On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-11-18 09:22:11
Comments (10)

★★★超・緊急

▼みなさん、きのうから新潟県の上越市で、青山千春博士(東京海洋大学准教授)と青山大樹・独立総合研究所社長がメタンハイドレートの燃焼実験をみなさんにお見せしているのですが、人が少ないそうです。
 国民、県民の関心が弱くなると、日本海の表層型メタンハイドレートの実用化はできません!
 貴重な日曜日ですが、どうぞ、お出かけくださいませんか?
 時間は、本日の10時、13時、15時です。

 どうぞ、下掲のチラシをご覧ください。

 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

J-CPAC【芭蕉 佳子】
2018-11-18 20:12:54
青山さん、こんばんは。

いつも私達の代表として粉骨砕身のお務めありがとうございます。

さて、昨日今日とJ-CPACを聴講して参りました。日米のみならずインド・韓国・チャイナを代表する保守論客が一堂に会し、その方々の生の声を聴くことができ大変有意義な二日間でした。

その中でも特に印象的だったのが青山さんの回です。

「日本人がここまでアメリカと対等の立ち位置で outspoken (歯に衣を着せずはっきり物を言う) なのは新鮮だし聴き応えがある」「この人の発言は事実に基づいて話している事が伝わるし、何より誠実だ」「いつも賛成ではなく、反対意見も率直に言える関係が本当の保守だ(安倍総理との関係の関して)」とはアメリカ人の亭主の感想です。終始青山さんの発言を楽しんでいました。青山さんの回の通訳者もよかったようです。

オンレコ・オフレコ・メディアがいるから、のおなじみのくだりで「なるほどこう言うと皆が聞き耳を立てて聴くから注目を集めるには良い方法だな」と言ったのはここでは余談です。笑

翻ってその他の日本人論客の口から頻繁に出たのが「アメリカに倣って」「アメリカに教えて頂きたい」「日本はどうするべきでしょうか」というようなアメリカが先生であるかのような表現で、これはとても気にかかりました。

これはひとえに日本語の謙譲語マインドをそのまま引きずって発言するからだと思いますが、そのまま訳されると自国の立場を相手より下に置く前提を生じさせる危険性があります。党は発言に際しその旨レクチャーするべきだと思います。

日本の立ち位置をアメリカより下げる事なく、逆にアメリカに日本は古来より民主主義を実践しているのであって占領中に教えられたのではない事、その証拠に国会議事堂は戦争前から建っている事、神道が日本人を好戦的にした元凶だというGHQの分析は間違っている事を教える青山さんのお話こそ、フェアトレードを標榜する相手に喜ばれるギブアンドテイクの対話ではないかと思った次第です。

これから寒くなります。どうぞご自愛下さい。されないのは重々承知ですが。
慰安婦合意を反故にされた今こそ、河野談話補足談話を発表すべき【松井秀幸】
2018-11-18 18:10:34
青山さん、いつもありがとうございます。

さて、韓国政府が慰安婦合意を実質的に破棄してきた今、私は河野談話の補足談話を発表すべきと考えます。{ }内が補足・修正点です。補足談話を発表すると表明しただけでも効果は抜群と思われます。

河野談話はWikiによると下記の通りです。(改行は見やすくするため私が勝手にしたもの。)

<引用開始>

河野洋平、慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話外務省

いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。

今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。

慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。

慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。

政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。

また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

<引用終わり>


<補足談話文案開始> 

(前略)長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。

慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。{管理とは性病蔓延を防ぐための衛生管理や~を指す。}

慰安婦の募集については、軍の要請を受けた{主として朝鮮民族の}業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧{、本人や親族が前借金を受けたことによる契約履行義務}による等、本人たちの意思に反して集められた事例が{○件以上}あり、更に、官憲等が直接これに加担したことも{○件以上}あったことが明らかになった。

また、慰安所における生活は、{負債を追っている心理の下にあり物理的な強制は犯罪を除き無かったものの心理的・契約的に}強制的な状況の下での痛ましいものであった。

なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、{日本内地が約5割朝鮮半島が約3割という}比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧{、本人や親族が前借金を受けたことによる契約履行義務}による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、{前借金を受けて契約を履行しなければならないという心理的・契約的な負担の下で、}多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。

{娘は家父長の命令に背くことができないという封建的な考えの下で、仮に娘が前借金を返済せず慰安婦を廃業したり自己破産をすれば親子の縁を切られる等の圧迫を受けることが十分に考えられた。

家族の為なら醜業を行うことすら是とされるような、家族による非道徳的な強制がまかり通っていたことは、政府の力の及ばざるところであった。}

政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。

また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

<補足談話文案終わり>
行きたかった【中正 進】
2018-11-18 17:42:58
以前兵庫県豊岡市会館で開かれた講演会以来、メタンハイドレートに関する知識や情報に接する又とない機会です。それも自分の住まいする石川県白山市からそんなに遠くないわ、参加は無料だと言うし、良い事尽くめでしたけど、予定有って行けません。
すいません。
外国人労働者拡大【セリカナ】
2018-11-18 17:36:32
外国人労働者拡大を受け入れて 移民が増えていけば 沖縄の龍柱の様に
日本各地の駅前に 慰安婦像が建てられる事になるかもしれない

渋谷ハチ公の横にも慰安像を建てられますよ。
性善説は・・・【小泉 弥】
2018-11-18 17:22:57
青山ぎ~んお疲れ様です!

今まで40年以上、覇権国家国家中国、捏造国家韓国、犯罪国家北朝鮮の顔色をうがい、性善説を持って対応するのはもう止めていただきたい。この三国と国交を回復してから日本国は誠意を尽くして来たはずです。利用されるだけ利用されていると、この三国を薦める国民や政治家は気づいていないのか?留学制度にしろ入管法の改正でも、親日国家の国民を優先的に入国して貰いたいものです。これは差別ではなく、区別です。台湾には是非ともTPP参加して貰いたいですし、親日国家との経済圏を作り上げてほしいです。
まいにち哲学を、ぼくらの哲学に染み入るように、さざれ石の巌となりて苔の蒸すまでむすまで・・・
法治国家と法律と世論【鈴木満】
2018-11-18 15:38:38
現在、11月18日15:03。今朝こちらを覗きに来ていれば新潟に15:00~は余裕で間に合ったのですがごめんなさい。ところでアメフト部の問題で前監督は不起訴。逆に前監督は解任を不服として起訴(相手は日大?)一方、「朝鮮人戦時労働者」の問題では、韓国側の司法に文政権の陰謀説(判事の入れ替え等)等、色々ありますけど「法治国家」は法律で治められている国でその基となる「法律」は人間が作ったルールです。人間が作ったものですので完璧なものでは無く、多分根本にある人間の「良心」とか「倫理観」も十人十色ですし、時間の経過と共に個人のそれも微妙に変化していくと思います。一方「法律」を改正等の手続きを踏まなければ大きな変更は不可能で(解釈の変更等で微調整は可能?)「法律」が時代の変化に取り残されるリスクはかなり大きいと思います。ただ、「法治国家」である事を守り続ける努力を継続するか、韓国のようにその時の「世論」を「法治」より優先させるか(少なくとも現在の韓国は表からのみ見るとそのように映ります)に関しては、前述の文政権の陰謀説のような「悪用されるリスク」を考慮しても「法治」の方が良いと思います。ただし、外国人労働者受け入れ問題のように、明らかに現法に種々の問題があり、それを原因とする弊害の事実がある以上、少なくともその「事実」に対する対策を施すのが最優先で、時間ありきで行きたいのであればその「最優先事項」の真面目な議論を限られた時間の中で行っていると言う努力を有権者に見せるべきだと思います。現状では立法府全体が組織ぐるみで有権者に対する背任行為を行っているようにしか見えません。
今、ツイッターで流しましたが15時03分でした・・。【きよちゃん】
2018-11-18 15:10:07
えー\(◎o◎)/!

時すでに遅し・・かな?

今、ツイッターで流しましたが15時03分でした・・。

新潟の方々はメタハイへの意識、期待も高かったです。
新潟に知事選の時に行きましたら、
一般の方々も御存知でした。

一人でも多くの方々が
目に留まるよう祈りますー。
行きたかった。【佐々木慎一】
2018-11-18 13:56:30
新潟市に住んでいます。事前に知っていれば行きたかったのですが、今ネットで情報が流れてきて開催を知りました。また是非いらしてください。
広島でも講演をお願いします【ますみん】
2018-11-18 13:53:15
広島市在住ですの40代主婦です。
ぜひ広島でもメタンハイドレートの学習教室や講習会、独立講演会の開催を希望致します。

広島に来て20年。子育てもだいぶ落ち着き、大変、大変遅蒔きながら日本に生まれた事への感謝、日本国民としてのプライド、日本愛が芽生え、色々な事を調べるうちに歪んだ世の中、報道、政治に対して、日々悶々と過ごすようになりました。(広島という県も一種独特であると感じております。)
もう少し早い段階で気付くべきだったなぁ。後悔先に立たず。我が子を含めこれからを担う子供達に早く気づいて欲しい!と強く願うようになりました。
風向きが変わりつつある入管管理法改正【中島幸次郎】
2018-11-18 13:03:20
実質的な移民法である入管管理法改正ですが、すこし風向きが変わりつつあるのを感じます。

青山さんを始め百田さん・有本さんなど保守の論客が入管管理法改正の問題点をいってくれたおかげで、保守の支持層の多くがこの法案を悪法だと気づくことができ、反対が広がっていきました。

野党やオールドメディアもこの法案を反対してる人々が本来は安倍さんの支持層であることが分かったようで、この法案をつついていけば安倍さんの不動のはずの支持層が動いて打倒安倍につながることが分かったようです。

なので、今、地上波でもこの法案の問題点をクローズアップするニュースが多くなり、保守層だけではなく、より多くの国民にこの入管管理法改正案の大きな問題点が広まりつつあると思います。

国民的な問題意識が高まる中、この法案を拙速に通したら…本当に安倍政権の命取りになってきてると思っています。

安倍さんの一番やりたい憲法改正は遠くにいくでしょう。

もう一度、考え直してほしい。今ならまだやり直せる。

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ