On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-07-19 05:59:42
Comments (0)

日本を壊す動きに抗する その2

★このエントリーは、できれば、その1から読んでください。

​▼皇位継承の安定について、菅義偉総理のもとで議論している有識者会議が、具体策を先送りにする懸念が強まっています。
 
 この世には、先送りした方がいいことも、確かにあります。
 焦らず慌てず、時機が熟するのを待つべきときは、あります。
 しかし前述の有識者会議には、「皇位継承の安定の具体策は、悠仁親王殿下が即位されてからでいいのでは」という考えも一部から漏れているという情報があります。
 仮に、まったくの仮定に過ぎませんが、今上陛下が、上皇陛下と同じようにご譲位を将来なさって、悠仁親王殿下が天皇陛下に即位されるとすると、おそらくは、およそ四半世紀あとです。
 前述の「次代の陛下が即位されてから」という動きには、「そのときに ( 旧 ) 宮家の男子の皇統譜への復帰も検討することにしておいて、ほんとうは明らかに時機を失することによって、その可能性を無くしてしまおう」という意図が隠されているのを感じとれます。

 このことは、「皇位継承者が絶える懸念が出るのは、実際には、悠仁親王殿下が即位されたときに、ご成婚されていて、男のお子さまがいらっしゃらない場合である」という事実を、いわば悪用して、宮家の正当な復活を無きものにする考えでもあります。

 ぼくらは「先送り」という悪弊とも戦わねばなりません。

▼主権者のみなさん、これを打破するには、主権者ご自身が、正しい皇位継承とは何か、たとえば女性天皇と女系天皇の違いは何か、愛子内親王殿下の即位を求める声の何が間違っているか、宮家とは何か、そもそも天皇陛下のご存在とは何か、これら学校ではまったく教わらないことを、知ることが絶対不可欠です。

 主権者が知るのか、知らないままか、それが日本の運命を間違いなく分けます。
 あえて言います、知るためには、これを読んでください。誰でも親しみやすいまんがと、まんが以上を知りたい国民のための丁寧な文章でつくっています。
 本の宣伝で申すのではありませぬ。
 この皇位継承まんが『誰があなたを護るのか』は、発刊してわずか1か月で、もう読むひとが絶えていきつつあります。
 それは、皇位継承の深刻な危機に関心のある国民がとても少ないことを、やはり物語っていると言わざるを得ません。
 原作者としては、ぼく自身の責任、原作の責任にすべて帰す方が楽です。
 関心のある国民が少ない方が、はるかに深刻ですから。

 関心と志を持ってくださっている国民は、ご自分が読まれる分だけではなく、周りに配る分まで購入されたり、ぼくは感激で涙する思いです。
 しかし、ぼくらは、圧倒的に少数派なのです。

 日本はこのままでは、天皇陛下のご存在を、ほんとうに喪います。
 それが、どれほどに取り返しのつかない危機か、どれほど根本的に日本が壊れるか、すみません、もう一度、一緒に考えてくださいませんか。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ