On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-11-17 15:24:01
Comments (0)

WHOの闇に踏み込む・・・さまざまな部会の中でも例外的な部会が開かれました


(どなたか分かりますか? 尾身さんです。珍しくメガネを外されています)


(発言を求められて、いつものメガネを掛けて、話される尾身さん。
 隣は、WHOの西太平洋地域事務局長の葛西健さんです。なんと今、自宅待機、休職中です)



▼これは今日11月17日木曜の午後3時半から自由民主党本部で開かれている、党の外交部会と、同じく党の「国際保健戦略特別委員会」の合同会議です。

 会議のタイトルは「WHOにおけるマルチ外交と人事について」。
 これじゃ、何のことか分かりません。

 実は、葛西WHO西太平洋地域事務局長が突然、ハラスメントなどの内部告発を受けたとされ、WHOの調査が始まり、そして休職を命じられたという問題について、当事者の葛西さんを含めて説明を受ける部会(合同会議)です。
 尾身さんがなぜいらっしゃるか。
 尾身茂さんは、この葛西さんの2代前のWHO西太平洋地域事務局長であり、WHOの奥の奥まで知るひとだからです。

▼わたしはたった今、質問しました。
 どこの国の工作なのかということを。

 どこまで明らかにするかどうかは、あとで考えます。
 この部会は、よくぞ開いたと考えます。
 国際保健戦略特別委員会の武見敬三委員長と、堀井巌・外交部会長(護る会メンバー)の良識ある決断です。

 日本は、フェアな努力家である葛西さんへの不当な指弾とは、戦わねばなりません。
 背景には、WHOの次の事務局長選をめぐる暗闘があるというのが、みんなの共通の認識です。

 武漢熱をここまでの厄災にしてしまった責任は、一体どこにあるのか。
 それを踏まえつつ、日本を国際社会で正当な立場へ押し上げていくためにも、重大な、たいせつな局面です。



 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ