On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-10-17 20:30:16
Comments (0)

対面プラス・オンラインの深い意義をあらためて実感しました



 東大阪市の近畿大学から帰ってきました。
 経済学部の客員教授としての授業です。

 授業は、予定では午後1時から2時半までの1時間半。
 それを、学生か社会人かを問わずみんなのためにできるだけ延長して午後3時までの2時間。
 そのために朝に自宅を出て、帰ったらもうすっかり夜も夜。
 文字通りの一日仕事になりました。

 これが完全オンラインなら、東京に居るままの授業ですから、はるかに楽。・・・楽なだけではなく、とにかく足りない、まったく足りない時間を他に使える。

 だからこそ、近畿大学は当初、完全オンラインをオファーされたのでしょう。
 それを交渉して、「対面授業プラス・オンライン」、より具体的には「しっかり感染症対策を施した対面授業・プラス・広く社会人にも門を開いたオンライン授業」に変えてもらいました。



 結果は・・・ほんとうに、やって良かったです。
 ぼくの日程は今夜も非常に厳しくなりましたが、それでも、みんなと熱気を交換できて、そこにいちばんの意味があります。
 おたがいに眼を見て、一緒に考えることの大切さ、それを学生諸君が受け取ってくれた感覚が、確かにありました。
 そして、感染症対策のために限られた人数しか教室には入れないことを、オンラインで繋いで、本学の学生、本学の卒業生、そして広く国民のみなさんに伝えるべきを伝えられたことは、こゝろからうれしく思います。



 帰途、あの硫黄島からの帰りの空を思い起こすような夕陽を一瞬、みました。
 授業で、硫黄島と白梅の塔を話す時間が無かったことだけが、心残りです。

▼そしていま、今夜も「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の新しい放送がアップされていることに気づきました。
 第44回放送です。
 10月10日に巨大な規模でおこなわれた北朝鮮のミサイル・パレード、その裏を読み解きます。
 ここをどうぞ。

 すべての動画は、ここで無条件に視られます。
 唯一の楽しみ、チャンネル登録もそこからお願いしますね。画面右上の赤いボタンです。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ