On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2020-12-10 22:12:45
Comments (0)

ほんとうは空が恐ろしい時代に、ぼくらはたった今、生きています



 これが何かをすぐ分かる、やや少なめ ? のひとと、「なんだろう、この空を睨んでいるものは」と思われる、やや多めの ? ひとがいらっしゃるのかなと思います。



▼これは東京・市ヶ谷の防衛省の構内に、実戦配備されているPAC 3  ( パック・スリー ) です。
 防衛省の許可のもと、きょう12月10日木曜に撮影しました。

▼24時間、365日態勢で、空から弾道ミサイルが襲ってきたときに、それを撃ち落とそうと、備えています。
 不肖ぼくに向かって敬礼してくれている、わたしたちの自衛官は、まさしく凜々しい姿です。
 深い敬意と感謝を、あらためて感じます。

 ただ、このPAC 3 が弾道ミサイルを撃ち落とそうとするとき、それはターミナル段階、すなわち終末段階です。
 終末とは、どういう意味か。
 すなわち、たとえば北朝鮮や中国から日本に向けて弾道ミサイルが撃たれたとして ( あくまで仮定です ) 、海上自衛隊のイージス艦が、それを洋上で撃ち落とすことに失敗し、この写真で言えば、東京の空にミサイルが現れて、市街地に着弾しようとする直前の段階なのです。

 ここで撃ち落とせなければ、もはや、東京都民、日本国民が大量殺戮に晒(さら)されることを防ぐ手段は、ありません。

▼しかも、たとえば中国はすでに、弾道ミサイルという大量破壊兵器から、次の無差別殺戮の段階であるHGV、極超音速 ( ごくちょうおんそく ) 滑空体に進んでいます。
 弾道ミサイルよりもさらに遙かに猛速、最大では音速の20倍で飛びます ( 開発の初期段階では、音速の5倍ほど ) 。
 しかも、軌道を変化させるので、レーダーが捉まえられず、やっと見つけたときには、もう着弾の寸前です。

 弾道ミサイルは、綺麗な弾道を描くからこそ弾道ミサイルです。弾道を描いてくれるのなら、早い段階でレーダーは見つけられます。
 その弾道ミサイルだけでも、恐ろしい脅威ですが、HGVは桁違いです。
 上掲の写真のPAC3、そしてイージス艦もみな、HGVには無力です。
 そうです、もはや無力なのが裸の現実です。
 HGVに対しては今のところ、アメリカ軍ですら有効な迎撃手段を持っていません。まったく持っていません。

 何もできないのでは、ありません。
 迎え撃つのなら、それは無理だということです。
 まるで違う手段があります。
 それは、元を絶つことです。

▼ぼくはこのあと、防衛省から議員会館の自室に戻り、内閣、そして防衛省の地位の高い行政官たちと議論しました。
 なんの議論か。
 イージス・アショアの中止を受けて、日本の空の防衛をどうするかという議論です。

 先日、ぼくが代表を務める議員集団、護る会  ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI  )  の総会にゲストで来られた総理経験者が、思いがけず長時間、出席した護る会メンバーの議員たちに話してくださいました。
 護る会64議員のうち、40数人が参加していました。
 総理経験者は、隣に座っていたぼくを見ながら、こう仰いました。
「青山さんが私をピストルで撃ったとします。私は、青山さんを撃ちますよね。しかし、そうではなくて、青山さんの撃ったピストルの弾を撃とうとするのが・・・ ( イージス・アショアだったのです ) 」
 言葉の通りではありません。
 あくまで趣旨です。

▼これは見事なまでに、的確な指摘です。
 弾道ミサイルだろうが、HGVだろうが、撃ってくる元はあるわけです。
 基地か、TELと呼ばれる移動式ミサイル発射トレーラーか、いずれにしても空に湧いて出るわけじゃなく、必ず撃ってくる「元」があります。

 そこを叩く能力を日本が持ち、ミサイルを撃たれない、戦争にならない、そのための抑止力を持つ以外に、平和の道は無いのです。

▼きょうなぜ、防衛省に行ったか。
 それはあらためて、お話しします。
 今夜は、急ぎの仕事に戻らねばなりませぬ。明日の朝まで確実に、かかります。

 みなさん、写真の空をもう一度、見てください。
 この日本の空を、これ以上、恐ろしい空にしてはなりません。愛する者を護らねばなりません。







 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ