On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-06-16 21:31:41
Comments (0)

日韓をめぐる、護る会の総理への提言について  もういくらかだけでも冷静に考えていただけないでしょうか

▼熱心に志を持って祖国のことを考えている方から、このエントリーこのエントリーに記した今日6月16日の岸田総理への「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) による提言、すなわち日韓関係めぐる提言について、こんなコメントが来ています。
 お名前を伏せた上で、そのコメントの一部を紹介します。
 コメントが長いので、前の方の部分だけにしますが、その部分はすべて原文のままです。

~以下、引用~

2022-06-16 21:03:27に投稿
今回の提言を、【チャンスだ醜聞外交部会出席】の【護る会会員議員】の何人が支持表明されていますか?
それが、問題です。
1)本来なら、【チャンスだ発言醜聞外交部会出席者】の【護る会会員議員】が、今回の提言に賛成表明さ
れた議員の実名、就中【参議院選挙候補者の実名】を【護る会】として発表される事が、支持者への義務です。

2)少なくとも【チャンスだ醜聞外交部会出席護る会会員】が【何人】で、今回の【提言に賛成表明】された【護る
会員議員】が何人居たか?の【数字】だけでも発表しないと【損なわれた護る会の信頼回復】にはなりません。

~引用、終わり。文中に【】が出てくるのもすべて、原文のまま~

▼恐縮ながら、まったく事実と反します。

▽まず、前からずっと申しあげているように、「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) は民主的な手続きをとても大切にしているので、今回の提言についても、執行部会と、持ち回り総会を経て、74人の全員の意見を聴いています。
 そして執行部、総会それぞれから頂いた意見をきちんとすべて、提言に反映して完成しています。
 したがって、提言は74人全員の総意、あなたさまの問いに答える言い方で申せば、全員賛成です。
 その実名を公表せよ、と仰いますが、名簿は前から公表しています。その全員です。そのなかに参院選の候補者が何人含まれるかともお尋ねになっていますが、だから全員です。
 発表するもしないもありませぬ。
 前からずっと、申しあげているとおりの手順、手続きです。

▽【チャンスだ醜聞外交部会出席護る会会員】 ( カッコで括ってあるのも原文のまま ) と仰っています。
 これは、この方独特の表現です。
 韓国に新大統領が誕生したことを「チャンスだ」と外交部会で発言した議員がいたという事実を、ぼくがみなさんに伝えたら、このように仰っている訳です。
 しかし、その発言した議員は護る会のメンバーではありません。護る会のメンバーなら、最初からそのように申しています。
 そして、外交部会での議員の発言はあくまでも自由です、自由意志です。
 そうでなければ、自由民主党じゃないし、日本ではありません。中国かロシアか北朝鮮ではないでしょうか。

▽【損なわれた護る会の信頼回復】 ( カッコで括ってあるのも原文のまま ) とお書きになっています。
 いいえ、護る会への信頼はまったく喪われていません。
 あなたさまがそのようにお考えになるのは、これもまた自由です。
 しかし世の中全体の既定事実かのように仰るのは、違うのではないでしょうか。
 そして、あなたさまのお考えが、誤解に基づいていることを危惧します。

 一生懸命、真面目に考えている方であるからこそ、あえて述べました。





 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ