On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2018-11-30 22:37:11
Comments (3)

もう半日ぐらいしかないですが‥‥

▼そーです、明日は奈良へ行きます。
 居眠り母ちゃんというハンドル・ネームの方がコメントをくださっています。
 コメント欄に公開していますが、再掲しますと、以下の通りです。

~引用ここから~

2018-11-30 18:46:16に投稿
12月1日は奈良 !

国会中も地方を飛び回っての講演活動、お疲れ様です。
明日は私が育った町、奈良へ来て下さるのですね。市議会議員の同級生から聞き、神戸から馳せ参じます。
一人でも多くの人に青山さんの話を聞いて欲しいので、詳細を書き込むことをお許しください。

平成30年12月1日(土)
青山繁晴先生 講演会
テーマ「日本の出番、祖国は蘇る」
受付13時30分 開演14時
場所 なら100年会館 中ホール
〒630-8121
奈良市三条宮前町7番1号
問い合わせ
衆議院議員 小林しげき事務所
TEL 0742-35-6700 FAX0742-35-8633

~引用、ここまで~

 これは自由民主党の党本部からの要請による講演です。
 その背景にはまず、個別の議員からの要請があるわけです。
 小林さんは、ぼくと考え方はかなり違うのではないかと思いますが、とても謙虚に要請されてこられます。
 その静かな姿勢を ( まことに僭越な物言いになってしまいそうで恐縮至極ですが ) 拝見して、要請をお受けしました。
 もう明日の午後一番に講演があるわけですが、よろしければ、お出でください。
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

お詫び申し上げます。【ゆみ】
2018-12-03 01:11:29
青山さん、昨日の講演会「祖国は甦る」を「蘇る」と書いてしまいました。
タイトルも本文も2回も間違えてしまいました。
申し訳ありません。 お詫び申し上げます。
「日本の出番、祖国は蘇る」 講演会、ありがとうございました。【ゆみ】
2018-12-03 00:55:53
青山さん、こんばんは。
いつも国益のための議員活動ありがとうございます。
昨日の「日本の出番、祖国は蘇る」講演会に参加しました。

憲法改正、拉致問題、資源エネルギー、消費増税、入管法改正、安倍総理、
千春博士、たくさんのお話をして下さってあっという間に終了の時間に
なってしまいました。
もっと青山さんのお話を聴きたかったです。
アルゼンチンでの山本会長と同じ気持ちになりました。
もっと聴きたいのでこれからも講演会に参加します。

決して諦めてはいけない、下を向かないで希望を持ち続けることが大切なのだ
ということを1番強く感じました。 
帰りは明るくて前向きな気持ちになることができました。
いつも元気を与えて下さってありがとうございます。

奈良から帰って”On the Road”を聴きました。
今までは自分の好きな曲だけを聴いていましたが、
この番組は音楽がすごく奥の深いものだということを教えて下さいました。
だからこそ聴けば聴くほど好きになっていくのだと思います。
その事を私に教えて下さった青山さん、西本さん、林ディレクターに
感謝しながら毎週楽しく聴いています。

カバー曲をたくさんかけて下さるので1つの曲でもいろいろな表現があるのだと
いうこともわかってそれも毎週の楽しみです。 
昨日は「夜空ノムコウ」がそうですね。

とてもお忙しい青山さんに今までなかなか言えなかったことを今から言います。
“On the Road”がなくなってしまったらすごく寂しいです。
続けて頂きたいです。

そして大好きなMichaelの映画”This Is It”を3回も観た西宮ガーデンズで
青山さんにお会いできるのを楽しみにしています。
サイン会をして下さってありがとうございます。
電車のドアには挟まれませんでしたか?【大阪府交野市在住Y.A】
2018-12-01 18:43:30
青山さん

なら100年会館での講演会、お疲れ様でした。
時間ギリギリまでの講演で、ちょっとハラハラしました。

でも行って良かったです。
何故、安倍総理が拙速に入管法改正案を通すのか、何故、経団連に迎合するのか、青山さんの話をお聞きし納得しました。

皇紀2679年、今上陛下のご譲位の後は、騒がしくなりそうですね。

12月8日は西宮のサイン会にお伺いします。よろしくお願い致します。
福岡でもお会いできることを楽しみにしています。抽選、当たるかな?

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

いただくコメントは、なるべく広く寛容に公開するよう努力しています。
しかし以下の場合は、投稿を受け付けないか、公開しません。

▼理由の如何にかかわらず、コメントの中に外部リンクが含まれ、他のサイトに誘導する場合。

▼何らかの商業的目的があるとみられる場合。

▼あまりに長文に過ぎるコメントが繰り返される場合。

▼同一の方による投稿があまりにも重なりすぎる場合。

▼事実と異なることが明らかな部分が含まれている場合。

▼ブログ主催者とは別の個人、組織などに対する非難が含まれていて、それが事実かどうかをブログ主催者が確認できない場合。

▼誹謗中傷の類となる場合。(捜査機関に通知することがあります)

▼名誉毀損をはじめ何らかの犯罪性が濃い内容の場合。(捜査機関に通知します)

▼その他、公開することが極めて不適切な場合。

▼投稿者から「非公開」の希望がある場合。
(必ず、投稿のタイトルに明記してください。文中や文末では「非公開」の希望を見落とすことがあります)

  • ページのトップへ