On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

2022-11-25 00:25:40
Comments (0)

日本には無いとされてきた自前資源、その実用化のための技術開発の進展が、具体的に語られました  初めてと言っていいほど充実したレベルでした



▼もう昨日となった11月24日木曜の夜10時近くに、秋田から、帰ってきました。
 ありのままに申せば・・・身をどこに置いたらいいのか分からないほど、疲れています。
 きょう金曜の朝も早いです。

 しかし、自宅に戻ってきただけで、回復してきました。



▼ちょうど10年前、ひとりの民間専門家として、各地の知事を、僭越ながら説得して歩き、日本の海が抱擁する自前資源を国民のものとするために「日本海連合」の創建にこぎ着けました。
 政府が何もしないのなら、自治体を動かすしかないと考えたからです。

 それが今、このようなところまで来ました。
 しかし、まったく、カケラも、安堵などしていません。妨害や、難題や、困難や、中傷や、依然として盛り沢山です。



▼すべての志あるひとの努力と誠実が、実りますように。

▼参加された花角新潟県知事、佐竹秋田県知事をはじめ「日本海連合」の12府県の関係者、メタンハイドレートの実用化へ取り組む先進的企業である三井海洋開発、日本メタンハイドレート調査会社をはじめ企業群の関係者に感謝します。

 そして深い関心を持って参加してくださった、主権者・国民のみなさんに、尽きない感謝の気持ちを、わたしの話の冒頭に述べました。

▼今夜は、疲労もあり、これ以上は話せません。
 明日も、明後日も、しあさっても、休みなく、戦場は続きます。

「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の最新分をアップしています。
 ポーランドにミサイルが誤って着弾し、かけがえのない命が奪われた問題です。ここです。
「日本にスパイ組織はありますか」の問いに数十秒で答えているのが、これです。
 主権者に、本当の情報を提供するのもまた、戦場です。

 もしも、よろしければ、こうした日々のなかで新しく紡 ( つむ ) ぎ出した物語も読んでください。「夜想交叉路」です。



 
  • 前の記事へ
  • 記事の一覧へ
  • 次の記事へ
  • ページのトップへ

 

コメントは原則非公開です。それをご理解のうえ、投稿してください

名前
タイトル
メールアドレス
コメント
認証入力
画像認証 CAPTCHA Image 画像変更

※入力欄はすべて必須です。
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
※文字化け等の原因になりますので、顔文字の利用はお控えください。

もう一度、コメントがすべて「原則非公開」であることを確認され、投稿ボタンを押してください。

  • ページのトップへ