:18
福岡での独立講演会、お待ちしております。
申込フォームに記入を始めてから、「あ、そうだった」と気づき質問を考え始めて、なかなか絞り込めず、時間に追われて空欄のままということが多かったのですが、今回は、それを考えながら申込受付開始を待ちます。
そして、再来週末は、その、質問空欄のまま申し込んでしまった神戸での独立講演会に馳せ参じます。よろしくお願いします。
連帯・連帯【一粒萬倍】
2018-10-04 08:25:34
青山さん

独立講演会…残念ながら中々参加機会が得られません。8月、10月とも地元の行事と重なり無念です。12月には福岡での開催との事、より多くの方々に生青山繁晴のパワーに触れ、考える機会が有る事を嬉しく思います。

青山さんの言葉より抜粋
【ひとを追及するよりも、自律しておのれを磨き、それぞれの独立をたがいに護り、それによってこそ連帯しませんか。
すると、みんなたった一度の人生が、きっと愉しい。 】
北朝鮮拉致救出特別法案を。【ごろ太郎】
2018-10-04 08:25:10
沖縄県選挙、そして自民党総裁選の論戦を見ていると、
肌感覚で「あぁ、憲法9条改正はまだ先なのかな」と感じました。
今やると公明党以前に、自民党内でも造反が出るように思います。

法律は憲法の下にぶら下がっているものだと認識しておりますが、
拉致事件を筆頭に尖閣諸島問題等々かつてのPKO法案のように、
苦肉の策として”超個別的に”特別法を成立させるのは難しいのでしょうか。
本意ではないですが、葉っぱ→枝→根っこという流れの方が国民に馴染むのかなぁ。。
沖縄って九州地方ですよね?【fuukou】
2018-10-03 23:12:41
青山さんも応援に行った沖縄知事選。
沖縄対国、何処よりも米軍基地を負担してる沖縄と押し付けてる国、弱者と悪者の安倍政権・・・
この対立の構図、独裁国家の思う壺での選挙戦では、甘利さんじゃないけど、半官びいきで今回の様な結果は避け難かった・・・
ある意味「沖縄の孤立」を解消するには、国が直接動くより、別の方策を探った方が、良いじゃないかと。
九州は福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎に沖縄の8県で九しゅ・・・
明治維新後の廃藩置県でゴタゴタがあって、四国が「二国」にもなったりしてたので・・・
確かに、沖縄返還までの歴史は特別な県の側面もありますが、九州の他県がもっと、同じ地域としてまとまり、連携、で囲い込む、いい意味で。
特別扱いされてるから、ちょっと距離を取ってる感じもあるんでしょうけど、そこをなんとか上手い事・・・
後、米軍基地を抱える自治体で連携、すると基地問題がさらに拗れるから国サイドとしては、避けたいでしょうけど、問題に向き合う事こそが善処!ですからね〜
とにかく、新知事は「ヤマトが勝手に決めるな〜」を常套句にするみたいですから、あの手口を封じる手立てを早急に講じないと・・・
シーレーンだけでなく、東南アジアとの連携も危ぶまれる事になります。
申し込みました!【灯影】
2018-10-03 21:55:52
砂防会館というと拉致被害者救出の国民大集会が開かれる所ですよね!行ったことあります。かなり横長で椅子が固定ではなくパイプ椅子を並べるタイプの会場だったと思います。駅が近くてすごく便利です。いろいろ聞きたいことが多すぎるので、早く青山さんに会いたいです。楽しみにしてます!

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ