On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-04-06 04:52:44
Comments (1)

きょう4月6日月曜の朝8時から・・・

・・・自由民主党の本部で「政調全体会議~経済対策について~」が開かれます。
 多くの議員は金曜午後に選挙区へ帰り、月曜の午後に国会へ戻ってきます。参議院の全国比例の議員でも、実際は地元ないしは重点選挙区を作っているので、動きは基本的には同じです。
 したがって、月曜の朝8時というのは異例です。これに出席するためには、日曜のうちに東京に戻っていなければなりませんからね。
(ちなみに、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、不肖ぼくは地元も後援会も作らず、後援会長も置かないので、月曜の朝も他の日の朝も同じです)

 この会議で何を発言すべきか、こころ静かにきのうの日曜、考えていました。
 土日も平日も関係なく、やるべき仕事と任務が、もはや登れないのではと危惧するほど高い山に積み上がっているために、ブログにアップはできませでした。
 一方で、これもまた凄まじい数に積み上がっていくコメントは、時間を費やして、中傷誹謗と工作活動を除き、すべて拝読しました。


 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

生きていてよかったのか?【丸山毅彦】
2020-04-06 18:14:45
初めまして。
私は、熊本県西原村にて災害公営住宅の山西団地で区長を任せられているものでございます。
いつもユーチューブを見させていただき、この国にも人がいると思いながら見させていただいております。
昨今のコロナウイルス。
活論から言えば今までは、安倍首相の頑張りと一度ご病気当から再起され、現在に至るまで、勇気と信頼をもって応援してきました。
外交にしても、世界に物言える歴代の首相では、今でも尊敬いたしております。
熊本震災で被災全壊し、すべての財産を無くし、絶望の中にありながら復興の為に自分のことはさておき、20人くらいの作業員を確保し、1年半くらい我武者羅に解体作業に奮闘してまいりました。
ある日突然解体の仕事がなくなり、その日の朝に元受けさんから聞いて途方にくれました。20人の明日からの生活、悩みや相談等で1日の睡眠が2時間もありませんでした。
結局神経がおかしくなり1年半くらいうつ病になり、生活保護を十九しながら精神病院に通わせて頂き、昨年5月に完治し、その間に休業していた便利屋を再開して死に物狂いで働きました。
裕福ではありませんが、社会復帰して何とか公共料金や家賃も払えるようになりアルバイトも何人か現金払いで仕事も増えた矢先に、2月下旬以降少しずつ仕事の依頼が激減し、本来なら3月は引っ越しシーズンで1年のうちで半年分くらいの収入が見込まれていましたが、いまだに依頼はございません。
公共料金も2か月以上滞納が積図いております。
毎日の緊急対策に踊らされながら、何とか一日2食は食べておりますが、それも漬物や梅干し、質素な食事と、持病の高血圧の薬さえ来院を心配する毎日。
現在、私は非課税世帯の1人暮らしで、昨年5月まで生活保護を受給しておりましたので、緊急対策費受給の1年前の減収の証明が出来ません。
しかし昨年6月から一生懸命に頑張って何とか生活できるまで頑張ってきましたが、明らかにこの2か月余り仕事の依頼がごくわずかで明日の光熱費さえ払えません。
20万円とか?30万円とか、期待だけ持たせて減収が証明できなければ死ねというのでしょうか?
もう少し緊急対策に選別無きように考えられないのか?
マスク2枚おかしい、無駄な税金、郵便代や手間賃など無駄な税金。
子育て支援とかきれいごとを言っていますが、私の知人は5人の子供を育て、それも皆が義務教育でございます。
マスク2枚、国民はあきれております。
どうぞ助けてくださいませ。
突然のコメントで申し訳ございません

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ