On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2021-12-07 05:31:23
Comments (0)

(どーでも良いことですが、書き加えました)  気は強いけど意志が弱い

 子どもの頃から、気は強いです。
 しかし意思は弱いです。夜の歯磨きが大仕事です。

 ぼくにとっては、夜に要人と、時には一国のトップと電話でやりあったりするよりも、歯磨きの方が大決心が要ります。
 ほんとです。
 結局は歯磨きをするのだから、さらっとやればいいのに、ずるずると先延ばしにしようとあがきます。
 朝は、ふつうに、丁寧に、歯磨きを苦もなくしています。夜は・・・やはり疲れが噴き出すなかで仕事を続けねばならないので、もう歯を磨く余力もないと感じるのです。つまり意志が弱い。

 ひとつには、歯磨きをするとき、片足づつのスクワットを課しているので、それが負担なのかも知れません。
 しかし、そういう日常のなかのトレーニングをやらないと、アルペンスキーヤーの脚力を保てません。まとまった運動をする時間は、ほとんどないから。

 そうならば、ごちゃごちゃ言わずに、さっさとやらないといけないですね。
 マラソンの高橋尚子さんが「歯磨きをするみたいにランニングをすれば良い」と仰っているのを聞いて、あぁ、意志が強い人というのは、こうなのだなと感心したのです。
 どうも、ぼくは「意志が弱い」と認めていることを、自分への言い訳にしている感もありますね。

 気の強さがもっと生きるように、意志もそれなりに強くするよう、あらためます。
 なんとなく、みなさん、ごめんなさい。
 みなさんとしては謝られても困るでしょうが。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ